最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,スーちゃん | トップページ | そうだったのかぁ,ラトル/ベルリン・フィルの「ラインの黄金」。 »

2011年4月24日 (日)

収められた楽曲の質に驚かされる"Songs in the Key of Life"

Songsinthekeyoflife"Songs in the Key of Life" Stevie Wonder(Tamla)

出張の道すがらの新幹線の中で,iPodでこのアルバム全曲を聞いた。このアルバムを全曲通しで聞いたのは本当に久しぶりのことだったが,収録曲のクォリティの高さに改めて圧倒されてしまった。

70年代のStevieに関してはもう誰も止められないという感じで,その創造力もピークにあったことに異論を差し挟む余地はないと思うが,それにしても,このボリュームである。LP時代は2枚組+7インチEPという変則的なフォーマットでのリリースとなったが,物量的にも凄いが,ミュージシャンも結構強烈である。Herbie Hancockはいかにも彼らしいRhodesを"As"で聞かせているが,"Another Star"でのGeorge Bensonなんて,楚々としたリフを聞かせるだけというある意味もったいないような使い方である。それでも参加したいと思わせる魔力が往時のStevieにはあったと解釈せざるをえない。

このアルバムからは"I Wish"と"Sir Duke"というNo.1ヒットも生まれているが,それに限らず,強烈な楽曲群がこれでもかっていう感じで収められているが,逆に言えば,創造力がぶっ飛んでいて,いろいろな曲や音楽がごった煮のように収録されていると考えることも可能かもしれない。しかし,湧き出るような創造力を抑制することなく,よくぞここまでという感じである。短い人生の中で多くの曲を残したMozartとも重なると言っては言い過ぎかもしれないが,まさに泉のように曲が湧いてきていたとしか思えない。

久々に聞いても,この音楽の持つ魅力は不変だと思ってしまったが,天才というのはこういうものなのだろうなぁなんて,二日酔いながら漠然と考えていた私であった。この作品のリリースから約20年後,Coolioが"Pastime Paradise"をサンプリングして,"Gangsta's Paradise"として蘇らせたところにも,この音楽の普遍性を感じてしまう。よって,この音楽には星★★★★★しかありえないというのが結論である。素晴らしい。

それにしても,このPersonnelの入力は...って感じであった(笑)。

Personnel: Stevie Wonder(vo, key, hca, ds), Michael Sembello(g), Sneaky Pete Kleinow(pedal steel), George Benson(g, vo), Ronnie Foster(org), Herbie Hancock(key, clap), Dean Parks(g), Greg Phillinganes(key), W.G. "Snuffy" Walden(g), Nathan Watts(b, vo, clap), Greg Brown(ds), Raymond Lee Pounds(ds), Hank Redd(as, ts), George Bohannon(tb), Ben Bridges(g, sitar), Dorothy Ashby(harp), Bobbi Humphrey(fl), Howard "Buzzy" Feiten(g), Steve Madaio(tp), Trevor Lawrence(ts), Glen Ferris(tb), Jim Horn(sax), Deniece Williams(vo), Minnie Riperton(vo), Gary Byrd(vo), Michael Wycoff(vo), Larry Scott(effects), Carol Cole(perc), Bobbye Hall(perc), Jay Boy Adams(vo), Nathan Alford, Jr.(perc), Henry America(vo), Linda America(vo), Baradras(vo), Brenda Barnett(vo), Khalif Bobatoon(vo), Starshemah Bobatoon(vo), Sudana Bobatoon(vo), Charles Brewer(perc, prog, vo), Shirley Brewer(perc, vo), Berry Briges(vo), Cecilia Brown(vo), Eddie "Bongo" Brown(perc), Jean Brown(vo), Rodney Brown(vo), Colleen Carleton(perc, vo), Addie Cox(vo), Agnideva Dasa(vo), Duryodhana Guru Dasa(vo), Jayasacinandana Dasa(vo), Jitamrtyi Dasa(vo), Vedavyasa Dasa(vo), Cinmayi Dasi(vo), Yogamaya Dasi(vo), Carolyn Dennis(vo), Bhakta Eddie(vo), Doe Rani Edwards(vo), Jacqueline F. English(vo), Ethel Enoex(vo), Al Jocko Fann(vo), Barbara Fann(vo), Melani Fann(vo), Shelley Fann(vo), Tracy Fann(vo), John Fischbach(perc, prog, vo), Susie Fuzzell(vo), Carmelo Garcia(perc), Anthony Givens(vo), Audrey Givens(vo), Derrick Givens(vo), Mildred Givens(vo), Michael Lee Gray(vo), Mimi Green(vo), Susaye Greene Brown (vo), Bhakta Gregory(vo), Renee Hardaway(perc, vo), John Harris(effects), Jeania Harris(vo), John Harris(prog), Troy Harris(vo), Nelson Hayes(perc, effects, vo), Terry Hendricks(vo), Don Hunter(prog, effects), Adrian Janes(vo), Josie James(vo), Calvin Johnson(vo), Carol Johnson(vo), Patricia Johnson (vo), Madelaine Jones(vo), Bhakta Kevin(vo), Phillip Kimble(vo), James Lambert(vo), Linda Lawrence(vo), Irma Leslie(vo), Kim Lewis(vo), Carl Lockhart (vo), Gail Lockhart(vo), Raymond Maldonado(perc, tp), Carolyn Massenburg(vo), Artice May(vo), Charity McCrary(vo), Linda McCrary-Campbell(vo), Lonnie Morgan(vo), Kim Nixon(vo), Lisa Nixon(vo), Larri Nuckens(vo), Larry Latimer(perc, vo), Amale Mathews(perc, vo), Edna Orso(perc, vo), Marietta Waters(perc, vo), Josette Valentino(perc, vo, clap), Gwen Perry(vo), Gregory Rudd(vo), Rukmini(vo), Yolanda Simmons(vo, clap), Keith Slaughter(vo), Rosona Starks(vo), Dennis Swindell(vo), Sundray Tucker(vo), Gary Veney(vo), Sheryl Walker(vo), Mary Lee Whitney(vo), Syreeta Wright(vo), Michael Gray(vo), Susaye Greene(vo), William Moore(vo), Fountain Jones(prog), Aisha Morris(crying)

« 追悼,スーちゃん | トップページ | そうだったのかぁ,ラトル/ベルリン・フィルの「ラインの黄金」。 »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
私はレコードを持っておりますが、ハービーハンコックが参加していたんですか?知りませんでした!シングル盤もついているのが面白いですが、中古では、シングル盤がないものが多かったのですが、何とか手に入れましたよ!

takeotさん,こんばんは。私はこのアルバムが出てすぐLPを買いましたが,今やCDに切り替えてしまいました。懐かしいですねぇ。2.5枚組みたいな感じで(笑)。

Herbie Hancockは"As"1曲だけの参加だったと記憶していますが,ちゃんとHerbieのフレーズになっていますので聞いてみて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51474388

この記事へのトラックバック一覧です: 収められた楽曲の質に驚かされる"Songs in the Key of Life":

« 追悼,スーちゃん | トップページ | そうだったのかぁ,ラトル/ベルリン・フィルの「ラインの黄金」。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作