2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 完全ノーマークだったが,何とも素晴らしいPretendersのライブ盤 | トップページ | ジャンルを越境するMe'Shell Ndegéocello »

2011年7月 7日 (木)

Roxy Musicの"Avalon"こそ傑作の名に相応しい

Avalon "Avalon" Roxy Music(EG)

私はこのブログでBryan Ferryのアルバムを何枚か取り上げているが,Roxy Musicについては記事を書いたことがなかった。それは何を今更って気がしたのも事実であるが,昔,武道館にライブを見に行ったりしていた割には,ブログ上では結構冷たくあしらってきたかもしれない。

しかしである。この"Avalon"というアルバムは,Roxy Musicというバンドが生んだ後世に残る傑作として,ちゃんと取り上げておかなければならないと感じさせる作品である。サウンド・プロダクションとしてはFerryのソロ作"Boys & Girls"とも非常に近いものがあるが,作品としての品格ははるかに"Avalon"の方が上であろう。とは言え,私は"Boys & Girls"も相当に好きなので,品格云々を考えなければ同格に扱ってもいいのだが,それでもやっぱり"Avalon"である。

ロックの世界にありながら,この落ち着きはらったサウンドは一体何なのかと,このアルバムが出た頃には漠然と思っていたのだが,それから約30年,私も年齢を重ねたわけだが,このアルバムの魅力は衰えるどころか,年々増していると言ってもよいのは凄いことである。つまり,年を取れば取るほど,このアルバムはよくなっていく,あるいはよく聞こえてくるのだ。これこそまさしくエバーグリーンなのだと言ってよいだろう。

曲,歌唱,演奏,サウンドの4つの要素がこれほど完璧に組み合わされたアルバムは滅多にないと思うが,Roxyが本作を最後に活動を停止したのは,"Hotel California"後に失速したEaglesと同じ理由ではなかったか。つまり行くところまで行ってしまったのである。だが,行くところまで行ってしまったものは,野暮な言い方だと自覚しながら書けば,「バンド活動の停止」と引き換えに,永遠の命を吹き込まれたのだと考えてしまう。

だからこそ,Roxy Musicは本作に収められた曲をライブで演奏する機会が少ないのではないかとも思えるのだ。本作がリリースされた直後はさておき,ライブでやるのはタイトル・トラックぐらいで,ほかはあまり演奏していないのではないか。つまりここまで来ると,サウンド・プロダクションも込みということになれば,再現不能だと彼らも認識していると考えるのは私の思い込みかもしれないが,そう思えてしまうのである。

いずれにしても,この作品は大人向けのロックとして永遠不滅の魅力を今なお放つ傑作だと声を大にして言っておきたい。おかしな言い方をすれば,私は自分の人生を終えるまで,このアルバムを聞き続ける自信がある。ということで,当然のことながら星★★★★★。

Personnel: Bryan Ferry(vo, key, g-synth), Phil Manzanera(g), Andy McKay(sax), Neil Hubbard(g), Neil Jason(b), Alan Spenner(b), Andy Newmark(ds), Rick Marotta(ds), Jimmy Maelen(perc), Fonzi Thornton(vo), Paul Carrack(p), Kermit Moore(cello)

« 完全ノーマークだったが,何とも素晴らしいPretendersのライブ盤 | トップページ | ジャンルを越境するMe'Shell Ndegéocello »

ロック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
これは ゴメンナサイ。
わかりません(>_<)

何年頃の作品でしょうか。
Youtubeにあるかな…
音 聴いたら思い出すかな…

蛇尾です。
このアルバムはLP時代からの愛聴盤です。CDが出始めのころドイツ盤CDを、高い金額で購入したのを思い出します。

ところで、この盤、SACDでもリリースされていて、5.1で聴くとこれがまたいいんですわ。
彼らの最高傑作であることは間違いなしですね。

話し変って、先日の記事「一肌」シリーズですが、"The Bud Powell Trio" Bud Powellはまだ購入していませんが、早く聴きたいものです。少しの間「一肌」がUPされず、少々寂しかったです。
今や、ボクにとってこのシリーズは「JAZZへの道の道標」です。
色んなジャンルのJAZZが手軽に楽しめるんですから。
お仕事、大変そうですが、「一肌」シリーズも時々UPしてください。

マーリンさん,こんばんは。1982年の作品です。

きっとお気に召すと思いますので,YouTube等で探してみて下さい。尚,1曲目は"More Than This"という曲です。痺れますよ。

蛇尾さん,こんばんは。SACDまでお持ちとは凄いですねぇ。でもその価値はあるかも。

「一肌脱ぐ」シリーズは,結構サボってしまいました。月1回ぐらいのペースで書きたいのですが,ちょっと仕事が忙しかったということにしておいて下さい。次回は8月に必ず。

今晩は!このアルバムはかなり前から気になっておりましたが、今回の記事を読んでオーダーしました!
中古のレコードを入手して聞く予定です

takeotさん,こんにちは。このアルバムであれば,失敗はないと思います。是非お楽しみに。

こんにちは!
アバロンが届き、先ほどから聞いておりますが、なかなか良いですね!レコードに針を下ろして、1曲目のTHE MAIN THINGが始まると、この曲が入っていたんだ!ということで私でも知っている曲からスタートして気持ちよく聞いて、今2回目を聞きながら書き込みしております
しばらく毎日聞きそうです

takeotさん,こんばんは。"The Main Thing"から始まるってことはB面からお聞きになったってことですね。でもこのアルバムの冒頭は"More Than This"であるべきだと思いますよ(笑)。

私も頑固なんでごめんなさい。

おはようございます
えーーー!B面から聞いてましたか?
すみません!今レコードを確認したら、MORE THAN THIS でした!
数日暑くてボケボケです

takeotさん,こんにちは。返信が遅くなりました。

世の中,あ~,勘違いってありますよねぇ。でもお聞きになっていたのは"More Than This"なんですよね。もちろんB面から聞いてもいいんですが,このアルバムはやはり...ってところでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Roxy Musicの"Avalon"こそ傑作の名に相応しい:

« 完全ノーマークだったが,何とも素晴らしいPretendersのライブ盤 | トップページ | ジャンルを越境するMe'Shell Ndegéocello »

Amazon検索

2018年おすすめ作