2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« John McLaughlinのWarner時代を振り返る(その1) | トップページ | 日韓戦完勝に思う。 »

2011年8月10日 (水)

Crusadersかくあるべしのような"Scratch"

Scratch "Scratch" The Crusaders (Blue Thumb)

私がこのブログで取り上げてきたCrusadersのアルバムにはケチばかりをつけてきたような気がする(記事はこちらこちら)が,私は彼らが嫌いなわけではない。特にJoe Sampleは相当好きだと言ってもいいのだが,アルバム単位で見る(聴く)と,それらのアルバムは駄目だと思ったのである。

では私が彼らのアルバムで何がいいのかと聞かれても,全部聞いているわけではないので,ちょいと微妙なところはあるのだが,このアルバムは自信を持って薦められると思っている。ライブならではダイナミズムと,テキサス出身らしい泥臭さも含んだファンク・フレイヴァーを感じることができるという点で,これはCrusadersの「らしさ」に溢れたアルバムということができると思う。では何がいいか。Beatlesの"Eleanor Rigby"やCarol Kingの"So Far Away"のような超ポップ・チューンを演奏しても,彼らの色に染まっていること自体がいいのである。特に後者において聞かれるWayne HendersonとWilton Felderのロング・トーン(循環呼吸なのかなぁ)を聞いたら,誰だって盛り上がるだろうと言いたくなる。こういうノリが,後の洗練され過ぎたCrusadersには感じられなくなったのだと私は思う。

それにしてもである。このアルバムのいいところは演奏もそうなのだが,多くの人が認めるように,"Way Back Home"の前に収められたWaynen HendersonのMCが何とも素晴らしい。これぞ黒人的なノリである。MCからしてファンクっていうのが何とも言えない。これは本当に雰囲気たっぷりのMCであって,ちょいとやそいとでこの感覚は喋りでは産み出せないだろうと言いたくなる。

音楽として,後世に残るとか,超名盤とかいうアルバムではないかもしれない。しかし,このCrusadersというバンドの歴史の中で,このアルバムが一番好きだってリスナーは結構多いのではないだろうか。まぁLarry Carltonの出番が多ければもっとよかったって話もあるが,それでもこういう世界って今となっては結構懐かしく,かつ最近では聞けない世界ということで貴重だと思う。星★★★★。やっぱり私も好きだよなぁ。

Recorde Live at Roxy, LA in 1974

Personnel: Wilton Felder(ts, b), Wayne Henderson(tb), Joe Sample(key), Stix Hooper(ds), Larry Carlton(g), Max Bennett(b)

« John McLaughlinのWarner時代を振り返る(その1) | トップページ | 日韓戦完勝に思う。 »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

EVAです、おはようございます。
コメントは久し振りです。お陰でコメント↑情報がなくなっていました。(爆)
私は入手経緯は忘れましたが、以前ヤフオクでこのアルバム(LP)入手しました。
この記事を見て久し振りに聴いてみようかと思います。
入手当時は多分良い評価をしていたと記憶しています。

EVAさん,おはようございます。

このアルバムは今の時代だからこそ,更に良さを感じさせるのかもしれません。まさにアナログなよさだと思いました。デジタル全盛の時代だからこそ,こういう音が聞きたくなることもありますよね。

年上の従兄弟達の影響で、Street Life、Those southern knightsのアルバムは、夢中で聴いた時があり、私の中にあるCrusadersのイメージです。
 今年、ジョーサンプルのコンサートを見た時は、ブルースや、カントリーもあり、ジョーはアコーディオンを弾いたり、レイパーカーJrが熱いバラードを歌っていたので、ずいぶんイメージが変わったわ、、、昨年コットンクラブで、息子さんのニックを、星一徹のような目で見ながら演奏しているジョーとも、また、違う、と思いましたが、様々な変遷があるのですね。
 歴史を知ることは好きですし、ジョーは、大好きなピアニストの一人です。
ところで、3日のNHKのSongs、杏里だったのですが、その中のオリビアを聴きながらを観られてないですか?私は、見逃して、すごく、すごくショック、、、後で、友人から知り、ガックリ。
いつもの、ちゃんちゃん、、の落ちかも? しかし、すごく、ショック、、。

ひまわりさん,おはようございます。最近のJoe Sampleよりも私はもう少し前の彼の音楽の方が好みですが,今でもタッチは綺麗なんでしょうね。

"Songs"の件ですが,私は見ておりません。いろいろな方のツイートを見ていると,JLがバックで弾いていたというのが「オリビア」でしょうかね。Twitter眺めながら,へぇ~と思っておりました。

私もレコード持っております!EVAさんのブログで知りまして、聞いたらとても良かったです!また聞こうと思いますhappy01

takeotさん、こんにちは。コメントの順番が前後してしまい申し訳ありません。このアルバムはCDよりLPの方が似合うって感じですよね。私は今、実家にいますが、LPがかなり置いてありますので、懐かし盤を聞いてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/52418549

この記事へのトラックバック一覧です: Crusadersかくあるべしのような"Scratch":

« John McLaughlinのWarner時代を振り返る(その1) | トップページ | 日韓戦完勝に思う。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作