最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂の休日 in France | トップページ | 出張中に見た映画(10/12編)その3 »

2010年12月 8日 (水)

【速報】Dave Liebmanをパリで聞いた!

Liebman_groupかねてからこのブログでも予告していた通り,今回の出張中に,パリでDave Liebman Groupの演奏が見られる可能性があった。仕事の関係で本当に行けるかどうかは怪しいと思っていたのだが,初志貫徹。Lombards通りにあるSunsideクラブに出掛けて,ちゃんとLiebman Groupを見てきた。

今回は,同クラブ10周年記念のイベントの一環ということだったらしいのだが,キャパは100~120人ぐらいの小さな箱(しかも椅子が異常にきつきつ)なのにまずびっくり。思わず「アケタの店」かっ!とひとりごちた私であるが,そんなところでLiebmanを聞けること自体が幸せと言わずして何と言うべきかって感じである。演奏もコンテンポラリーな感覚とフリーな感覚,そしてコンベンションナルな感覚も持ち合わせた素晴らしい演奏であった。私の前にはでっかいおっさんが座っていたので,Liebmanの姿を眺めるにも苦労したのは事実だが,音楽だけ聴いていても十分に元は取ったと言える演奏であった。とにかくレベルが高いバンドである。

今回演奏を聞いたLombards通りの界隈の姿を含めて,詳細については帰国後に改めてご報告ということとしたいが,今回は「ちゃんと行きましたぜっ」という証拠写真として,日本から持参した"Turnaround"にリーダー含めた4人のサインをもらったジャケの写真をアップしておく。あと数日パリに滞在していれば,同クラブにPaolo Fresuのクインテットも来たのになぁってのは残念だが,それは言いっこなし。今回,Liebmanを見られただけでもよしとしなければなるまい。本当に最高の演奏であった。Liebmanは生に限るとつくづく思ってしまったが,あまりにいい演奏だったので,ドラマーのMarkoに「どうして日本に来ないんだ?」と聞いたら,"Good Question!"と言われてしまった。こういうバンドを呼ぼうという心あるプロモーターはおらんのか!!と毒づきたくなるわ。

しかし,客席が99%フランス人,日本人は多分私だけ(かつ英語をしゃべる客も私の後ろに二人いただけ)という完全アウェイ・モードってのもすごく珍しいことではないかと思う。客席の前列で頭を垂れていた日本人っぽいおっさんがいたことはいたが,パリでジャズを聞こうなんて日本人はやはり少数派ってことなんだろう。それに比べれば,Mont Saint-Michelなんて,完全ホーム・ゲームではないか(笑)。

それでもこんな狭い場所で,Liebmanが聞けて,かつ,あのEric Harlandのライブ盤が吹き込まれたってことに,ジェラシーさえ感じてしまった私はやっぱりオタクかなぁなんて思いつつ,パリのジャズ事情,あなどるべからずと思った私であった。まじで,この場所であのHarlandの演奏を聞いたら悶絶したに違いない。もちろん,Liebmanを聞いて私が悶絶したことは言うまでもないが(爆)。

大いに自慢したくなるような夜である。ありがとう,Liebman!!

« 中年音楽狂の休日 in France | トップページ | 出張中に見た映画(10/12編)その3 »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、今晩は。

演奏会へ行けることが出来て良かったですね!日本でリープマン氏は中々見れないと前におっしゃっていたので、今回の出張中の御忙しい中、本当にラッキーだったと思います。

座席ですが、本当に、目の前に縦も横もデカイ人が座ると、四六時中、体を左右に動かしていないといけないですよね(笑)。それから、椅子のギチギチした感じで思い出しましたが、パリ市内のカフェやレストランなども、かなり狭いし、自分達が泊まったホテルも、信じられないくらい狭かったので、ジャズハウスの狭さも何となく分かるような気がします。

4人分のサイン、凄いですね!好きなアーチストなら、本当に宝物になりますね♪ 私達がリープマン氏を見たときは、5メートルくらい離れた真正面で、演奏中、何だか吸い込まれそうな感覚がありました。(でも、怖そうでした。。苦笑)

現地時間なので、日本のジャズファンの方よりも、いち早いコメントをさせて頂きました♪

あっ、ジャズハウスに来ている方達は、みんな、ビデオ、録音機、カメラ撮影していなかったでしょうか。。

明日は、もうお帰りですね。。。どうぞ、くれぐれもお気をつけてお帰り下さい。飛行機が、予定通り無事に飛ぶことを祈っています。

 とても良い時間を持たれたことが、すごく伝わってきます。
感動をわけていただけて、うれしいです。

こんにちは

海外でライブ素敵ですね♪
わたしも 里帰り中 六本木で外山さんのライブを楽しみましたよ♪

そして
はじめて ディスクユニオンに行って
CD買っちゃいました。
紹介してくださった
J.J.ジョンソンも買いました。これから聴くの楽しみです♪


また 脱皮コ-ナ- 楽しみにしてます。

よかったですね~。
帰国後の写真を含めたご報告記事、楽しみにしてます。sunside の地下にもsunset という姉妹店ありましたでしょ。そちらは行かなかったですよね。そんな時間ないですものね。
昨日はリーブマンのビッグバンド聴きました。リーブマンの演奏は良かったけど、ビッグバンドの質は平凡かなって思っちゃいましたが。もう少し聴きこもうと思ってます。
では、お仕事、頑張ってください。

皆さん、おはようございます。ようやく帰国しましたが、ヘロヘロです。追って改めてコメント・バックさせて頂きます。

結局、帰路もパリでは雪のため、飛行機が結構遅れました。デアイシングって久しぶりに経験しました。

Laieさん,こんばんは。無事帰国しました。

おっしゃる通り,どうしてあんな狭いスペースしか与えないのか不思議でした。フランス人にもでかい人いますしねぇ...(苦笑)。

そして,いました,いました。写真撮りまくりのおばさま。一体,写真を撮りに来ているのか,音楽を聞きに来ているのかわからないような感じでした。ピアニシモの瞬間にデジカメのシャッター音をさせるのは絶対悪趣味ですし,赤目防止機能のライトもうっとうしかったです。

まぁ私も写真は撮りましたが,演奏中は1枚だけにするぐらいの配慮はしましたよ。ああいう人はどこにでもいますけど,ちょっとやり過ぎでしょうね。

ひまわりさん,こんばんは。感動をわけるなんて滅相もないですが,私自身は本当に楽しめたライブでした。これからも出張時には...なんて言うとどつかれそうですが。

マーリンさん,こんばんは。ユニオンに初めて行かれたっていうのが凄く新鮮に響きますねぇ(笑)。

J.J.を聞かれましたら,ご感想をお聞かせ下さい。「一肌脱ぐ」シリーズは出張で滞っていますが,今年中にもう一本記事をアップしたいと思います。

crissさん,ありましたよ,Sunset。あっちはあっちで渋い人が出てますよねぇ。階段に貼られたポスターの数々が何ともオシャレな感じでした。その写真を撮りそこなったのが残念です。写真付きの記事は12/10にアップします。

ところでLiebmanのビッグバンド,私も悪くはないとは思いますが,同じような感覚ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50233852

この記事へのトラックバック一覧です: 【速報】Dave Liebmanをパリで聞いた!:

« 中年音楽狂の休日 in France | トップページ | 出張中に見た映画(10/12編)その3 »

Amazon検索

2017年おすすめ作