2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 無理だ,ムリだ,無理だ | トップページ | 今年はまだ新譜を買っていない »

2011年1月15日 (土)

旅の途中で見た映画(3)

Robin_hood「ロビン・フッド("Robin Hood")」('10,米/英,Universal)

監督:Ridley Scott

出演:Russell Crowe,Cate Blanchett,Max von Sydow,William Hurt,Mark Strong

Ridley ScottとRussell Croweと言えば,まずは「グラディエーター」が思い浮かぶが,またも歴史もので来た。私自身はRidley Scottは結構高く評価している方だと思うし,今でも「エイリアン」はなかなか怖くて見られないぐらいのショックを与えてくれた。Scottはその「エイリアン」の前日譚を準備中ということだからそちらも相当に楽しみではあるが,まずはこの作品である。

これまで何度も映画になっているこの人物について,比較的真っ当に描いた映画と言えるとは思うが,この映画を見ていて,イギリス人がフランス人が嫌いな理由がわかるような気がしてくると言っては不穏当か。いずれにしても,フランス人の描き方は結構嫌らしいものがあって,なかなか笑えてしまった。プラス,Russell Croweをいかにカッコよく見せるかってところに力点が置かれているのではないのかと皮肉も言いたくなるほどのカッコよさである。

まぁ,そんな映画だから,小難しいことを言っても仕方がないと思うし,それらしいコスチューム・プレイとして見ていれば,それなりに楽しめる作品ではあると思う。だけどねぇ...。Cate Blanchettって非常に美しい人だとは思うんだけど,このMarion Loxleyは人間的に強く描かれ過ぎて,どうなんだか。そこがBlanchettらしいと言えばその通りだが。私のようなオヤジにはIsabella役のLea Seydouxが妙に魅力的に見えてしまったと言っておこう。いずれにしても,Ridley Scottらしい感覚があまり感じられなかったのは残念。星★★★。

« 無理だ,ムリだ,無理だ | トップページ | 今年はまだ新譜を買っていない »

映画」カテゴリの記事

コメント

 音楽狂さま、遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。
Russell Croweの魅力は健在でしたね。
グラディエーターの、涙が止まらないラストとは少々異なりましたが、それなりに、楽しみました。
ロビン・フッドと言う伝説の人物を描くと、こうなるのかな?と解釈しました。
 王様は、あれだけお世話になったロビン・フッドに、なんて仕打ちかしら?
と、少々腹を立てながらも、ロビン・フッドが名声や富に関係なく自分のペースで暮らしているさまを見て、、、、幸せなのね、とホッとした私です。
 イギリスとフランスの関係、私も、興味深くみました。確かにあんなことされたら、後世まで覚えているかもしれません。ただ、あれだけ王に信頼され、そのままなら良い立場でいられたのに、フランスへの忠誠心を持ち続け裏切った家臣、、、、その人なりに大切なものがあるのね、、と思いました。

ひまわりさん,おはようございます。こちらこそよろしくお願いします。

私もこの映画,悪くないと思いつつ,ちょっとアプローチが真っ当過ぎたかなぁってのが気になりました。シナリオにもうひとひねりあってもよかったでしょうかね。それでもRussell Croweのカッコよさは見事なものでしたが...。

 そう!ひとひねり、それです。
ロビン・フッドの全てを語るには、映画一本で語ることに、限界があったのかも?
前編、後編くらいあると、ひとひねりも入れられましたね。
 でも、Russell Croweの魅力はしびれます。男性が観ても、そう思われるのですね。もう、本当に素敵、言葉で表現出来ないですわ。

ひまわりさん,やはりそう思われますか?

私は映画の上映時間はやたらに長くすべきではないという人間ですが,この映画はアクションを見せ場にするにしても,どこにフォーカスするとかをはっきりさせてもよかったかもしれません。

Russell Croweは男が見てもしびれます。「3時10分,決断のとき」も西部劇好きの私が見てもカッコよ過ぎました。ご覧になりました?

 3時10分決断のとき、、知らなかったです! 楽しみが増えました キャー。
DVD探します。
 今日は、これから雪の街に移動です。
昨日も、夕方は雪の街に移動で、エスキモーのような、いでたちでした。
この二日間、知人のコンサートです。
 Galaxian、私の好きなアルバムです。
このアルバムに会った頃は、毎日、モーッアルトを聴いていたのですが、何か動きが停まっていた熱いものを、思い出させてくれた恩人のようなアルバムです。
また、この裏ジャケット、、、し・び・れ・ます。昨日から、しびれっぱなしですね。ふぐは食べてません、、ウフッ
4人の表情が、いい仕事した!って風に見えるのは、私だけかしら?
 あと、私、星が好きなんです。
プラネタリウムみたいなのが写っていますよね。
少し前も、金星と月がきれいで、何度も見ていました。
記事を楽しみにしています!
では、今日もエスキモースタイルで行ってきます。
 

ひまわりさん,是非是非見て下さい。私は昔この映画について記事をアップしています。下記URLをご参照願います。

http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2008/02/0802_b260.html

"Galaxian"聞きましたよ。タイトル・トラックが最高ですねぇ。本当にJLFはバランスが取れたいい演奏をします。買い物しながら乗ってしまいました(爆)。

ちなみに,私も星好きです。家人からは似合わないと言われますが...。ロマンチシストで何が悪いと開き直っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の途中で見た映画(3):

« 無理だ,ムリだ,無理だ | トップページ | 今年はまだ新譜を買っていない »

Amazon検索

2018年おすすめ作