2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 加賀恭一郎シリーズの新作は... | トップページ | 出張中に見た映画(11/3編):その3 »

2011年3月25日 (金)

中年音楽狂 in 広州

こんな時期にもかかわらず,年度末にもかかわらず,またも海外出張である。今回も日本の被災地に思いを馳せながらの出張ではあるが,今回も前回の出張同様,成田空港で結構大きな地震に遭遇して,本当に大丈夫なのかと思いながら出掛けてきたというのが正直なところである。

それでもって,今回は初めての広州である。中国も南部になると,結構気温が高く過ごしやすい。それでも,本日は同地の平均気温よりはかなり低いらしく,肌寒いと言えばそういう感じにも思える。いずれにしても広州と言えば,広東である。広東と言えば「食は広東にあり」と言われるぐらいであるから,私としては辛い出張中の楽しみははっきり言って食だけだと言っても過言ではない。

Photo 到着して,私ははっきり言ってバテバテで,深い午睡に沈んでいたのだが,現地の駐在員からお誘いを頂き,食事をしに出掛けた。これまでも中国出張ではかなりおいしいものをいただいたと思うが,今回頂いた料理でびっくりしたのが海老である。このような食感の海老は食したことがない。柔らかい中にもプリプリ感を維持した火の通し具合はまさに完璧。それがココナッツ・カレー風味と相俟って,最高の味を生み出しているではないか。これは海老の鮮度がものを言っているのはもちろんだろうが,本当に信じられないような食感であった。この写真は今イチだが,まじでうまかったのだ。

広州にはあと一泊してすぐ帰国だが,明日は何を食するかという期待値が高まる夜であった。被災地の皆さんのことを考えると,このような記事をアップすることは不謹慎かもしれないが,必ずや被災地の皆さんにも近い将来,こうした地産地消の生活が取り戻され,素晴らしい海産物を楽しめる日が来るということを祈りたいと思う。

« 加賀恭一郎シリーズの新作は... | トップページ | 出張中に見た映画(11/3編):その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂 in 広州:

« 加賀恭一郎シリーズの新作は... | トップページ | 出張中に見た映画(11/3編):その3 »

Amazon検索

2018年おすすめ作