2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« iPhoneの不調に青くなる… | トップページ | Joachim Kuhn:暑苦しいぐらいだが,これは燃えるねぇ。 »

2011年3月 6日 (日)

オスカー受賞も納得の傑作「英国王のスピーチ」

Kings_speech「英国王のスピーチ("The King's Speech")」('10,英/豪/米)

監督:Tom Hooper

出演:Colin Firth,Geoffery Rush,Helena Bonham Carter,Guy Pearce,Clare Bloom,Michael Gambon

先日,発表された第83回アカデミー賞において,作品,監督,主演男優,オリジナル脚本の4冠に輝いた本作を早速見てきた。日本での配給会社もアカデミー賞の発表のタイミングを見計らって公開したのではないかと勘繰りたくなるような絶妙のタイミングであったが,一見して,これはオスカーに相応しい傑作であると思ってしまった。これなら下馬評も高いはずだと思いたくなる。

実話に基づくとは言え,英国王室という極めて特異な舞台の中で,とにもかくにも人間的なドラマとしてそもそもシナリオの完成度が高い。更に,Colin Firthは吃音症のジョージ6世を好演しているし,それを支えたGeoffrey Rushも素晴らしい存在感である。この人が助演男優賞を取れなかったということは,Christian Baleが"The Fighter"という作品において,それほど素晴らしい演技を見せたということになるのだろうが,それは置いておいても,存在感たっぷりである。まぁGeoffrey Rushはこの映画の製作総指揮も兼ねているというところも落選の理由かもしれないが,Rushの演技の本作への貢献度は極めて高い。また,いつもは「赤の女王」とか,「ターミネーター4」の「コーガン博士」等の怖い役の多いHelena Bonham Carterが,ここではジョージ6世妃を楚々と演じていて,これまた好感度が高い。

こうした演技陣のうまさもあるが,私にとっては初耳のTom Hooper監督の演出も相当に手堅いし,カメラ・ワークもなかなか印象的である。よって,シナリオ,役者,演出のバランスが非常にうまく取れた作品であるから,当然平均的な評価も高くなるが,それでもこれは映画としても非常によくできている。全然派手さはないにもかかわらず,私は相当感動してしまったというのが正直なところである。特に終盤の「戦争スピーチ」のシーンには真剣に涙してしまった。

こんな映画だから在日英国大使館が後援としてお墨付きを与えるのも当然である。だからと言って,堅苦しいところは決してない。これは本当に優れたドラマとして,私としては近年見た映画の中でも,相当に印象深い映画となった。CGやリメイク全盛の中で,こうした素晴らしい内容を伴ったオリジナル脚本とそれをちゃんと映像化できたということは,映画界にとってもいいことだと思う。そうした観点からしてもこの映画には喜んで星★★★★★である。万人に向け,声を大にして推薦したい逸品。

« iPhoneの不調に青くなる… | トップページ | Joachim Kuhn:暑苦しいぐらいだが,これは燃えるねぇ。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

 私、「ブリジットジョーンズの日記」以来、Colin Firthの知的なセクシーさに魅せられ、「高慢と偏見」を観て、さらにしびれ、アナザーカントリーにまでさかのぼってしまった口なので、星5つ、非常にうれしいです。
オスカーの授賞式はリアルタイムでwowow観ていました。
メンバーの好演、作品題材、全てに恵まれましたね、Colin Firthも強いストレスで、腕が痛くなったりしたようですね。
私、亡くなった王であったとしても、ここまで書いてしまってもいいのかな?
英国王室、すごい、普通なら、みんながわかっていても、あえて触れないようにしますよね?
きつ音だけど、職業が王、の辺りは一緒に泣きたくなりますが、克服していく姿は、応援したくなります。
英国の人は、お天気の話をするように、王室を身近に感じているのもわかる気がします。
Tom Hooper監督のお母さんが、この題材に気付いたようですが、これも、すごいです。
話がそれますが、Colin Firthの奥様、結婚当初から変わらずお美しい。コダックシアターの前列のお二人の姿が何度も映し出され、奥様のLiviaさんを見ると、上質で美しくて、ため息が出ました。このような奥様を持つと、旦那様の格が相当上がるような気がします。

ひまわりさん,こんにちは。さすが映画通ですねぇ。私はColin Firthの映画を見たかどうかも定かではないのでお恥ずかしい限りです。

今回の映画,おっしゃる通り題材に恵まれたという感は強いですし,受賞にも驚きがないとか言われていましたが,こういう逸品は素直に評価した方がいいと思いますよねぇ。どこかの国のロイヤル・ファミリーではありえない世界ですし,そうした点も含めて評価したいと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスカー受賞も納得の傑作「英国王のスピーチ」:

« iPhoneの不調に青くなる… | トップページ | Joachim Kuhn:暑苦しいぐらいだが,これは燃えるねぇ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作