2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 旅の途中で見た映画(3) | トップページ | やっぱり強烈だった"The Sun" »

2011年1月16日 (日)

今年はまだ新譜を買っていない

2011年はスタートしたばかりであるから,まぁそういうこともあるだろうとは思いつつ,今年は今のところ,新作の購入がゼロ(例外はEddie Jobsonだけ)である。だって,今のところ,大した作品は出ていないし...(気がついていないだけ?)。だからと言って,CDを買っていないわけではなく,旧譜やら中古はそれなりに買っているから,ペースが減速しているわけでは決してない。結局変わっていないではないか(爆)。

記事は追ってアップしたいが,最近,買ったのはJoe Farrellの"Outback"と"Moon Germs",Circleの"Paris Concert",Jeff Lorber Fusionの"Galaxian",Phil Woodsの"Alive and Well in Paris"にTom RushやらThe Bird and the Bee等であるが,お分かり頂ける通り,相変わらずの無節操ぶりである。これに加えて,今年になって記事にしたLevon HelmもDave Grusinも買っているから,やっぱり買い過ぎ?はっきり言ってしまえば病気なのである(開き直り)。

そんな私の今年の新譜初購入候補はGergiev/ロンドン響の「マーラー5番」か,Paolo Fresu
/ A Filetta Corsican Voices / Daniele de Bonaventuraという不思議な組合せによるECM作品だろうか。前者ではグワ~っとやってもらい,後者ではしみじみって感じになるのかなぁなんて予想している私だが,結果やいかに。いずれにしても,FresuはEicherのお気に入り化したってことかもしれないが,それも何だか納得できてしまう私である。

ちなみにECMから出るスイスのピアノ・トリオらしいColin Vallonも気になるねぇ。こんなことでは今年の購入枚数が減るわけない(苦笑)。

« 旅の途中で見た映画(3) | トップページ | やっぱり強烈だった"The Sun" »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はまだ新譜を買っていない:

« 旅の途中で見た映画(3) | トップページ | やっぱり強烈だった"The Sun" »

Amazon検索

2018年おすすめ作