2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« "The Indian Hard Fusion"って感じだなぁ。 | トップページ | Dave Grusin,70年代の傑作:久々に聞いてもこれは最高だった。 »

2011年1月10日 (月)

アメリカン・ロック・ファン落涙必至:懐かしの凄いメンツの真のオールスターズ

Levon_helm "Levon Helm & the RCO All Stars"(MCA)

下記に示したメンツを見たら,アメリカン・ロック好きは絶句するのではないかと思わせるメンバーが揃った傑作である。

The Bandが1976年11月25日の"The Last Waltz"でその活動に一旦終止符を打った後,The BandのメンバーであるLevon HelmやRick Dankoが逸早くソロ・アルバムをリリースしたが,これはそのLevon Helmの1977年の初リーダー作である。これはそのLevonの人徳というべきなのかよくわからんが,よくぞこれだけのミュージシャンが集まったというぐらい,このメンツはやはり強烈である。しかもゲスト扱いはRobbie RobertsonとGarth Hudsonだけで,ほかのメンツはあくまでも「バンド」として演奏しているのだ。今更,私がどうのこうの言う必要のないメンバーが,一堂に会してアメリカン・ロックの良心,あるいはこれぞルーツ・ミュージックのような演奏を展開しているのだ。これはたまらん。

私はこのアルバムのLPを保有しているのだが,アルバムはスタジオのイメージを描いたインナー・スリーブがそのまま抜けるというちょっと変わったジャケットである。しかし,LPを聞く機会が激減し,iPodが音楽鑑賞生活の中心になってしまったので,そんなジャケにも触っていないし,ここでの演奏も久しく聞いていなかった。しかし,私は昔からこのアルバムが大好きで,やっぱり聞きたいなぁと思っていたところに中古盤をゲットしてきたものである。LPを持ってるんだからよしゃいいのにって話もあるが,見つけた時が買い時という中古盤の原則に従っただけのことだが,家人からすればやはり「アホ」であろう。

それでもって,久しぶりに聞いたわけだが,やはりオジさんにはしみる音楽であった。これこそ所謂Woodstockの音だと言い切ってしまっていいと思うが,このレイド・バック具合とか,ここで聞けるサウンドそのものにはやはり抗いがたい魅力が何年経っても変わることがない。渋いと言えば渋い。こんな音楽を高校時代から聞いていた私は一体何者?と今にして思ってしまうが,やはりこの年になると,更にこの音楽のよさが本当の意味でわかってくると言ってもいいかもしれない。Paul Butterfieldがこれだけリラックスしたハーモニカを聞かせることって珍しいようにも思うし,それがLevonの声をバックアップしているということだけで感動してしまう私である。

ちなみに本作で私が最高だと思っているのは今も昔もLPならB面1曲目の"Milk Cow Boogie"だが,このノリの良さって素晴らしいよねぇと思うのは私だけではあるまい。タイトルを日本語にしたら「乳牛ブギ」ってなんじゃそりゃな世界だが,これぞアメリカン・ロックである。ほんまにええわぁ~。この曲だけでなく,私は全編に渡って本作には痺れっぱなしである。とにかく,私の中でのアメリカン・ロックのイメージを非常に強く印象付けた作品としてやはりこれは皆さんにも一度でいいから聞いてみて欲しいなぁという思いも込めて星★★★★★。邪道かもしれないが,The Bandのアルバムよりも個人的には好きかもしれないぐらいだ。このお気楽さ加減が絶妙なのだ。

このバンドが来日したというのは信じ難いが,来日時はBooker TやらDr. Johnがいない代わりにBobby Charlesがいたというのも凄い事実である。Woodstockのつながりは血よりも濃い?

いずれにしても,中古でもCDを買ってよかった~と音を聞きながらつくづく思ってしまった私である。

Personnel: Levon Helm(ds, vo), Booker T. Jones(key, perc), Mac Rebennack "Dr. John"(g, key, perc, vo), Paul Butterfield(hca, vo), Fred Carter, Jr.(g), Steve Cropper(g), Donald "Duck" Dunn(b), Robbie Robertson(g), Garth Hudson(accor), Howard Johnson(bs, tuba),
Tom Malone(tb), Lou Marini(sax), Alan Rubin(tp), Emmeretta Marks(vo), John Flamingo(vo), Jeannette Baker(vo), with Jesse Ehrlich, Louis Kievman, William Kurash, Sid Sharp(strings)

« "The Indian Hard Fusion"って感じだなぁ。 | トップページ | Dave Grusin,70年代の傑作:久々に聞いてもこれは最高だった。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50535292

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ロック・ファン落涙必至:懐かしの凄いメンツの真のオールスターズ:

« "The Indian Hard Fusion"って感じだなぁ。 | トップページ | Dave Grusin,70年代の傑作:久々に聞いてもこれは最高だった。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作