2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« まさに夢見心地:"Scenes from a Dream" | トップページ | 出張中に見た映画(10/12編):その5 »

2010年12月16日 (木)

中年音楽狂が一肌脱ぐシリーズ(第6回)

Wynton_marsalis "Hot House Flowers" Wynton Marsalis(Columbia)

久しぶりのこのシリーズである。毎度のことながら,主旨は「お店に並んでいそうでジャズをこれから聴いてみようかなぁという人にお薦めというのがありましたらご紹介ください。」というリクエストにお応えするものである。

前回もCharlie ParkerのWith Stringsものだったのに,またかという声も飛んできそうであるが,数あるWith Strings作の中で,私としては実はこの作品が最も優れているのではないかと思っているので,敢えてこのアルバムを紹介する。

Wynton Marsalisのトランペッターとしての実力には疑問を差し挟む余地はないと思えるが,その原理主義的発言が,一部で顰蹙を買っているのも事実だし,彼のラッパがうま過ぎるところに反発すら感じる人々がいることも否定できない。私も彼の言動や,最近の音楽活動には若干疑問を感じているクチであるが,このアルバムの前には,そうした批判は無意味と言ってもよい出来だと思う。また,彼がデビューしてきた頃,世間が大騒ぎしていた時には斜に構えて見ていた私が,彼の実力を本当に理解し,参ったと思ったのがこのアルバムであった。うまい,とにかくうまい。そしてそれがここでは嫌味になっていない。

このアルバムの印象を一言で表すならば「ビター・スウィート」って感じである。With Stringsは甘さに流れる傾向がないわけではないが,ここで聞かれる演奏にはそうした甘さというものがほとんど感じられないのである。ある意味,本作においてメロディ・ラインを紡ぎだすWynton にはストイックな姿勢すら感じてしまう。だからと言って聞きにくい要素なんて皆無なのである。これまでジャズを聞いたことがないリスナーにとっても,クラシックを聞いてきたリスナーにとってもこれなら安心して聞けるのではないかと思えるのが本作を推奨する理由である。

いずれにしても,本作は「大人の音楽」として,長く鑑賞に堪える傑作アルバムである。単なるバラッドだけでなく,"When You Wish upon a Star"ではイントロからスリリングな展開さえ示し,アルバムとしてのメリハリをきっちりつけたプロダクションも立派。ジャズ的な感覚をこれほど持ち合わせたWith Stringsものを私は知らない。Wynton嫌いも認めざるをえない傑作であり,オーケストレーションを担当したRobert Freedmanの功績も大きい。星★★★★★。20代前半の若者の吹奏のレベルでは決してないということは,すぐにおわかり頂けるだろう。

尚,本作の邦題は「スターダスト」なので念のため。

Recorded on May 30 & 31, 1984

Personnel: Wynton Marsalis(tp), Branford Marsalis(ts, ss), Kenny Kirkland(p), Ron Carter(b), Jeff Watts(ds), Kent Jordan(al-fl) with Orchestra conducted and arranged by Robert Freedman

« まさに夢見心地:"Scenes from a Dream" | トップページ | 出張中に見た映画(10/12編):その5 »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

コメント

よっ!待ってました!

おはようございます
久しぶりのこのシリーズですね!早速アマゾン見たら中古で格安でCDがあったのでGETしました!彼のアルバムは2枚持ってますが、最近のものですので楽しみです!happy01

今日は。EVAです。
Wynton Marsalis良いですねー。私が持っているモノは全てLPですが、当時から良く買っていました。大体のところはあるのではないでしょうか。
マイルスとは違った意味で私は好きなアーティストです。
次回の紹介を楽しみにしています。

こんにちは
楽しみにしていました♪

聴いたことのなかったミュ-ジシャンなので
新鮮です。

「星に願いを」は好きな曲です。
そちらでは流星が見れましたか?

こちらは雪になりましたが
このアルバムで あったかくなりたいです。
アマゾンで中古という情報が…(笑)
探してみます♪

偶然、、少し前に、、聴いたばかりなんですヨ。

When You Wish upon a Starは、わたしの中では、クリスマス曲の位置づけにもなるのです。
で、クリスマスアルバムにない、クリスマス曲をあれやこれや見繕ってる時にこれも聴きました。

ま、うますぎて却下。(爆)

takeotさん、おはようございます。

素早い行動、敬服致します。失敗とは思われないだろうとは考えていますが、是非ご感想をどうぞ。

EVAさん、おはようございます。

Wyntonお好きですか。この人、ちょっとアルバムが多過ぎるかな〜って気もしますが、優れたアルバムの凄みは強烈ですよね。

このアルバムで、私はこの人の魅力を本当に理解したと言っても過言ではありません。懐かしいって気もしますね。

マーリンさん、おはようございます。ブログ拝見しています。

私が申しているビタースウィートって感じは、これとJohn Coltraneの"Ballads"が双璧かな〜って感じです。

すずっくさん、おはようございます。

「うますぎて却下」ってよくわかります。そうですよね〜。

今日は(も?)二日酔いですが、これから熊本行きの飛行機に乗るところです。眠いっす。日本でも「出張はつらいよ」ですわ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50280881

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂が一肌脱ぐシリーズ(第6回):

« まさに夢見心地:"Scenes from a Dream" | トップページ | 出張中に見た映画(10/12編):その5 »

Amazon検索

2017年おすすめ作