2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「ヒア アフター」の上映中止に思う。 | トップページ | 許されない愚かな政治家の発言 »

2011年3月21日 (月)

出張中に見た映画(11/03編)

Black_swan 「ブラック・スワン("Black Swan")」(’10,米,FOX)

監督:Darren Aronofsky

出演:Natalie Portman,Mila Kunis,Vincent Cassel,Barbara Hershey,Winona Ryder

もうそろそろ通常モードに戻ろうということで,先日の出張中に見た映画について書いてみたい。自粛していたTwitter連携も本日から復活させてしまおう。

先日の弾丸出張中の往路では3本映画を見た。どれも見たいと思っていた映画ばかりだったので,非常にこれはラッキーだった。その1本目が5月公開予定のこの映画である。この映画ではNatalie Portmanが見事にオスカーを受賞したわけだが,それも当然と言うべき激演である。

この映画を一言で言うならば,バレエの世界を舞台にした心理スリラーなのだが,これが実はよくわからない部分もある。ある意味では,狂気に取り憑かれていく女性ということになるが,この狂気という部分を見て思い出したのがFrançois Truffaut監督の「アデルの恋の物語」におけるIsabelle Adjaniによるタイトル・ロールである。この映画が描いているのは,こうした狂気,あるいは心理の深い部分なので,見ていて心地よいものでは決してない。何が彼女をここまで駆り立てるのかということも,私のような凡人にはついていけない部分もあるから,映画としての評価は難しい。

しかし,そうしたことは抜きにして,ここでのNatalie Portmanはまじで怖い。ホワイト・スワンを演じる可憐なNatlalie Portmanと,ブラック・スワン化したときのNatalie Portmanは全くの別人格のように演じている。しかも,ダンス・シーンもかなり自分で演じているようであるが,もともとバレエを習っていたのかはわからないが,これまた見事なものである。こうしたところも評価されてのオスカーであったと思うが,これなら文句を言う人はいまいという演技である。こんな演技をしてしまうと次はどうするのかと思わず余計なお世話をしたくなってしまった私である。それにしても,ポスターを見るだけでも怖い。

それにしても,この映画には懐かしやBarbara Hersheyや,万引き事件でキャリアに傷をつけてしまったWinona Ryderが出演しているが,彼女たちも相当怖い演技っぷりであり,世の中の男性の女性恐怖症を増幅させるような映画だと言いたくなってしまった。

いずれにしても,この映画はよく出来た心理スリラーではあるが,また見たいと思いたくなる映画ではない。出演者,演出,脚本は評価するが,私の好みではないということで,ちょっと点も辛くなり,星★★★☆。

« 「ヒア アフター」の上映中止に思う。 | トップページ | 許されない愚かな政治家の発言 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(11/03編):

« 「ヒア アフター」の上映中止に思う。 | トップページ | 許されない愚かな政治家の発言 »

Amazon検索

2018年おすすめ作