2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« さすがに限界を越えたか?中年音楽狂、発熱す。 | トップページ | 中年音楽狂が一肌脱ぐシリーズ(第7回) »

2011年2月 7日 (月)

買って,売って,また買って(アホや~)

Mick_taylor"Stranger in This Town" Mick Taylor (Maze)

何とか体調も持ち直した。週末で風邪を治してしまうのが我ながらサラリーマン!って感じである(笑)。

このアルバム,以前も保有していたことがある。私の記憶に間違いがなければ,在米中の90~91年頃に買ったもののはずだが,このアルバムの冒頭のタイトル・トラックを現地でもカッコいい~なんて言いながら聞いていた(はずである,とかなり怪しい)。

近年の私が購入したCDは決して売却しないというポリシーを貫いてきたのは,売るはずのないCDを誤って売却してしまって,激しく後悔したからなのだが,このアルバムが実はその契機になった一枚なのだ。私が最後にCDを処分したのは随分前の話になってしまうのだが,その後,このアルバムのタイトル・トラックを聞こうと思って捜しても,ない,どこにもない。そして,ようやく売ってしまったのだと気がついたのである。その後,何とか買い戻そうと思ったのだが,これが結構高くて,そこまでの投資はできないと思っていたから,中古盤屋に行く時は,必ずMick Taylorのコーナー,Stonesのコーナー,あるいは新着中古盤を漁っていたものである。

過日,某ショップの新着コーナーでこのアルバムを見つけたときは,「苦節何年」なんて表現が思わず頭をよぎってしまったが,本当に久しぶりにこのジャケを発見して,「おぉっ!」となったことは言うまでもない。しかも945円だし。思わず,「うしし」となったわけだが,間違って売却してなければ,こんな苦労もなかったものをと考えると「アホや~」という気分にもなってしまった私である。

そこで,このアルバムを久々に聞いてどう思ったか。タイトル・トラックのカッコよさは相変わらずである。そして基本的にはブルーズを基調とした演奏が数多く収められていて,かなりいけている。まぁMick Taylor自身のヴォーカルについてはご愛嬌のレベルではあるが,あくまでもMick Taylorはギターを聞いていればいいのである。バックにはMax Middleton,Wilbur BascombというJeff Beckの"Wired"でのコンビも参加していて,最初に私がこのアルバムを買ったのもそれが大きな理由だったはずだが,あくまでも主役はTaylorだと思って聞く必要はあると思う。

本作は89年のスウェーデン録音を中心に,ドイツ,フィラデルフィアの音源が収められているが,最後の曲のフィラデルフィアはほとんどオーディエンス録音のブートレッグという趣の音で,これを入れる必然性があったのかなぁとも思えるのだが,ブルージーっていうのはこういうのを言うんだよねぇと考えれば,これもまたよしである。ということで,久々にこの音を聞いて,本当に懐かしさが溢れてきてしまった私である。そうした感慨も含めて星★★★★。だが歴史的名盤とかそういうのでは決してないので,念のため。あくまでも個人的感慨が結構強く反映された星なのだ。

Recorded Live in Sweden, Germany, and Philadelphia in 1989

Personnel: Mick Taylor(g, vo), Max Middleton(key), Wilbur Bascomb(b), Eric Parker(ds), Joel Diamond(key), Shane Fontayne(g), Blondie Chaplin(g)

« さすがに限界を越えたか?中年音楽狂、発熱す。 | トップページ | 中年音楽狂が一肌脱ぐシリーズ(第7回) »

ロック」カテゴリの記事

コメント

この気持ちすごくわかります。
以前ご老人の施設にお見舞いに行った時、六畳ほどの部屋にベッドと身の回りの品だけの生活用品を見て、心の深い部分で泣きそうになりました。
楽譜、本、CD、レコード、カセット、ビデオ、洋服、手紙、年賀状、全く使用していないものでも、捨てられないものがたくさんあります。人生最後の荷物の量を考えると、少しずつ整理しておかないと、と思いながら、旅先での置物の土産品、絵画、写真も部屋にあり、新しい物を増やさない努力をしていますが、鍵盤楽器も二台あるので、場所を取ります。ガーデニングも好きなので、花のプランターも数々、以前、引っ越しの際、友人に花を半分もらってもらいましたが、ミモザの木が二階にまで達しているよ、と聞いた時、引き取り育ててくれた友人に感謝すると共に、ミモザに、うるうるしてしまった私です。
手放す、って辛い!上原晃投手と、渡辺久信投手の写真集も、やはり保存です。

ひまわりさん,こんばんは。返信が遅くなりました。

私も相当モノは捨てられないたちですが,本はほとんど処分してしまいました。最近は読んだ本はよほど好きな作家以外はもっぱら寄付しています。それでも,実家にはどうでもいいようなものがまだまだありますし,もうそろそろ処分を考えないといけないですね。映画のパンフとかは結構いい値段で買ってもらえるかもなぁ(とかすかに期待)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買って,売って,また買って(アホや~):

« さすがに限界を越えたか?中年音楽狂、発熱す。 | トップページ | 中年音楽狂が一肌脱ぐシリーズ(第7回) »

Amazon検索

2018年おすすめ作