最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 往時のジャズ喫茶でよく聞いたBob Berg | トップページ | よく勝った,日本! »

2011年1月21日 (金)

今年最初の新譜は予想と違うものだった:でもまだ聞いてない(爆)。

先日,今年はまだ新譜を買っていないなんていいながら,中古やら旧譜やらを結構買っていると書いたのだが,今年初の新譜を2枚仕入れたので,まずはその情報だけご紹介しておきたい。残念ながら,まだ聞く時間が取れずに聞いていないので,記事は追ってアップすることとしたい。

Hersch_everybodys_song1枚目はFred Herschが何とVenusレーベルに吹き込んだ"Everybody's Song But My Own"である。私はVenusのエロ・ジャケが嫌いなので,どうなることかと思っていたが,今回は足だけだけだからまぁいいかって感じである。メンバーは昨年の秀作"Whirl"と全く同じトリオである。プロダクションの方針によってどうなるのか若干不安はある(だってVenusだもんなぁ,と毛嫌いする私)が,これはHerschだけに期待したいと思う。Venusと言えども,Enrico Ravaのような例外もあるわけで,本作もそうした例外的なものになると信じたい。ついでに紹介しておくと,2月にはHerschのVillage Vanguardにおけるソロ・ライブがPalmettoレーベルから発売されるようである。実は私の期待はこちらの方に極大的に高くなっていると言っても過言ではない。

Liiebman_tuscia001もう1枚はまたもDave Liebmanである。今回はLiebmanがイタリア人トリオ(1曲ではベースがもう1本追加)をバックに演奏した"Tuscia in Jazz -Live"である。Liebmanは本当に多作だが,今回の作品は"On Green Dolphin Street"やら,"All Blues"やら,"India"やらと,好き者の食指をそそる曲をやっているので,こちらも期待してしまおう。それにしても雰囲気のあるジャケ写真だよねぇ。パリでのライブを思い出しちゃうなぁ(と言っても,あの時はソプラノしか吹かなかったが)。Liebmanと言えば,QUESTの新作ライブも昨年から仕入れてあるのだが,何回聞いても,あれって敷居が高い感じがしてしまって,まだ記事にできていない。あれもいつかは記事にせねば。

ということで,こんなことをやっているから,CDの積んどく状態が慢性化するのだが,まぁいつものことだから仕方がない(爆)。ちなみに,以前紹介したBrad Mehldauの新譜は延期,延期で,結局は今のところは2月後半のリリースになるみたいである。今の積んどく状態を考えると,丁度良かったかもしれない。

« 往時のジャズ喫茶でよく聞いたBob Berg | トップページ | よく勝った,日本! »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

音楽狂様
こんばんは。herschの新譜はまーだ届かないのですが(怒)、venusのサイトでの試聴で若干嫌な予感がしてしまってます。が、早とちりはいけない。なんにしてもちゃんと聴いてアップしたいです。
ヴァンガードのソロは嬉しいですね。というかヴァンガードでソロって凄いですよね。あとAmazonにアップされているジャケが本物なら活字が全く入ってなくてアンダーカレント並みに素敵ですが、あれは仮かな。テンションあがっていろいろ詮索しちゃいます。mehldauは遅れに遅れてちとイラつきますがこのあたりの新譜ラッシュは嬉しいことこの上ないですね。

ki-maさん,おはようございます。嫌な予感,よくわかります。私も一聴しただけで,猛烈な違和感に襲われています。追って記事にしますが,これはおそらくミキシングというか,音のバランスのせいではないかと思います。

ちょっとこれは...って感覚が正直なところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50641281

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の新譜は予想と違うものだった:でもまだ聞いてない(爆)。:

« 往時のジャズ喫茶でよく聞いたBob Berg | トップページ | よく勝った,日本! »

Amazon検索

2017年おすすめ作