2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« アナログはデジタルを越える,あるいは人間技がテクノロジーを越えるというお話 | トップページ | さすがに限界を越えたか?中年音楽狂、発熱す。 »

2011年2月 5日 (土)

全国うまいもの列伝(松山編)

Photoここのところ,飲み過ぎで音楽をまともに聞いていないということもあるのだが,ちょっと今日は気分を変えて,過日の出張時の話である。

最近,私は仕事の質が変わってしまって,以前ほど地方出張の機会に恵まれていないのは事実なのだが,それでもゼロになったわけではない。地方にお邪魔した際の楽しみは当然のことながら地場のうまいものである。

それでもって,今回は本当に久しぶりに愛媛県松山市にお邪魔する機会があったのだが,そこで食したのが「夢の家」さんの炙り〆サバである。当日仕入れた生サバを〆るのだから,それだけでもうまいのは必定だが,食する前に皮の部分をバーナーで炙るというのは初めての食べ方であった。しかし,これがまじでうまかった。〆サバは当たり外れの多い料理だと思うが,ここの〆サバは酢の利き加減,塩の利き加減ともに絶妙であるだけでなく,この炙りが更に利いているのである。ある意味生臭さゼロ,しかも食するときは辛子だけでOKというのがいいねぇ。本来の〆サバの味を堪能できる食べ方である。

はっきり言ってしまえば,私の人生を振り返ってみても,こんなうまい〆サバは食したことがないと言いたいぐらいの逸品である。しかも,このお店,従業員の皆さんのホスピタリティが素晴らしい。オーナーの教育が行き届いているねぇと思ってしまったが,こんな逸品を食し,更にはこんなサービスを受けてしまえば,松山にお邪魔した際にはまた行くぞとリピーター化するのが当たり前だと言いたくなってしまった。

いずれにしても,ほとんどのお客さんがこの炙り〆サバを注文していたのもむべなるかなと言わざるをえない一品である。素晴らしい。出張は結構辛いこともあるが,こういうことがあるからモチベーションの維持ができるのである。

夢の家の皆さん,ごちそうさまでした。

« アナログはデジタルを越える,あるいは人間技がテクノロジーを越えるというお話 | トップページ | さすがに限界を越えたか?中年音楽狂、発熱す。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
おいしそうですね〜

焼きサバ寿司なら食べたことあります。
でも この新鮮なサバをバーナーで炙って いただくとは。
おいしそうです。
四国は 徳島 高知しか行ったことないのですが その土地の おいしいものを食べるって いいですよね。
お仕事で 出掛けるなら なおさら お酒を呑みながら…
いいですね。

マーリンさん,こんにちは。これはまじでおいしかったですねぇ。そもそもサバは足が速いので,おいしい生サバってのは東京では基本的に無理ですからねぇ。こういうのは地方ならではって気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国うまいもの列伝(松山編):

« アナログはデジタルを越える,あるいは人間技がテクノロジーを越えるというお話 | トップページ | さすがに限界を越えたか?中年音楽狂、発熱す。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作