最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Colin Vallon:期待通りのECMらしさと言うべきか | トップページ | あなどれないBen Affleckの監督としての才能 »

2011年2月12日 (土)

アクシデントが生んだMiles "Lost Quartet"

Bitches_brew_live"Bitches Brew Live" Miles Davis(Columbia Legacy)

このタイトルにこのジャケットである。しかも後半は「ワイト島」の演奏であるから,私はこのアルバムのことをてっきりブートまがいの商品だと思っていたのであるが,よくよく見たらColumbia Legacyからの正規品ではないか。しかも冒頭の3曲はなぜかWayne Shorter抜きのクァルテットである。それも"Lost Quartet"ということでは聞きたいと思うのが当然である。ということで,早速ゲットし,その演奏をテナーの聖地,新橋Bar D2で大音量でプレイバックしてもらった。

この演奏を聞いて,やりゃできんじゃん,Legacyと思わずつぶやきたくなるぐらいの非常に面白い演奏であった。この演奏がそもそもブートでも発掘されていたかどうかわからないのだが,冒頭の3曲はMilesバンドが1969年のニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演したときの模様である。その際,Wayne Shorterが渋滞に巻き込まれて遅刻した結果,Lost Quintetが急遽Lost Quartetとなったというのがそもそも非常に珍しい上に貴重である。演奏時間が24分強しかないというのがちょっと惜しいが,それがこの演奏の価値を下げるものではないことは明らかだ。

所謂Lost Quintetはその素晴らしい演奏の数々にもかかわらず,スタジオ録音を残していないためその名がついているわけだが,ブート音源では結構彼らの演奏は聞くことができるし,ライブ盤も正規で発売されたことがあるものの,やはり多くの一般的なリスナーにとってはあまり触れることが多くはないバンドだったと言える。しかし,私にとっては歴代Milesバンドにおいても最も興奮度が高い演奏をするのはまさにこのLost Quintetであったように思える。

そんなメンツからWayne Shorterが不在になるとどういうことになるのか。Miles,吹きまくりの巻である。先日,たまたまYouTubeで見た晩年の最後の来日時における"Strawberry Fields Forever"の体たらくな演奏をしている同じ人間とは全く思えない吹きっぷりである。凄いトランペット奏者としてのMilesの姿を見事に捉えた演奏ではないかと思う。当時のLost Quintetの演奏に比べれば,フリー度は控えめで,ポップ感さえ漂うような演奏とも言えるが,それでも,鍵盤を叩きつけるChick Coreaの演奏なんて,山下洋輔のようだと言っても過言ではない激しさである。

はっきり言ってこの演奏でも私は燃えてしまったわけであるが,やはりこの当時のMilesバンドの勢いは尋常ではない。あっという間の24分である。もちろん,これが彼らの最高作とは思わないが,やはりどうしてもファンは買わなければならないし,聞かなければならない演奏だと思う。星★★★★☆。

尚,下記のデータは冒頭3曲のみのものであり,ワイト島の演奏は割愛する。

Recorded Live at the Newport Jazz Festival on July 5, 1969

Personnel: Miles Davis(tp), Chick Corea(el-p), Dave Holland(b), Jack DeJohnette(ds)

« Colin Vallon:期待通りのECMらしさと言うべきか | トップページ | あなどれないBen Affleckの監督としての才能 »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

前半3曲分のことしか書かない潔さが素晴らしい!!
が、それで良いというくらいに前半の演奏に注視したいアルバムだと私も思いました。

久々にこの頃のMiles Davis聴きましたが、燃えました(笑)

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さん,こんばんは。TBありがとうございます。このアルバムの貴重さはやはり前半3曲につきます。もちろん,ワイト島の演奏はそれなりに素晴らしいですが,Lost Quartetという稀少度も含めれば,そう判断せざるをえません。私はWayneも好きですが,よくぞ渋滞で遅れてくれたなんて思ってしまうのは不謹慎ですかね(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50836981

この記事へのトラックバック一覧です: アクシデントが生んだMiles "Lost Quartet":

» Miles Davis Bitches Brew Live [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Miles Davisの1969年の演奏3曲と、1970年の演奏6曲をカップリングしたアルバムです。 タイトルは1969年の演奏のほうを重要視していることを物語っています。 この1969年のメンツは、通称ロストクインテットと言われていて、ちょっと前は   1969 Miles (http://www.hmv.co.jp/product/detail/20749)、   Double Image (http://www.hmv.co.jp/product/detail/150583) ..... [続きを読む]

« Colin Vallon:期待通りのECMらしさと言うべきか | トップページ | あなどれないBen Affleckの監督としての才能 »

Amazon検索

2017年おすすめ作