2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 何とも不思議な映像感覚を持つ「トロン: レガシー」 | トップページ | どうしてここまで渋いのか:Gregg Allmanの新作 »

2011年2月21日 (月)

ECMファン注目のブート現る

Jan_garbarek_1978001"Hamburg 1978" Jan Garbarek Group(Megadisk)

いつも書いていることだが,私はこのブログで声高にブートを推奨したいとは思っていない。しかし,無茶苦茶演奏が凄いとか,メンツがメンツだけにとかいうものについては皆さんに情報をシェアしておいてもよかろうということで,例外もあるわけだ。今回もそんな例外に当てはまると言いたいブートが現れたのでご紹介しよう。

主役のGarbarekはさておき,何と言っても私にとっての今回のキモはRalph Townerであるが,そこにJohn Abercrombieまで参加のツイン・ギター,更にはNana Vasconcelosとのクァルテットというメンツを見て,「おぉっ!」となるECMファンは多いはずである。曲も"Dis"からだとか,"Solstice"からとかもやっているとなれば,更に「おぉっ!!」となること必定である。このメンツであれば,演奏が聞きたいと思うのは当たり前であるが,このブート,ソースはFM放送用音源らしく,音もかなりよい。

Jan_garbarek_boot ブートだけに敢えて星を付けることはしないが,やはりこれは好き者にはたまらないブツだと言えるのだ。いやいや参りました。ということで,またも無駄遣いをしてしまったが,これならまぁ納得である。ちなみに,同じ音源で別のジャケのブートもあるようだが,センス的には下の方がいいような気もするなぁ。収録曲に合わせて"Waterwheel"の写真を使うところは,ちょっとベタ過ぎるが(笑)。

Recorded Live in Hamburg on April 11, 1978

Personnel: Jan Garbarek(ts, ss, fl), Ralph Towner(g), John Abercrombie(g), Nana Vasconcelos(perc)

« 何とも不思議な映像感覚を持つ「トロン: レガシー」 | トップページ | どうしてここまで渋いのか:Gregg Allmanの新作 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

欲しい。

すずっくさん,こんばんは。ですよねぇ~(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50923926

この記事へのトラックバック一覧です: ECMファン注目のブート現る:

« 何とも不思議な映像感覚を持つ「トロン: レガシー」 | トップページ | どうしてここまで渋いのか:Gregg Allmanの新作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作