最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Fred Hersch:この演奏には誰もが納得するはずである。 | トップページ | iPhoneの不調に青くなる… »

2011年3月 5日 (土)

これって珍盤?アルトを吹くクリポタ?

Youth_sonic001"For the Great Jazz Road" Youth / Sonic(Key'Stone)

中古盤屋をうろついていたら見たこともないジャケのCDがあったので,よくよくメンツを見たら,何とChris Potterが参加している。しかも吹いているのが,うん?アルトにソプラノ?なんとも不思議なアルバムであるが,国内制作(帯付きで売っていた)というのがこれまた摩訶不思議。当時,ここに参加しているメンツにはある程度関心は示せても,この制作会社に私が興味を抱くとは到底思えず,全く無視してきたものと想像する。

それにしてもである。テナーにMark Turnerがいるからと言って,クリポタにアルトを吹かせるってどういうことだろうか。この判断には苦しむなぁ。ついでにIngrid Jensenまで入っている。何じゃこりゃ~。やってる曲は"It Don't Mean a Thing","Bohemia After Dark","Round Midnight","Opus De Funk","Maiden Voyage","Night In Tunisia","So What",”Bags Groove"にメンバーのオリジナルってどういうこと?重ねて何じゃこりゃ~である。でも音はまだ聞いていないから何とも言えない(爆)。

これって国内制作とは言え,いまだかつてジャケを見た記憶もないので,結構な珍盤なのかなぁと思いつつ,よくよく見たらiTunesでダウンロード音源を売っているではないか。これまたへぇ~である。音については別途記事をアップできればと思うが,下記の通り,結構なメンツと言えばその通りではあるが上記のような曲って...。何だかわけのわからない記事になってしまったが,普通のリスナーを戸惑わせるようなメンツと選曲である。

Recorded on September 21 & 22, 1996

Personnel: George Colligan(p), Dwayne Burno(b), Eric McPherson(ds), Mark Turner(ts), Chris Potter(as, ss), Mac Gollehon(tp), Ingrid Jensen(tp, fl-h)

« Fred Hersch:この演奏には誰もが納得するはずである。 | トップページ | iPhoneの不調に青くなる… »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です~
私のミクシ日記にも書きましたが、クリポタ、サックスを始めた時はアルトでした。最近はあまり吹いていないようですが、プロのキャリアが始まったあたりではアルトとテナーの二刀流だったと思います。レッドロドニーのバンドはアルトメインだったんじゃないかなあ。その後スティーリーダンのツアーでもアルト吹いてたし、2000年くらいのライブ映像でもアルト吹いてるのが残ってます。アルトでも変なことはやるんだけど、パーカー直系のバップスタイル的な味わいもあります。というわけで、私はあまり違和感ないです。とはいえ、このアルバムを積極的に聴いてみたいかというと、まあそうでもないか(笑)。マークターナーが苦手なんだよなあ。

こやぎさん,こんばんは。なるほど,さすが研究家だ(笑)。

しかし,クリポタとアルトって今の段階では結びつかないですよねぇ。フレージングは結構まともだったように思えますが。

ちなみに「マークターナーが苦手なんだよなあ。」ってのは非常によくわかります(爆)。

いずれにしてもこの作品は珍盤以上のものではないって気がします。George Colliganは何とかアレンジで頑張ろうとしたってのはよくわかるんですけどね。

これさ、わたしも、帯つき持ってます。
で、でかいおかたに貸したことありまっせ。

あと、クリポタは、アルトは珍しくないんです。バスクラ、ソプラノも吹くマルチ奏者だす。
最近は、テナーにしぼっとりますが。


あ、、メルドーにいきつけない。。(>_<)
とらばいきましたか?

すずっくさん,こんばんは。バスクラ,ソプラノは聞いたことがありましたが,アルトはなかったもので...。それにしてもすずっくさんもいろんなものをお持ちですなぁ(と感心)。

Brad Mehldau,TBありがとうございます。私は映像もまだ見ていない状態ですが,演奏だけでも最高でした。こちらからもTBさせて頂きますね。

ターナーは、、わたしも、、時と場合によっては、、あれなんですが。。

でも、コノメンツ、、見逃すのは、、ジャズファンではないでしょう。。。
とりあえず、、買うでしょう。。
って、閣下の行動は正解だと思います。はい。

すずっくさん,こんばんは。

おっしゃる通り,所謂メンツ買いを許されるものですよねぇ。私も「取り敢えず」買いました(笑)。でも,こういう行動を取っていると,財政破綻が近づいてくるんですよねぇ。この一週間ばかり,音楽を聞くのも控えていたのに,今日は買い物ついでにCDを買っちゃいましたしねぇ。いかんなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51016496

この記事へのトラックバック一覧です: これって珍盤?アルトを吹くクリポタ?:

« Fred Hersch:この演奏には誰もが納得するはずである。 | トップページ | iPhoneの不調に青くなる… »

Amazon検索

2017年おすすめ作