2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今日はお休みです | トップページ | メガ・ブレイク直前のGeorge Benson »

2010年10月24日 (日)

切って切って切りまくれ~

Photo 「十三人の刺客」('10,東宝)

監督 : 三池崇史

出演 : 役所広司,山田孝之,伊勢谷友介,沢村一樹 ,古田新太,伊原剛志,松方弘樹,平幹二郎,松本幸四郎,稲垣吾郎,市村正親

本日の主題,ギャグではない。実際に映画の中で役所広司が放つセリフなのだが,よくやるわっていうぐらい後半は殺陣の連続で,本当に切って切って切りまくっているではないか。これだけチャンバラを延々と見せられると胸焼けがしそうになるが,こんなにバトル・シーンが延々続くのは「赤壁 Part2」ぐらいではないかと思うぐらい長い。

これまでも何度か書いてきたが,私は米国映画なら西部劇が好きだし,日本映画なら時代劇が結構好きなのだが,今年は時代劇が異常に多いように感じてしまう。今年,私は「必殺剣鳥刺し」を見ているし(記事はこちら),現在も「桜田門外の変」やちょっと毛色は違うが「大奥」,「雷桜」等が上映中というのは一体どうしたことだろうか。一時期,時代劇は衰退したと思われたが,昨今の日本映画の活況とともに復活を遂げたということだろうか。だが,この映画も結局はリメイク。まぁ片岡知恵蔵が主演のオリジナルは見ていないからいいが,世界各国でリメイクばやりで,これもかと思うと何だかなぁ~って感じはしながらも見に行ってきた私である。

端的に言ってしまうと,この映画は前半は控えめな映像を中心に構成し,後半の爆発的な殺陣に持ち込むというパターンであるが,正直言ってかなり殺伐とした感じが強いので,見ていて爽快って感じの映画ではない。中にはえげつないシーンも結構あるし,その辺でそもそもの好き嫌いは分かれるはずである。また,「刺客」役の男優陣も,玉石混交って感じで,どうなのかねぇと思わせる。大体,時代劇に出るには現代的な顔の男優が多過ぎるんじゃないのってのも今イチ気に入らない。

だが,その一方で,ジャニーズ事務所がよく認めたと思えるほど,ここでの稲垣吾郎のヒールぶりが徹底していて笑える(但し演技は...。)し,松本幸四郎や内野聖陽が結構地味な役で出ていて,映画を盛り立てている。そうした要素や,決戦の舞台となる落合宿の仕掛け等を見ていると結構楽しめる。脚本としてはオリジナルとどのように違っているかは知る由もないが,CGを入れたりして,視覚的効果を高めていることは間違いないだろう。だが,それが必ずしも成功しているとは言えないところが微妙なところではある。

結局,いいのか悪いのかわからないような書き方になってしまったが,入場料のもとは取ったと思うものの,繰り返し見たくなることは絶対ない映画である。ということで,私としては星★★★ってところだろう。

それにしても,多作家,三池崇史らしいと言えばその通りだが,本当に何でも撮っちゃう人である。この節操のなさはある意味貴重だが,もう少し腰を据えて映画を撮る年齢ではないのかと思っているのは私だけではあるまい。今のような状態を続ければ,才能の無駄使いと言われること必定であろう。

最後に余談を一つ。私はこの映画での松方弘樹の顔を見ていて,どうしても「トイストーリー」のバズ・ライトイヤーを思い出してしまって,映画を見ている間,松方が出てくると思わずにやにやしていたのだが,それって私だけだろうか?あくまでも何となくなのだが,どうしてもオーバーラップしてしまうのであった。

« 今日はお休みです | トップページ | メガ・ブレイク直前のGeorge Benson »

映画」カテゴリの記事

コメント

すっかり、おそくなりましたが、あれをおくりました。メールわすれてた。今日着。
呑んで呑んでのみまくれぇ。
なーんて、いうのは嘘。(^^ゞ

続けて続投させて頂きます!

片岡知恵蔵は、大岡越前で、加藤剛のお父さん役、という印象が強いです。でも、この役では、とても良い味を出していたのを覚えています。

市村正規さんは、その昔、日生劇場で、ミス・サイゴンのミュージカルを見たのが最初でした。かな~り昔の話です。。舞台を見るまでは、彼の名を全く知りませんでしたが、彼の迫力ある演技を見て、鳥肌が立ちっぱなしになったことを思い出しました。本当に、凄かったです。今でも、舞台立たれているかどうかは、不明ですが、自分の中では、彼の存在は、かなり印象強く残っています。

役所さんは、何かの時代劇で、テレビで見ていたような気がします。二枚目役者で、中々の演技派男優さんだと思います。

すずっくさん,こんにちは。私なら飲んで飲んで飲みまくるに決まってるじゃ~ないですか(爆)。ということで,結末が見えたドラマみたいな感じでしょうね(笑)。

Laieさん,続けてこんにちは。市村正親は基本はミュージカルが主たる活動の場ですが,この映画では時代劇もOKなところを見せていました。

千恵蔵と大岡越前ってのはかなり昔ですね。今にして思えば豪華キャストのドラマでした。

役所広司はどんな役でもこなしてしまう人なので,いろいろ出てますよね。さすが仲代達也の弟子だけのことはありますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切って切って切りまくれ~:

« 今日はお休みです | トップページ | メガ・ブレイク直前のGeorge Benson »

Amazon検索

2018年おすすめ作