2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 私が今いるところ... | トップページ | 中年音楽狂の休日(その2) »

2010年12月25日 (土)

中年音楽狂の休日

Season's Greetings from Canada!!

今回の私の訪問先はカナダのWhistler/Blackcombである。今年のバンクーバー五輪において,スキー競技の主会場となったのはこの土地だが,私がここを訪れるのは16年ぶりのことである。その間に,街のつくりも様変わりし,私はその変貌ぶりに驚いてしまったのであるが,今回,何よりも驚いたのは,その混雑ぶりだろう。まぁ,こちらでは世の中がHoliday Season一色の中であるから,それも仕方がないのだが...。

昨今,日本ではスキー・ブームも去り,ボーダーは市民権を得ながら,昔ほど若い人がスキーやボードに情熱を傾けるという光景は見られなくなっているように感じられる。私たちが若い頃は(と,中年モードに突入である),少ない休みの合間に,比較的近場のスキー場に行くというのが当たり前のパターンであった。私のころは蔵王(あるいは頑張って行っても志賀が限界)が多かったが,世の中が便利になり過ぎたのか,社会生活が楽になり過ぎたのか,どうも悲壮感を漂わせてまで,こうした娯楽にひた走る人ってのは見つけにくくなったように思える。そんな時代だから,スキー場に閑古鳥が鳴いているなんて記事を見つけると,私のような年代の人間はへぇ~っと思ってしまうのだが,スキー場そのものの経営努力がなければ,そういう結果も当然なのかもしれない。それに比べれば,この地の変貌ぶり(即ち経営努力)は尋常ではないのだ。ということで,16年前とは全く違う風景を見たような気がすると改めて報告しておこう。これも五輪の成果なのかもしれないが,以前にも増して素晴らしいリゾートになったものである。

その一方で,日本のスキー場の凋落を見ると,私はどんどん没個性化するだけの「就活生」諸君に見受けられるネガティブな一面と同じようなものを感じるのだが,そうしたことをまったく感じさせない魅力が,この場所にはあると言えるだろう。スキー場の従業員の対応もいいしねぇ。

天候があまりよくないため,頂上付近はクローズしているにもかかわらず,とにかく広いというのが今日一日滑った感触だが,これで天気がよければもっと楽しめるのになぁと贅沢なことも感じてしまった。とにかくずっと雪が降っている状態なのだ。視界が悪いのはちょっと辛いが,まぁ仕方あるまい。

いずれにしても,せっかくの休みだから,十分に満喫をして帰りたいと思う。体がついていけるかには大いに不安はあるが...。

« 私が今いるところ... | トップページ | 中年音楽狂の休日(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!やっぱりカナダでしたね!
北海道はさらに昨夜からかなり雪降りました!
本当のホワイトクリスマスです!
スキーの件は、昔はスキーキャリアを付けたタクシーが冬結構札幌市内を走っておりましたが、今はほとんど見なくなりました!スキーツアーで来る人も少ないようです
ではクリスマス休暇をお楽しみください!
メリークリスマス!!

takeotさん,こんにちは。まとめてコメント・バックさせて頂きます。

カナダの件,全くのご明察でした。写真には確かに雪は写っていましたし,そこからご想像されたものと思われますが,私が隠していたのがばかばかしくなってしまいました(笑)。

日本のスキー人口は減少しているんでしょうが,こちらでも日本人はたまに見かけるとしても,数は少ないですね。まぁ,こんな時期に休んでいる人が少ないってことですか(爆)。むしろ,今回,お隣,韓国の方が目立つようにも思えます。

しかし,スキーヤーの数は凄く多いですねぇ。こちらでは明日がクリスマスになりますが,その日はさすがにのんびりする人が多いらしく,ゲレンデは比較的すくらしいですが,どうなりますやら。それより天候がいまいちなんですよねぇ。こればかりはどうしようもないですが。

 カナダスキーいいですねー!
今なら、Eumir DeodatoのDouble faceをバックに滑ったら、気持ち良さそう。
 私は蔵王と聞くと、坊平のモンスターが浮かびます。
その林を抜けるスキーは、おとぎ話の世界にいるようでした。
蔵王は38度の斜面もありましたよね?
足がすくんで回避コースで下りて来たら、体育会系軍団について行った友達が、泣きながら、怖かったーと、スキー靴の中まで雪だらけにして下りてきて、救護したこともあります。
 私は、初心者の頃、八方尾根で、上級者コースに行ってしまい、放送で、白馬の山に夕陽がせまっています、と最終リフトのアナウンスが流れ、ゲ!っと、焦った口なので、ゲレンデは、常にコースや、バーンをチェックでしたが、当時は、音楽をバックに滑るのが楽しみの一つで、Bee GeesのMore than a womanがゲレンデで流れて、懐かしーい曲!なんて思いながらも、意外なほどにスキーと合い、ガンガン飛ばして滑っていた頃を思い出します。
ユーミンもよく流れていましたし、冬スキーは特別な気持ちになりました。
 最近は、温泉を兼ねてのスキーが主で、リース作りに使える木の実を拾おうかな?なんて感じですが、ボランティアで関わっている小学生が、スキーに行って来ます、なんて言うと、すごい!スキーを大切にしてくれてる、と、ご父兄とも話が盛り上がってしまいます。

ひまわりさん,こんばんは。場所はいいんですけどねぇ,悪天候が続いていて,満喫するまではまだいっていません。

ゲレンデの音楽については,明日の記事でまた書かせて頂きますが,日本とはかなり事情は違うと思いました。彼らにとってはスキー/ボードはあくまでもスポーツ/アウトドアであり,おしゃれな感覚はないでしょうというのが正直な感想です。

私も今回の体たらくで,スキー引退かなんて考えましたが,重力に逆らわず降りていくだけですから,スピードを求めなければ,年を取ってもできるんだろうと思います。心配は体力,気力だけですね。幸い私の娘はスキーが相当好きみたいですから,彼女が同居している間ぐらいは私もちゃんと通いたいと思います。

Toshiyaさん、え~、今、カナダにいらっしゃるんですか!現地リポートを楽しみにしています♪

昨日は、イブで、朝から大雪で雪掻きで大忙しでしたが、プレゼント交換をしたり、クリスマス料理を自宅で美味しき頂きました。今日、明日が正式な祝日ですが、土日にかかっているので、振り替え休日制のなおドイツでは、損をした気分になります(笑)。

日本ではスキー、人気がないのですね。。兄夫婦家族はスポーツ一家で、毎年、群馬辺りのゲレンデ(実はドイツ語!)に出かけているようです。私の生徒さんの何人かも、オーストリアだ、イタリアだ、と毎年恒例イベントで、スキーへ出かけているようで、スキーファンは、多いんだなと思っていました。

今日は、義理父のクリスマスの挨拶に出かける予定でいますが、この大雪で、車が走るかどうか。。

カナダでの休暇を、是非、お楽しみ下さい。くれぐれもケガをされませんよう、御気をつけて。。

Laieさん,おはようございます。

私が欧州に出張していた時も,大寒波でしたが,今度は大雪ですか。こちらも昨日は大雪で,スキーにはあまりいいコンディションではありませんでした。

例えば欧州でも,スキーは伝統的にスポーツあるいは必要な日常機能として根付いているのではないかと思いますが,日本はそういう文化が希薄だったのかなぁって気がします。少なくとも,バブル期ってファッション化してましたしね。

いずれにしても,本日,こちらはChristmas Dayなので,多少は人が少ないことを期待したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂の休日:

« 私が今いるところ... | トップページ | 中年音楽狂の休日(その2) »

Amazon検索

2018年おすすめ作