2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「真夏の方程式」:「麒麟の翼」よりはよかった | トップページ | 開店休業 »

2011年6月15日 (水)

Prysm "On Tour"を聞いて思ったこと

Prysm_on_tour "On Tour" Prysm(Blue Note)

先般リリースされたPrysmの新作"Five"は興奮度満点と言ってよい強烈なライブであった。それがあまりにもよかったものだから,ブロガーの皆さん大絶賛の"On Tour"も聞きたくなるのが人情というものである。これまでも中古盤をせっせと捜していたのだが,コンディションのいいものになかなかお目に掛かれないこともあり,こうなれば海外に活路を見出すしかあるまいということで,フランスのサイトで比較的簡単にゲットできた。値段は送料もあって,今の輸入盤市場からすればちょっと割高感もあったのだが,こういうのは善は急げである。

そして聞いてみたのだが,本作はアコースティックなピアノ・トリオというフォーマットもあって,新作とは随分と違う印象を受けたということは言っておく必要があるだろう。だが,リスナーを興奮させる術はこの段階でも十分に感じられるものだっとことは間違いない。

それでもって,私がこの作品を聞いてどう思ったかと言えば,これは変拍子も使っているが,サウンド的には「新主流派」に近いのではないかというものであった。フレージングやスピード感と言ったものが私に新主流派の音を思い起こさせたのだと思うが,これは決して回顧的なサウンドだと言っているのではない。あくまでも感覚の問題なのである。それでもって,これが好きか嫌いかと言えば,好きに決まっているわけだが,やはりこうしたバンドがフランスから出てきたこと自体,私には奇跡的のように思えてしまうのである。いまどき,こうしたサウンドを聞かせる人たちは,本国アメリカにもそうはいるまい。だからこそ,ニューオーリンズで演奏しても受けるわけだし,昔から米国ジャズに強いシンパシーを感じているはずのフランス人に受けるのももっともである。

更に,こうしたある意味テクニックだけではなく,スリルさえ感じさせるこうしたバンドに多くの日本人ブロガーが魅かれるのもむべなるかなという感じである。例えは変だが,最新作"Five"がJeff Beckならば"Wired"に近い感覚をもたらすのに対し,こちらは"Blow by Blow"という感じと言えるかもしれない。つまり,どちらも好きだが,その時々でどちらがいいかは変わるタイプの作品だと言えるのだ。

いずれにしても,入手までは時間が掛かってしまったが,やはり皆さんが痺れて当たり前と言ってよい作品であった。こういうのをバーゲン品で買わなかった自分を悔いて星★★★★★としよう。しかし,こんな演奏をあの狭いSunset(正確に言うと私が行ったのは階上のSunsideだが,おそらくキャパは変わらんだろう。いや,むしろ狭いだろうなぁ)で聞いたら悶絶確実だっただろう。

Personnel: Pierre de Bethmann(p), Christophe Wallemme(b), Benjamin Henocq(ds)

Recorded Live at the Snug Harbour in New Orleans on June 17, 1999, at the Sunset in Paris on October 1, 1999 and at the New Morning in Paris on April 13, 2000

« 「真夏の方程式」:「麒麟の翼」よりはよかった | トップページ | 開店休業 »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最近のPrismってこれだったんですね。自分当時ジャケ買いして、少し聴いただけで放置していました。なんというか、うま過ぎ、凝り過ぎという印象で。今改めて取り込み中です。当時よりこの手のものは好きになっていると思うので。

ki-maさん、Prysmの新作はこれに輪をかけて激しいと思いますが、これはこれで素晴らしい作品だと思いました。是非改めてお聞きになってみて下さい。

いつも楽しくブログを拝見しております。私も最新作を聴いてPrysmの魅力に感銘を受け、過去の作品を遡っているのですが、Blogなどで評判の高い本作が手に入らなくて困っています。もし差し支えなければ、このCDを手に入れたフランスのサイトを教えて頂けないでしょうか?

お名前を頂いていませんが,コメントありがとうございます。

私が購入したのはフランスAmazonですが,6/26 13時現在では,在庫ありになっています。送料込みで30ユーロぐらいだったと思います。同サイトはフランス語しか表示されないので,発注にはちょっと苦労しますが,Googleの翻訳などをお使いになって,頑張って発注して下さい。

取り急ぎご連絡まで。

ご連絡ありがとうございました。やはりAmazonでしたか。私も在庫を見つけてGoogle翻訳の助けを借りつつトライしてみたんですが、「そのアドレスには配達できません。」で挫折してしまいました。日本宛だとNGなのか、アドレス書き方が悪かったのか・・・。

1irvingplaceさん,こんばんは。マーケットプレースの方をお試しになると大丈夫ではないかと思いますが...。ご成功をお祈り致します。

アドバイスありがとうございました。その後、マーケットプレイスに出品がでないかと日米英仏のAmazon等々ウォッチすること2ヶ月、ようやくヤフオクで入手出来ました。記事をトラックバックさせて頂きます。

1irvingplaceさん,こんにちは。TBありがとうございます。ご入手できてよかったですね。ほんとにこのアルバム,なかなか中古とかで出ないんですよね。まぁ,でもこれはやっぱりはまりますよね。

追ってこちらからもTBさせて頂きます。

TBありがとごうざいます。これまで色々参考にさせて頂いていた中年音楽狂さんのblogにリンクを張って頂くとのこと、光栄です。差し支えなければ私からも相互リンクを設定させて頂きます。

1irvingplaceさん,光栄なんて滅相もないです。リンクよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51946549

この記事へのトラックバック一覧です: Prysm "On Tour"を聞いて思ったこと:

» On Tour / Prysm [あ/た/ま]
On Tourクリエーター情報なしBlue Note  彼らの最新作、Five を聴いてとても気に入ったので、Blog等で絶賛のコメントを目にした本作を聴きたいとずっと思っていたが入手困難に阻まれ、日米英仏のAmazonとヤフオクを監視すること3ヶ月、ようやく入手すること...... [続きを読む]

« 「真夏の方程式」:「麒麟の翼」よりはよかった | トップページ | 開店休業 »

Amazon検索

2017年おすすめ作