2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Metroのライブ盤:この心地よいファンク | トップページ | 追悼:Phoebe Snow »

2011年5月 1日 (日)

中年音楽狂,長崎に現る。

Photo 私は仕事の関係でいろいろなところに出張しており,日本の都道府県で未踏の地は秋田,佐賀,宮崎,そして長崎の4県だったのだが,今回,初めて長崎を仕事で訪問する機会があった。長崎には福岡から車での移動となったが,現地に到着するまでは風薫る田園地帯を抜けていきつつ,長崎市内に到着するとがらっと様子が変わるのが非常に面白かった。今回は現地に宿泊していないので,その本質を楽しむところまでは行っていないが,ちょっといるだけでもこれはきっといい街だ思わせる風情がある。坂が多いところや海に面しているところからして,私はベイ・エリアを想起してしまったが,次回はもう少しゆっくりと訪れてみたいと思わせるところであった。それにしても,坂が多過ぎて,自転車に乗れない人が多いという話には思わず受けてしまった。

空港に向かう直前,やはり長崎と言えばということで,元祖チャンポンのお店である四海樓にお邪魔して,皿うどんを食してきた。どうせならチャンポンにすればいいものを皿うどんにするところに私の天邪鬼度炸裂である。本当ならチャンポンの麺を使った太麺皿うどんを食するのが正しいのだろうが,私は一般的な揚げ麺タイプの細麺皿うどんにした。

もちろん味は悪くはないが,珍しいと思ったのは,長崎の皆さんは皿うどんにウスター・ソースを掛けて食べるのだということである。郷に入らば郷に従う私も真似してみたが,確かに悪くない。「芥子+酢」も捨て難いが,ウスター・ソースでもいけるのねぇなんて妙な感心の仕方をしてしまった。皿うどんの「あん」はかなり濃厚な感覚であったが,あれが本来の皿うどんの「あん」なのだろうか。いつも「リンガーハット」の皿うどんしか食していないと,よくわからなくなってしまう(爆)。いずれにしても,全国うまいもの列伝として取り上げるほどのものとは思わないが,それでもローカル風情を楽しむためには欠かせないものだろう。

いずれにしても,次回はもう少しゆっくりと訪れたいと思わせるナイスな街,というのが私の長崎の印象である。

« Metroのライブ盤:この心地よいファンク | トップページ | 追悼:Phoebe Snow »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

引き続き、コメントと致します。

お写真、拡大させて拝見致しました。美味しそうですね~。チャンポンのインスタントセット(揚げ麺)をこちらに持ってきたことがあります。主人も大好きです。ウスターソースの発想は、面白いですね♪

それにしても、都道府県をほとんど訪れていらっしゃるようで、ビックリ致しました。あと残り3県のようですので、制覇もそう遠くはないかもしれませんね。

今日は、最近の私達のお気に入りのビデオを紹介致します。http://youtu.be/B8ISzf2pryI

Laieさん,続けてこんばんは。訪問地が多いのはあくまでも仕事がほとんどなので,各地のいいところを全て見ているわけではありませんが,ほかの人に比べれば恵まれているんでしょうね。

それにしてもおかしなビデオですねぇ。笑っちゃいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51524646

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂,長崎に現る。:

« Metroのライブ盤:この心地よいファンク | トップページ | 追悼:Phoebe Snow »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作