2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ジャカルタ名物?アヤム・ゴレン | トップページ | 一体何が起こったのか?アクセス急増の原因はやはり「山田べにこ」である。 »

2010年11月26日 (金)

「アメリア」が日本公開されるそうだ

Photo_2 以前,「出張中に見た映画」シリーズで取り上げたことがある"Amelia"(記事はこちら)が「アメリア 永遠の翼」として日本でも公開されるそうだ。ジャカルタ出張当日に持ってきた新聞の広告を今更ながら見て思わず驚いてしまった私。

公開タイミングからすれば,お正月映画までのつなぎというところだろうが,この映画が日本で公開される可能性は低いと思っていたので,思わず「へぇ~」と思ってしまった。まぁこれでAmelia Earhartの知名度が劇的に上がるとは思えないが,これを機に,Joni Mitchellの名曲"Amelia"にも今一度注目が集まればいいなぁと思う私である。映画としては,あまり評価しなかった私だが,余韻は爽やかな映画なので,見ても損はしないだろう。

しかし,ポスターにも「アメリア・イアハート」と堂々と書かれているが, この人の名前は前にも書いたとおり,敢えてカタカナで記述するなら「アメリア・エアハート」と書かれるのが正しい(wikipediaにもpronounced /ˈɛərhɑrt/ AIR-hartと書いてある) 。いつも言っていることだが,人名ぐらいはちゃんと発音を調べた上で,記述して欲しいものである。相変わらず頭が固い私と言われようがなんだろうが,Seamus Blakeはシェイマス・ブレイクが一番近いのと同様に,アメリアはアメリア・エアハートが最も近似的なのだ。

まぁ,それはさておき,こういう映画が公開されるってのは,決して悪いことではないだろう。満員御礼,大ヒットになるとは残念ながら思えないが(爆)。

« ジャカルタ名物?アヤム・ゴレン | トップページ | 一体何が起こったのか?アクセス急増の原因はやはり「山田べにこ」である。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/50104761

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリア」が日本公開されるそうだ:

« ジャカルタ名物?アヤム・ゴレン | トップページ | 一体何が起こったのか?アクセス急増の原因はやはり「山田べにこ」である。 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作