2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« やはり今日も記事を書けなかった。 | トップページ | ファンも驚愕のECMとテクノのコラボ。 »

2011年5月29日 (日)

グルーミーな日に聞くと気持ちが洗われるようなSingers Unlimited

A_capella "A Capella" The Singers Unlimited (MPS)

異常に早い梅雨入りを迎えた日本である。最近では仕事でもストレスがたまっている私だが,そこにこのじめじめした季節がやってくると考えただけで憂鬱になってしまう。そんな日にこのアルバムを聞いていたら,少しは気が晴れるって気がしてくるから不思議なものだ。

人間の肉声のみで構成されたこのアルバムは昔から有名であるが,私にはついぞ縁のないままであった。昔ジャズ喫茶に通っていた時ですら,このアルバムがかかったことはなかったはずである。だが,「縁は異なもの」ってわけではないが,某サイトで現在在庫処分なのか激安(何てったって559円である)で販売されているので,苦節(?)うん年,ようやくの入手となった。

そして,このアルバムを初めて聞いてみて,はぁ~,マントラはこの人たちの影響大だったのねぇなんて感じながら,心地よい感覚に浸っていた私である。BeatlesやJoni Mitchellの曲を含み,更にジャズ的な感覚が希薄と言えるこのアルバムを,ジャズ・ヴォーカルと言ってよいのかは私としては疑問がないわけではないが,そんなカテゴリーなんて正直どうでもいい話だと思ってしまうのである。それほど,ここで聞かれる音楽は純度が高く,そして美しい。ヴォーカリスト4名の声が,更に多重化されて生み出される響きは,本当に世の憂さを忘れさせてくれると言っては褒め過ぎか。

この人たちはこうした無伴奏の録音が何枚かあるが,さすがにそれを全部聞く気にはならないとしても,このアルバムから入って,まずは魅力を認識できたことは非常によかった。ストレスフルな現代人にこそフィット感の強いアルバムとして,音楽的な評価に加えて効能があることを踏まえて星★★★★★としよう。それにしてもこれはいいわ。

Personnel: Bonnie Herman(vo), Len Dresslar(vo), Don Shelton(vo), Gene Puring(vo)

« やはり今日も記事を書けなかった。 | トップページ | ファンも驚愕のECMとテクノのコラボ。 »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。なぜか暴風雨の金沢からです。
TBありがとうございました。

ボクはジャズとして聴いているかどうか、は疑問なのだけど、音楽を聴くことの楽しさに満ちていると思うのです。テイチクのMPS廉価版シリーズで購入して30年随分聴きました。これからも随分聴くでしょうね。

ついでにIn Tuneも聴いてください。オスカーピーターソンとの共演。セサミ・ストリートの楽しさ、といったら!

音楽を聴くことは楽しいですよね。

丁度今"グルーミー"な気分なので、トレイに乗せてみました。
心が遠くを向いている時に聴くと、曲として聴いているのでなく、優しい声を聴いているという感じです。

このアルバム全体が、スローなテンポである事も「天上の音楽」にふさわしいファクターです。

kenさん,こんばんは。TBありがとうございます。

”In Tune"も気にはなっているんですが,この素晴らしい音楽にしばらく浸っていてもいいのではないかと思っています。でも"Sesame Street"と聞くと,やっぱり買おうかな(爆)。

しかし,本当に聞き逃している素晴らしい音楽がいくらでもあるんだなぁというのを痛切に感じた私です。

東信さん,こんばんは。

グルーミーな気分,グルーミーな天気にはこれほどフィットする音楽はないのではないかと思ってしまいます。いいですよねぇ。「癒し系」とか安易に言いたくはないのですが,これは確実に癒されます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51790321

この記事へのトラックバック一覧です: グルーミーな日に聞くと気持ちが洗われるようなSingers Unlimited:

» The singers unlimited: A capella (1971) 音を聴くといふことに救いが欲しいならば [Kanazawa Jazz days]
そんな感覚,音を聴くといふことに救いが欲しいならば,ボクが聴いているのは,コーラス・グループ:The singers unlimitedのA capella。男性3人,女性1名のコーラスが生み出す重層的、かつ純度の高いヒトの声を聴いていると、一歩,一歩、感覚が一つ上の階梯にあがっ...... [続きを読む]

« やはり今日も記事を書けなかった。 | トップページ | ファンも驚愕のECMとテクノのコラボ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作