最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Prysm:これを聞いて燃えない奴はもぐりだ! | トップページ | Danny Grissett:穏やかで繊細なピアノ・トリオ »

2011年6月 7日 (火)

清々しいJ.D. Southerセルフ・カバー作

Jdsouthernaturalhistory "Natural History" J.D. Souther (Entertainment One)

J.D. Southerが2008年に25年振りとなる新作を発表した時には相当こき下ろした私だが(記事はこちら),それなら彼が新譜を出そうが,何しようがもう見限っておけばいいではないかという話もある。しかし,今回の新作,彼が携わった曲のセルフ・カバー作と聞いては,やはり気になって買ってしまった私である。

そして,このアルバムでは,Eaglesレパートリーを含めた曲をアンプラグドのようなかたちで演奏されるのだが,あのJDの声はいまだに健在,非常に清々しいい印象を残しているのである。これははっきり言って曲の勝利である。いい曲が揃っているもんなぁ。

そうした印象は全編を通して変わることがない。これなら昔のファンが聞いても全然問題なしって感じで,前作で一度は失いかけた信頼を,このアルバムでJDは取り戻したと言っては言い過ぎか。まぁでもこれって「昔の名前で出ています」的な企画だと言ってしまえばそれまでなのだが,それでもいいものはいいのである。刺激はないが,ここには多くの人が期待するJDの姿があって,私はこのアルバムは結構好きである。星★★★★。

Personnel: John David Souther(vo, g), John Hobbs(p), Chris Walters(p, org), Bryan Sutton(g), John Jorgensen(g), Jerry Douglas(dobro), Viktor Krauss(b), Jim White(ds, perc), Rod McGaha(tp), Jeff Coffin(as, ts, ss), Charlie McCoy(vib)

« Prysm:これを聞いて燃えない奴はもぐりだ! | トップページ | Danny Grissett:穏やかで繊細なピアノ・トリオ »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

小さな声で、、
これを、閣下がブログにあげたとき、、まだ、ダーリンが熱心にネット検索してたんですよ。

と、☆四つですか。。
確かに、まぁ、たいしたことやってる訳ではない気もしますが、、、
この感じは、私たちにとっては、、たまらないです。
わたしは、、メロメロ。
だって、この選曲は、わたし(たち)の青春物語ですから。(笑)

すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございます。

私はセルフ・タイトル作や,"Black Rose"の方がいいと思うので星★★★★にしましたが,心情的にはもう半星付けてもよかったかなぁなんて思っています。

確かにこの選曲,この歌唱ですからメロメロになるのは当然ですね。私も納得の一作ですので為念。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51856409

この記事へのトラックバック一覧です: 清々しいJ.D. Southerセルフ・カバー作:

» 七夕は、、過ぎちゃったけど。。 [My Secret Room]
日曜日の夜、、 いかがお過ごしですか?家族団らん? 先週の木曜日は、星合。。一年 [続きを読む]

« Prysm:これを聞いて燃えない奴はもぐりだ! | トップページ | Danny Grissett:穏やかで繊細なピアノ・トリオ »

Amazon検索

2017年おすすめ作