2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« こんな時に限って… | トップページ | 外地にて怒りに震える夜 »

2011年3月14日 (月)

外地より...

弾丸出張先である赤道直下の熱帯の国に到着した。こちらでも,私を日本人と認識する人から,今回の地震は大変だったですねとお見舞いの言葉を頂いている。今回の惨状は間違いなく世界にもショックを与えているし,こうした人たちの厚意には非常にありがたく思う。私の海外の友人や取引先からもお見舞いメールをもらえばもらうほど,そういう思いは強くなっている。

告白してしまえば,今回,私が被災地の皆さんのことに心を痛めるその原因は,自らも恐怖を感じ,自らも帰宅難民という経験をしたからではないかと思う。他人事ではありえなかったのである。私は,今回の被災をこれからも自分のこととして,一人称で捉えていかなければならないと思うのだ。そうした意味では,今回の地震によって,私の中で何かが変わった(あるいは価値観に変化が生じた)と言っても過言ではないかもしれない。

そうした思いもあり,このような状況下において,くだらないつぶやきを垂れ流すTwitterアカウントについては,そのあまりの無神経さにフォローをやめた。Twitterが被災者の数少ない情報源となっている中で,その無神経さは私の我慢の限界を越えていた。ましてや被災者がそのようなアカウントをフォローしていたらどう思っただろうかと考えるだけで腹立たしかったのである。無神経なのはそうしたTwitterユーザだけでなく(デマを流す輩,それをRTする輩は論外である),マス・メディアも同様の部分がある。被災者の神経を逆撫でにするようなインタビューは厳に慎むべきであり,やたらにセンセーショナルな報道の仕方もやめてもらいたいものである。

我々にできることは限られているかもしれないが,小さな努力や支援の積み重ねが,早期の復興につながるのであれば,多少の不便には目をつぶるべきである。輪番停電,大いに結構。家庭内でもできるだけ節電するのは当然。あとは一番効果的なのは義援金であるから,ちゃんとした機関を通じて,被災地の支援に当ててもらうようにしたいと思う。

Lady Gagaなんて,オール・ドネーションのブレスレットを即座に発売して,寄付を募っている。寄付大国の人はやることも早いが,こうした動きには敬服せざるをえない。誠にありがたいことであるが,日本の人気ミュージシャン,日本の大金持ちたちはどうなのか。そうしたことを一つ一つ考えてしまった私である。人はそれぞれだが,可能な限りの支援を提供していきたいと思うのは私だけではないはずである。

阪神淡路大震災の折には,オリックス・ブルーウェイブが「がんばろう神戸」というスローガンで多くの人に勇気を与えた。今回は東北楽天イーグルス,ベガルタ仙台,あるいはモンテディオ山形が同じ役割を担って欲しいものである。

いずれにしても,はるか赤道直下より,少しでも多くの生存者が見つかることを切に祈っている。また,今回,日本を離れる直前に大きな余震を成田空港でも感じたが,新たな被害が出ていないことを重ねて祈りたい。

« こんな時に限って… | トップページ | 外地にて怒りに震える夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/51111751

この記事へのトラックバック一覧です: 外地より...:

« こんな時に限って… | トップページ | 外地にて怒りに震える夜 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作