2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« あまりにも腹が立つので書いておく | トップページ | Stingに詫びを入れたくなった好ライブ »

2011年4月11日 (月)

追悼,Sydney Lumet

Sydney_lumet Sydney Lumetがリンパ腫で86歳で亡くなったそうである。この人は職人監督でありながら,質の高い作品を提供し続けたという点で,稀有な存在だったと思う。「12人の怒れる男」,「質屋」,「セルピコ」,「狼たちの午後」,「ネットワーク」,「評決」等骨太の作品が多く,所謂社会派という名声もありながら,「オリエント急行殺人事件」のような映画も撮ってしまうところが,この人の凄いところである。

活動のピークは70年代だったとは思うが,何度もオスカーにノミネートされながら,結局受賞には縁がなかったものの,最終的には名誉賞というかたちで,映画アカデミーが応えたというのはいい話である。それぐらい尊敬を集める優れた監督だったと言ってよい。この写真なんか,いかにも監督然としたところが素敵だ。人の心を打つ作品を残したことで,多くの人の記憶に残るべき人である。

R.I.P.

« あまりにも腹が立つので書いておく | トップページ | Stingに詫びを入れたくなった好ライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

好きな監督でした。見事な作品並びます。ご冥福をお祈りいたします。

12人の怒れる男は何度見ても面白い映画でした!狼たちの午後も好きな映画でした!
残念ですね!良い映画人がまた一人旅立ってしまったことが!

メルセデスさん,こんばんは。私もかなり好きな監督の一人でした。まぁ86歳ですから,天寿を全うしたということにしましょう。

takeotさん,こんばんは。「12人の怒れる男」は本当に素晴らしい映画でした。Henry Fondaはもちろん,私は3番さんのLee J. Cobbが印象に残っています。追悼を込めて,借りてこようかなぁなんて思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼,Sydney Lumet:

« あまりにも腹が立つので書いておく | トップページ | Stingに詫びを入れたくなった好ライブ »

Amazon検索

2018年おすすめ作