2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 北朝鮮戦は辛勝だったようで。 | トップページ | 中年音楽狂 in 山形 »

2011年9月 5日 (月)

出張中に見た映画

Photo 「プリンセス・トヨトミ」('11,東宝)

監督:鈴木雅之

出演:堤真一,綾瀬はるか,岡田将生,中井貴一,沢木ルカ,森永悠希

今回の中国出張ではフライト時間も短く,かつ体もきつかったので,往復で一本しか映画を見られなかった。上映時間も限界があるため,多分大丈夫だろうということで選んだのがこの映画。

はっきり言って荒唐無稽な映画である。私も関西人のはしくれであるが,別に豊臣秀吉には強い思い入れはない。しかし,多くの大阪人が,秀吉を太閤さん,太閤さんと呼ぶのは何度も耳にしてきた。だからこそこの映画の原作も生まれたのだろうとは思うが,それにしてもである。

大阪のさまざまな場所が出てくるのは何とも懐かしくていいのだが,脚本の不備や,解けない謎等,よくわからない点が多いのも事実である。そもそも大阪が大阪人だけで構成されているわけではないことはちょっと考えればわかることで,その辺は極端。まぁ綾瀬はるかのコメディエンヌぶりは楽しめるが,それだけではやはりきついというのが実態であろう。中井貴一の関西弁もいけてまへんなぁ。

ということで,時間潰しにはなるが,劇場で見る映画ではないな,というのが実感。星★★。そもそも監督の鈴木雅之はTV出身なので,アメリカ映画で言えば,Ted Postみたいな感じで,どうやっても傑作を生めるような監督ではあるまい。でも関西人は風景を見ているだけで楽しめるということは認めておこう。

« 北朝鮮戦は辛勝だったようで。 | トップページ | 中年音楽狂 in 山形 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
わたし これレンタル出たら借りようと思っている候補のひとつです。
予告を観たら おもしろそうだったので。

綾瀬はるかさんの 天然さも出ていていいですよね。

でも 音狂さん あまり おもしろくなかったですか?

もう 新作で出ているかなぁ。
探してみよっと♪

マーリンさん、この映画、全面的に否定するつもりはないですが、造りがいい加減なのが気に入りません。

エンタテインメントとして楽しみながら見るのがいいのかもしれませんが、やっぱりしょぼいでしょって言いたくなりますね。好きか嫌いかと言えば決して好きとは申し上げられないですね。

ところでリンクのご許可ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画:

« 北朝鮮戦は辛勝だったようで。 | トップページ | 中年音楽狂 in 山形 »

Amazon検索

2018年おすすめ作