2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 帰国後の日本はどうなっているのかわからないが,祈りを捧げ,考えよう。 | トップページ | 人が消えた新宿... »

2011年3月17日 (木)

日本に帰ってきてみたものの...

出張先から帰国した。CNNやCNBC等のメディアはかなりの時間,日本の状況についての報道に時間を割いていたが,やはりこの惨状は世界中の多くの人々にもショックを与えていることがよくわかる。そして,今や報道の中心は福島第一原発の事故の状況に移りつつある。いろいろな批判も飛び交っているが,今はその問題点を収束させることに注意を集中すべきであろう。そんな中,デマやくだらないチェーン・メールを送る輩はまさに唾棄すべき存在に過ぎない。本当に恥を知って欲しいものである。

東京では成田空港からの電車の運行は限定的,バスも神奈川方面は運休ということで,私はバスと電車を乗り継いで自宅に到着した。私の自宅は到着時,計画停電対象になっていたので,エレベーターは使わず,階段で上まで上がってきたら,息も上がってしまった。しかし,これぐらいのことなら大したことはないと考えるべきなのである。

ということで,私はすぐに日常生活に戻ることを余儀なくされるわけだが,また来週には地方と海外への出張を控えていて,どうにも具合が悪い。しかし,東京を離れることで,違う感じ方ができることもあり,いろいろなことを見つめ直すいい機会だと思うこととしたい。

先日の地震発生以来,私はこのブログにおいて音楽のことについて何も語っていないが,それは地震以来あまり音楽を聞きたいと思わなかったことにも起因している。本当にほとんど聞いていないと言っても過言ではないのである。しかし,出張の道すがらの機内では映画をずっと見ていたのだから,言っていることとやっていることの不一致も甚だしく,ほんまか?という疑念の声が上がっても仕方ない。

それでも,自分としても,いつまでも沈鬱な気分でこのブログに文章を書いていることには,前向きさに欠けるということを自覚しているので,そろそろ通常通りのトーンに戻すことも考えなければならないと思っている。世の中が暗いからこそ,それを打ち消す明るさも必要だと思うのだ。でもお笑い番組を見たいとも思えない今のような精神状態ではまだ無理かもしれないが...。できるだけ早い復活を図るべく,私も前向きにものを考えるようにしたい。

« 帰国後の日本はどうなっているのかわからないが,祈りを捧げ,考えよう。 | トップページ | 人が消えた新宿... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんと そうなんです。

被災地を離れていると たぶん違った見方ができると思います。

わたしも数日は なんとなく テレビや新聞で 地震のことばかり報道されているし
家族や親戚が 停電だの ス-パ-にパンとか電池がないって言って困っているのだから しばらくは静かに生活しようなんて考えていましたが…
みんなで暗くなっていても仕方ないし
心ない人は こちらでも電池や食品の買いだめをして 不安なのはわかるけど なんだかなぁ…なんて いろんなことを考えさせられました。

被災地の方が 早く普段の生活に戻れるよう願いつつ いつも通りの生活をしていきたいと思います。

マーリンさん,改めてこんばんは。心ない人というよりも,本当の利己主義か,心に余裕がないか,色々な人がいるんだと思います。関東エリアでもガソリンを求めて長蛇の列になっていますが,本当にあのうちのどれだけがガソリンがなければ生活できない人々なのかと疑問を感じてしまいます。

自分たちは決して買いだめやパニック的な行動は取らないと固く心に近い,被災地に向けて祈りを捧げたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本に帰ってきてみたものの...:

« 帰国後の日本はどうなっているのかわからないが,祈りを捧げ,考えよう。 | トップページ | 人が消えた新宿... »

Amazon検索

2018年おすすめ作