2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ようやく出張終了である。 | トップページ | Jeff "Tain" Wattsの新作はミドル級チャンプって感じである »

2011年5月14日 (土)

出張中に見た映画(11/05編):その2

The_tourist 「ツーリスト(The Tourist)」('10,米,Columbia),

監督:Florian Henckel von Donnersmarck

出演:Johnny Depp,Angelina Jolie,Paul Bettany,Timothy Dalton

出張中に見た映画シリーズの2本目は2大スターの競演で話題となったこの映画であるが,まぁこれが,Anjelinaを綺麗にみせることに主眼を置くとともに,ベニス(あるいはパリ等の欧州と言ってもよいだろう)のための観光映画みたいなつくりである。その目的はある程度達成できてはいるが,Johnny Deppがこの映画に出る必然性は全くと言って感じられない。

ストーリーについて書いてしまうと,すぐにネタバレになってしまうのでここには書かないが,いずれにしてもそれってありえないよねぇという展開である。はっきり言ってしまえば,面白く見せるためなら,シナリオなんてどうでもええわって感じなのである。こういういい加減な作りの映画には本当に腹が立つ。

この程度の映画であるから,評判になるはずもなく,製作費の回収も極めて難しいだろうと言わざるをえない。唯一の救いは久しぶりに見たTimothy Daltonの渋さであろうか。彼は007 James Bondの役者としては渋過ぎたとは思うのだが,この映画でのような感じでは非常に魅力的に映ると思ったのはきっと私だけではないだろう。それを含めても星★★が精一杯。まぁお暇ならどうぞってぐらいの映画である。

« ようやく出張終了である。 | トップページ | Jeff "Tain" Wattsの新作はミドル級チャンプって感じである »

映画」カテゴリの記事

コメント

ティモシー・ダルトンの名前を見つけて、WoW!
渋いですよねー。
 風と共に去りぬの映画の続編が、アメリカのテレビ番組で放送されてるよ、と、観てみたら、スカーレット役には、こんなところかな?と思いましたが、レッド!なんて素敵!渋い、、、この人なら、クラーク・ゲーブルが重なるわ!って、一時夢中になり、007シリーズも観ました。
この映画、ティモシー・ダルトンが出ているのなら、観たい。
また、ハマってしまいそう、、私の周りは、悪役の顔してるとか、目茶苦茶の感想なんです。
うれしい! 渋いですよね、そして、何とも言えない品と、ジェントルマンの色気を感じるんです。

中年音楽狂さん、こんにちは。無事にご帰国なさいましたでしょうか?おつかれさまでした。

アハハ・・・「ヒマならどーぞ」とはこれ痛快です(笑)。しかしながら、アンジーマニアの私は大満足でした。もう彼女の美しさと豪華なファッションだけで見に行ってよかった!(爆)映画の内容?・・・ハイ、仰せのとおりホントどーでもよい作品でしたね・・・ジョニデをせっかく呼んだのだからもう少しなんとかならなかったのでしょうかねえ・・・(苦笑)まさに「ヒマなら(相当ヒマなら)どーぞ」という作品でした。

しかし、ブラピとジュリア・ロバーツの「メキシカン」とか、現代のビッグスター共演モノってことごとくツマラナイのはなんででしょうかね?なんか意図的にしょうもなくしてるような気さえしてしまいます。下手に高尚な作品にすると、どっちの手柄だったか?とかで話がややこしくなるから、あえて薄っぺらくしてお互い後腐れないようにお遊びにしてるのか?と邪推すらしてしまいます(笑)。

ご出張でお疲れでしょうから、なるべくよく休息をとって下さいませ。

ひまわりさん,こんにちは。今回のTimothy Daltonは結構渋くてよかったのではないかと思いますが,映画はねぇ...って感じなのでご覧になるもならぬもおまかせです(笑)。

よーくさん,こんにちは。

何大スターの競演とかいうと,どちらかを立てればどちらかが立たずみたいになってしまうので,作りにくいのではないですかね。でもこの映画は記事にも書きましたが,Angieを綺麗に見せるための映画でしたよね。まぁそれはそれでよかったですが,このシナリオはないですね(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(11/05編):その2:

« ようやく出張終了である。 | トップページ | Jeff "Tain" Wattsの新作はミドル級チャンプって感じである »

Amazon検索

2018年おすすめ作