最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 心地よいグルーブが魅力のBooker T. Jones | トップページ | 本日出張中。 »

2011年5月26日 (木)

名曲満載:Scritti Polittiのベスト盤

Scritti_politti "Absolute" Scritti Politti(Virgin)

私はScritti Polittiの長年のファンである。来日公演にも行った。彼らのアルバムは全部持っているし,7インチ・シングルだって何枚か保有しているから,ベスト盤が出たからって言って買う必要はないだろうと言われればそれまでである。しかし,今回リリースされたベスト盤には新曲が2曲収録されているのだから,これは買わないわけにはいかないのである。

彼らの最新作は宅録フレイバー濃厚な"White Bread Black Beer"だったが,もうそれからも5年の歳月が過ぎてしまったというのはにわかには信じ難い。年を取るわけである(爆)。それはさておき,今回の新曲はGreenとDavid Gamsonの共作ということもあろうが,"White Bread Black Beer"の宅録感は薄まっている。やはりいいねぇ。

そうした新曲への注目度が高いのは当然としても,今こうしてベスト盤として,彼らの曲に改めて対峙してみると,やはり名曲揃いである。Rough Tradeレーベルで出した"Songs to Remember"及びその前の音源と,Virginレーベル移籍後では,とても同じバンドとは思えないような感覚の違いを感じさせるのだが,それは曲調や雰囲気が違うというだけであって,Greenの書く曲は今聞いても変わらぬ魅力を放っていることは凄いことである。ジャズ・ファンにはMiles Davisのトランペットが聞ける"Oh! Patti"が何と言っても注目だろうが,そのMilesも取り上げた"Perfect Way"のオリジナルはこの人たちなのである。Miles BandがScritti Polittiの演奏をかなり踏襲していることからしても,Milesが彼らを相当に買っていたのだということを改めて感じさせてくれるアルバムである。

ライブではその見た目と声のギャップに私をのけぞらせたGreenだが,やはり素晴らしい才能である。今でもバンドを継続してくれているだけでも嬉しくなるが,どうせなら久々の新作も考えて欲しいものだ。そうした願いも込めて星★★★★★。前回は7年待ったが,さて今回は...?

ちなみにライナーの文字が小さ過ぎて,Personnel情報は虫眼鏡なしでは解読不能。老眼にはきついので,アルバム情報は省略である。

« 心地よいグルーブが魅力のBooker T. Jones | トップページ | 本日出張中。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51769861

この記事へのトラックバック一覧です: 名曲満載:Scritti Polittiのベスト盤:

« 心地よいグルーブが魅力のBooker T. Jones | トップページ | 本日出張中。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作