2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Who is Rudresh Mahanthappa??? | トップページ | ギャンブル成功:ジャケ買いだったが,これは大当たりだったCelso Sim & Arthur Nestrovski »

2011年7月18日 (月)

おめでとう,なでしこジャパン!

2 これこそ快挙である。予選リーグでイングランドに敗れ,クォーター・ファイナルでのドイツとの対戦が決まった時,ベスト8どまりかと思わされたが,見事に最強ドイツを撃破,ファイナルまで勝ち上がり,そして今回の勝利である。

決勝戦は,米国のスピード感溢れる攻撃と早いプレスに手も足も出ないという感じの前半,更にはカウンター一発でゴールを決められた1点目(それにしても見事なAlex Morganのゴール。敵ながらあっぱれ。),延長前半で決められ,決定的とも思えた2点目という逆境をはねのけ,同点に追いついた末のPK戦勝利はあまりにも劇的であり,私は心から感動し,そして涙した。素晴らしいチームである。

決勝戦の戦いぶりも決してほめられたものではないかもしれない。しかし,勝てば官軍である。パスの精度の低さも,クリアの小ささも,シュートのタイミングの悪さも全て今回は許す。宮間の1点目はよくゴール前に詰めていたし,澤の2点目には誰しもが驚かされたはずである。そして,スポーツの世界での日本人は逆境やプレッシャーに弱いというのが通常だが,なでしこジャパンはチームとしてそうした概念を覆したという点で評価されるべきだと思う。

震災の爪痕がまだ残る日本において,今回の快挙は多くの日本人に勇気と感動を与え,くじけない心を強く印象付けた。こうした力を見せられる日本はまだまだ捨てたものではないと思わされると同時に,心底感動させられてしまった私である。

おめでとう,そして,ありがとう。これほど泣いたのは久しぶりだ。

そして敗れたとは言え,米国チームの実力の凄まじさはまさに驚異的であった。また,敗戦後のAbby Wambachの対応ぶりはまさにスポーツマンシップに満ちたものであり,彼女の人格的な素晴らしさにも多くの人が感動したことだろう。本当の実力世界一はきっと彼女たちだというプライドを持つに値する見事なチームであったと思う。

« Who is Rudresh Mahanthappa??? | トップページ | ギャンブル成功:ジャケ買いだったが,これは大当たりだったCelso Sim & Arthur Nestrovski »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やりましたね!前半の30分から見出しました!
とにかく良く追いつきましたよね!
PKは1回1回拍手して見ておりました!
やったぞ!日本!
これから仕事に行ってきます

ジーコを思い出すシュートが決まった瞬間、入った、、、信じられない、こんな大舞台で、、、、すごい、すごい、と興奮していました。
 おっしゃる通りです、Wambachのコメントが、さらに感動で、人としての大きさを感じました。
両チームの素晴らしい大きなエネルギーが、心をジーンとさせています。


takeotさん,こんにちは。本当によくやりました。日本サッカー界にとって,忘れられない日になったと思います。

現地時間ではまだ私の50回目の誕生日でしたから,私は一生この日を忘れないでしょうねぇ。

ひまわりさん,こんばんは。あの澤のシュートはまさに神がかりでした。あまりの素晴らしさに息を呑んだというのが正直なところです。

そしてAbby Wambach。素晴らしい選手です。ほかの米国の選手はかなり落ち込んでいましたが,Wambachの態度は本当に立派でした。

いずれにしても,今日もこれからニュース映像を見て,また涙するのは確実です。

せっかくTwitterでフォローしていただいたのに、三日坊主より少ないですが、辞めることにしました。何を書こうかな?と考えると、とてもプレッシャーで、友人達とのメール交換とは、かなり異なります。そう考えると、音楽狂さまは、毎日、記事を更新され、本当に尊敬します。
これからも、こちらで、変わらずよろしくお願いします。
 

ひまわりさん,こんばんは。返信が遅くなりました。

Twitterって140文字の制限があるがゆえの気楽さってあって,何を書こうと考えなくても思いつきでツイートしている人が多いと思います。まぁでも,それが合う,合わないってのは個人差があるわけで,私もほとんどつぶやいてませんからねぇ。実はほとんどの場合,ブログと連携しているだけの話なんですよね。

ということで,おやめになるからと言って,全然問題ないですよ。

Toshiyaさん、こんにちは。

いやぁ~。本当にスゴイ内容の試合でした。日本チームが出る全ての試合を見ましたが、決勝戦は特に、どんでん返しでしたね。

大体サッカーなんて、普段全く見ませんが、主人と二人で興奮しまくり状態でした。「こんなのありかっ!」と言いながら、テレビ画面に食い入っていました。

こちらの雰囲気としては、男子サッカーほどの応援振りは、なかったものの、ドイツチームが勝ち進むまでは、応援ムードがありました。ドイツが負けてからは、隣近所もひっそり状態になってしまいましたが。。。

試合が日曜夜でしたので、翌日、主人の会社でも、日本チームの優勝を祝福してくれた同僚も少なくなったようですし、私も、生徒さんの親御さんから、やはり、おめでとう!と言われて、ダブルに嬉しかったです。ドイツが負けていても、サッカーの好きな人は、決勝戦も見ていたのを確認した瞬間でした。

決勝戦のサッカースタジアム観衆の多くは、完全に日本チームを応援していたようです。気のせいではないと思います。アメリカに前半リードされっぱなしの日本チームを見てて、これは勝てない、と思っていたので、本当に凄かったです!

日本では、全ての試合を時差があったりで、テレビ観戦するのが大変だったと思いますが、御覧になられた方達も少なくなかったのではないでしょうか。

女子サッカーを観たのは、今回が初めてでしたが、感動と喜びを大いに与えてくれました。オリンピックも是非、頑張ってほしいです。

Laieさん,こんにちは。ドイツの敗戦はドイツ国民にとっては想定外だったでしょうが,決勝戦も含めてサッカーはこれだからわからないっていう事例ですね。

今回の優勝はある意味出来過ぎという気もしますが,でもなでしこもFIFAランキング4位ですからね。優勝候補の一角ではあったということは忘れてはなりませんが,それにしても嬉しい勝利でした。

今回は決勝戦は祝日の朝だったから助かりましたが,普通だったらどよ~んとした一日を過ごしていたはずです(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう,なでしこジャパン!:

« Who is Rudresh Mahanthappa??? | トップページ | ギャンブル成功:ジャケ買いだったが,これは大当たりだったCelso Sim & Arthur Nestrovski »

Amazon検索

2018年おすすめ作