2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 人が消えた新宿... | トップページ | 「ヒア アフター」の上映中止に思う。 »

2011年3月19日 (土)

ようやくコメントを返させて頂きました。

Keep_calm 未曾有の大被害をもたらしたあの地震から一週間。被害は拡大する一方であり,日本だけでなく,世界中を悲しみが覆ってしまった一週間だと言ってよい。そこに輪を掛けるように起こった原発の事故である。そんな中で,一部買いだめをするような輩も出てきてはいるものの,この日本人の冷静さや節度というのは,この先,必ずや日本に対する評価を高めるに違いない。

この一週間,私は皆さんに対するコメント・バックをすることを控えてきた(というよりできなかったという方が正確)であるが,今回,ようやく皆さんにコメントをお返しすることができた。皆さん,遅くなって誠に申し訳ありませんでした。

Courage そんな中でニュースを見ていて,木村太郎が英国において第二次世界大戦開戦に当たって作られた"Keep Calm and Carry On"というポスターを見せていたが,まさしくこれは今の日本に適したフレーズだと思った。このポスターに書かれている王冠は映画「英国王のスピーチ」の主人公,ジョージ6世のものである。あの映画の背景を思い出しながら,私はこのポスターを見ていて,思わずじ~んとしてしまったのである。皆さんともこうした思いをシェアさせて頂きたいので,ここにもそのポスターを掲示することとしたい。尚,このポスターのシリーズに謳われた"Your Courage, Your Cheerfulness, Your Resolution Will Bring Us Victory"というフレーズも,この"Victory"を現在の日本が直面する様々な苦難に対する「勝利」だと解釈すれば,これも今の日本にぴったりだと思えてしまった。

前向きであることは,必ずや今の日本にも活力をもたらすと信じよう。

« 人が消えた新宿... | トップページ | 「ヒア アフター」の上映中止に思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 記事を読んでいるだけでも、涙が出てきてしまいます。そうですね、日本は、あの大戦を乗り越えています。
祖母の話を思い出しました。
今は、みんなが一つになる、良いことを信じて助け合う、、ですね。
この一週間、様々な想いで、私も、音楽を聴きたい気持ちもなく、テレビではACの広告CMを見て報道をみて、、です。
学生時代の友人が原発事故の報道の解説を連日しているのを見ると、私も頑張らないと、思います。
 被災地の子供達がアンパンマンの曲を聴いてます、の報道を見て、アンパンマンの曲を聴いたら、うれしくなりました。心がうれしくなる、音楽の力は大きい、、私に出来るのはこれ?
 家がずれてしまった友人が、我が家は全員生きてる、命があったのに、悲しい、悲しい、と言っていては、ダメになっちゃう、、頑張るよ!そっちは被害ないんだから、パワー送って、あと、日頃から水を汲んでおかないとダメだよ、とアドバイスをくれながら、地震の日、星空が本当にきれいで、流れ星をいくつも見たよ。街では、お客さんは列を作って並び、店員さんも1円単位のおつりも間違わずくれる、暴徒化する人もいない、日本は本当に素晴らしい国だよ、と言っています。
原子力発電所のことは、毎日祈っています。祈りが天に届いて欲しいです。
復興には時間はかかるかもしれないけど、必死に頑張っている人がいる。
何かしないわけにはいきません。

 

ひまわりさん,こんにちは。今回の震災はつらいことではありましたが,心温まる逸話も聞こえてくるところに救いを感じている人は多いのではないかと思います。

何かしないわけにはいかないという気持ちの中で,私が今できることは祈りを捧げる以外には,節電と寄付ぐらいしかありません。エアコンを使わない部屋は結構冷えますが,被災地に比べればと思えば耐えられますし,そもそも厚着で対応できるということでさえ恵まれていると思うべきですよね。

でもまた来週はずっと国内及び海外出張というのは...ですね。

Toshiyaさん

たった今、原発の5,6号機に回復が見られる上、仮設住宅の着工が始まったようで、地震発生後の新たな朗報が聞けて嬉しく思っています。

外国に住む日本人にとりましても、胸が締め付けられる思いで、祈りを捧げ見守っている毎日です。

アメリカに居た時に大変お世話になったばバプティスト教会の牧師先生、それから、現在、北海道にメソジスト教会の伝道士として赴いているドイツ人の友人からも、現地での様子を頻繁に報告をもらっています。

昨夜は、箏とクラビコードでの演奏会で、入場料は無料でしたが、急遽、募金箱を作り、皆さんに義援金をお願いしました。演奏会の日程、プログラムは、半年前から既に、決まっていましたが、今回の件、日本人による日本の伝統楽器による演奏などの話題性もあったせいか、ホールは満員で、義援金もかなりの額になりました。私の演奏報酬も加え、近くドイツ赤十字に義援金を渡しに行く予定です。

今回の件で、たくさんのお見舞いメールをはじめ、また、普段あまり接することのない、ドイツ人の温かさに触れています。ドイツ語能力にかなり欠けている自分でも、言葉を超えた人間としての温かさ、優しさを実感しているところです。

来月の演奏会場は教会ですが、教会の献金箱の横に、義援金の箱を添えさせてもらい、被災地への義援金に充てさせてもらおうと思っています。

今後も遠方より、祈りを捧げて行きたいと思います。

Laieさん,こんばんは。復興への取り組みは始まりつつありますが,まだ行方不明の方が1万人以上いらっしゃるという事実はまだまだ私たちに重くのしかかっていると思います。

それでも,さまざまな方からの義援金のお話,更には海外からのサポートのお話等を聞くにつけ,Laieさん同様,人間の温かさを感じざるをえません。私も微力ながらもできることから復興をサポートできればと思っています。

 もう、出張に出られましたか?
確か、中国でしたね?
私は明日から仕事でNYCです。
さっき、被災地の友人から電話がありました。
彼女の生徒さんは、停電の中、楽譜を書きあげたようです。組曲を創っていて、風、ストーム、祈り、、偶然だけど、タイトルを聞いただけでも、予期していたような名前でしょう?と言われ、、こんな時にも物事を前向きにとらえてる友人の強さ、私への優しさを感じました。
教室が壊れてしまったから、自宅に生徒さんがみえるようですが、玄関がずれて、開かなくなってしまったから、非常口から出入りしてもらう、来たら、びっくりするよね、って。
給水所で並んだ話も、タンクが売り切れだったから、ゴミバケツなの、台車を近所の人に借りたり、もう、みんなで助けあってる。
 私には、勉強出来る時に勉強しないとだめ、行ける時に行かないとだめ、日本人の素晴らしさを伝えて、NYCで募金活動頼む!日本の復興!義援金を送ってと言っていました。
 海外に行くと、いつもより、日本を身近に感じる私ですが、この国が本当に愛おしいしです。
計画停電を受け入れている人、電車待ちの列を作り並ぶ人、、、昨日は、東京消防庁の会見に、涙が止まりませんでした。日本の国を守ってくれている人達の心が天に届きますように、どうか、原発の問題が、無事に終息しますように。

 


ひまわりさん,こんにちは。まだ出掛けていません。まず,火曜日から松山に出張し,木曜から中国です。木曜は早朝便ですので,成田への足が心配なため,水曜は成田に前泊するつもりです。

日本を離れると,報道の仕方の違いに戸惑うこともありますが,外国の方たちも日本に思いを寄せていることは強く感じられると思います。もちろん,現在,日本脱出を図る人たちもいますが,間違いなく過剰反応です。日本人は冷静に対処しているのに,彼らがパニックに陥っているのではないかと思います。特にスポーツの助っ人外国人はひどいですが,まぁそれはそれで放っておきましょう。

その一方で,リスクを顧みず国民のために身を賭す人々がいるということを,同じ同胞として誇りに思わざるをえません。

どうかお気をつけて行ってらして下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやくコメントを返させて頂きました。:

« 人が消えた新宿... | トップページ | 「ヒア アフター」の上映中止に思う。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作