最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Lage LundをSmallsで聞く | トップページ | 出張はつらいよ(久しぶりだ)。 »

2011年5月 7日 (土)

レベルの違いを見せ付けられたAlex Sipiagin 5

Smalls_alex 昨日に続いてSmallsに行ってきた。まさかのSmallsのはしごだが,本日はAlex Sipiaginのクインテットである。昨日のLage Lundも結構いいなぁと思っていたのだが,本日のバンドはそれをはるかに越えるレベルで,まさに私は興奮してしまった。このバンドに比べれば,Lage Lundはまだまだ甘いと思えてしまうほどだ。

このバンドのフロントは自らもリーダー作を発表するような実力者ばかりであるから,相応のレベルは予想していたのだが,このバンドをプッシュするNate Smithのドラミングにまず目が点である。Nate Smithと言えば,Chris Potter Undergroundのリズムを支える逸材だが,その実力たるや,私が近年見たドラマーの中でも指折りのものと言ってよい。これが本当に凄いのだ。それにプッシュされて,フロントも強烈なフレーズを連発しているばかりか,ベースのBoris Kozlovも弓弾きでもピチカートでもこれまた見事なソロを展開するのだから,全く目を離す暇がないのである。こんな演奏が日夜展開されていると思うだけで,私はNYCへの郷愁が強まってしまうが,それにしてもである。これはまさに現代のNYCを代表するような音と言ってもよいだろうが,Alex Sipiaginのオリジナルも魅力的なら,彼らのソロも本当に強烈であった。Alexは鋭いハイノートを交えながらも歌うようなフレーズを連発する一方,私の期待以上だったのがDonny McCaslinのテナーである。この人のテナーってこんなによかったっけと思わせるぐらい,これまたナイスなラインを繰り出し,本当にこの人を見直してしまったと言ってよいだろう。

更にAdam Rogersである。この人のギターは聞いているだけなら,余裕さえ感じさせるような音なのだが,これまた繰り出すフレーズはメカニカルになり過ぎることなく,まさに適切な感覚を与えるものであった。結局,バンド全員の実力が高いのだから,音楽が悪くなるはずがない。

今回はたまたまこんな素晴らしい演奏を聞けたと言えるかもしれないが,日頃からこういう演奏を展開しているんだろうと思わせる好ライブであった。だが,やはり今回の最大の収穫はNate Smithだろう。この人のドラミングは正直言って突き抜けていた。6月にはVanguardにUndergroundで出演するらしいが,またNYCに出張したくなってしまったではないか。

今回の出張で残念ながらSeamus Blakeを聞くことはできないが,十分それを補って余りある演奏を聞くことができた。最高である。Smallsに感謝,感謝。写真は暗い中でノー・フラッシュで撮ったものなので,ブレブレだが,まぁ雰囲気ということで。皆さんもNYCに行く機会があれば,是非Smallsへ。まじでこの空間は好きである。

2011年5月5日 21:30~0:20 at Smalls

Personnel: Alex Sipiagin(tp, fl-h), Donny McCaslin(ts), Adam Rogers(g), Boris Kozlov(b), Nate Smith(ds)

« Lage LundをSmallsで聞く | トップページ | 出張はつらいよ(久しぶりだ)。 »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

役得ですなあ(笑)。

Donny McCaslin、お宝サイトで音源見つけて聴いて相当気になってました。いわゆるモダンテナーで縦横無尽系ですよねえ。実はクリポタに迫るプレイヤーなのではないかと。とりあえず日本に来るような気はしないし、来ても今回のメンバーなんてのはあり得ないし。いいなあ。smallsの音源アーカイブを待ちますかね。

それでは、残りの旅程お気をつけて。私はこれから水戸に行ってきます!

音狂さん
こんにちは
連休中 お仕事 お疲れさまでした。
出張先がNYCなんて いいですね。

仕事後のライブも楽しまれたようで 充実していましたね。

ライブハウス かっこいいですね。フラッシュなしでも 十分きれいに撮れていますよ。(前日の写真とも)

うちでCD聴いているのも楽しいですが やっぱりライブはいいですね♪

Toshiyaさん、

GW返上での御出張、お疲れ様です。ジャズクラブの梯子良さそうですね。夜中の12時過ぎまでの演奏でしょうか。始まりも9時半のようですし。。金曜日ならではの時間設定なのか、NYジャズハウスでは通常なのか。。何れにしろ、眠気もフッ飛びそうな盛り上がり振りだったとお察し致します。

NY,ボストン、何かの理由につけて、また、行って見たいですが、アルカイダの逆襲も始まりそうで、尻込みしちゃいそうです。

週末もNY滞在でしょうか。限られた日程、お時間、有意義にお過ごし下さい。

マーリンさん、こんにちは。返事が遅くなりました。仕事はまだまだ続きますが、これからの移動がきついですねぇ。これからは夜遊びの楽しみはありませんが、飲みには行っちゃうんでしょうね。体力的にはかなりきついですが。

Laieさん、こんにちは。返事が遅くなりました。Smallsは最初の演奏は19:30ぐらいから始まりますが、私が見に行きたいミュージシャンたちは出番が21:30(メインですね)ぐらいからで、彼らの後にはジャム・セッションなんかが始まり、多分3時ぐらいまでやってると思います。典型的NYタイミングですね。

帰国はまだ先ですが、まぁのんびりやります。

こやぎさん,こんばんは。こちらは夜中です。こちらへのコメントがなぜかスパム扱いになっており,公開が遅れました。

Donny McCaslinはアルバムで聞くよりはるかに凄いプレイヤーだったと思いますね。大したもんですわ。役得,役得...。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51594806

この記事へのトラックバック一覧です: レベルの違いを見せ付けられたAlex Sipiagin 5:

« Lage LundをSmallsで聞く | トップページ | 出張はつらいよ(久しぶりだ)。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作