最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(10/09編):その2 | トップページ | ちょっと微妙なKurt Rosenwinkelの新作 »

2010年9月19日 (日)

初めて聞いたJosh Nelson

Josh_nelson "Let It Go" Josh Nelson(Native Language)

Josh Nelsonというピアニストについては何の知識もなかったのだが,ショップをうろついていて,Seamus Blakeのコーナーにこのアルバムがあったのを発見し,ほかのメンツもなかなかいいので買ってみた。

冒頭から非常に美しいピアノのラインが出てきて期待が高まるのだが,その後のアルバムの展開を聞いている限り,この人はコンポーザー・ピアニストだと判断するのがいいのではないかと感じた。非常にいい曲を書いているし,アレンジもしっかりしている。その一方ではややジャズ的なスリルには欠けるきらいがある。よって,Seamus Blakeがブリブリ吹きまくるのを期待すると肩透かしにあう。

アルバム全体を通して聞いていても,比較的静謐で落ち着いたトーンが続いていくのだが,メロディ・ラインは親しみやすいものが多く,メカニカルな感覚などは一切ない。最後に収められたタイトル・トラックでちょっと違った個性も感じさせるものの,この人はどちらかと言えば落ち着いた曲を書く人だと考えるべきだろう。それはここに参加しているSara Gazarekの音楽監督を務めているというバックグラウンドも影響しているのだろうが,いずれにしてもいい曲を書くということには違いはなかろう。

本作はJosh Nelsonの正式なデビュー作であるらしいが,今後の活動に期待を持たせるものであることは認めてよい。しかし,ピアニストとしての個性よりも,作曲の方が勝っているようにも思えるので,活躍の場というのはジャズの最前線とはいかないかもしれない。いずれにしても星★★★☆ぐらいはつけてもよかろう。

Sara_2本作の一つの波及効果であるが,ここにも参加しているSara Gazarekのアルバムを注文してしまった私である。ジャズ・ヴォーカルにほとんど関心のない私だが,結構さわやかなヴォイスで,色々なタイプの歌を歌っているので,ちょっと期待してしまった。また,見た目からして典型的なアメリカンっぽい女性で,結構可愛いし...。ついでだから写真もアップしてしまおう(爆)。でもこの人,カメラ・フェイスは完全にこちら側で,逆側からの写真だとだいぶイメージが違う。本人もそれはよくわかっているようで,アルバムのジャケもそうだが,プレス・キットはこちらのアングルがほとんどである。なんのこっちゃ。

Recorded: between January & March, 2007

Personnel: Josh Nelson(p, el-p, org), Seamus Blake(ts), Anthony Wilson(g), Darek 'Oles' Oleszkiewicz(b), Matt Wilson (ds), Sara Gazarek(vo) and the Supernova String Quartet: Robert Anderson(vln),  Reiko Nakano(vln), Miguel Atwood-Ferguson(viola), Jacob Szekely(cello)

« 出張中に見た映画(10/09編):その2 | トップページ | ちょっと微妙なKurt Rosenwinkelの新作 »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
Sara Gazarek、爽やかなボーカルで彼女のデビュー作なんかもとてもいいです。
あ、Josh Nelsonってここでも弾いてるんですね。たしかにピアニストの個性というよりバックでいい味を出すタイプかもしれませんね。
Josh Nelson絡みってことでTBさせていただきます。

とっつぁんさん,こんにちは。

Sara Gazarekはおっしゃる通り爽やか系なので,ジャズ・ヴォーカルをあまり聞かない私でもOKって感じです。

ところで,TB入っていないみたいですので,リトライをお願いします。

中年音楽狂さん、TB失礼しました。
今朝はコメント・TBとも何度もTryしても反応せず、日を改めてと思っていた矢先でした。
再度TBさせていただきます。
Sara GazarekはJazzボーカルど真ん中ではないのですが、彼女的にはJazzが軸にあるような気分はありそうで、そこが僕にはいい塩梅かなと思ってます。

とっつぁんさん,今度はTB入りましたので公開しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/49485177

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて聞いたJosh Nelson:

» Sara Gazarek/Yours [とっつぁんの日記帳]
[[attached(1,left)]] Sara Gazarek (vo) Josh Nelson (p) Erik Kertes (b) Matt Stocum (ds) Rel:2005 昨日から耳が痛くて、耳当たりのいい音楽をわたくしが欲していたので、こちらのボーカルものを。たしかこの作品がリリースされて間もない頃だと思うけど、渋谷のHMVでノラ・ジョーンズなんかと一緒にフィーチャーされていて、視聴して気に入って購入したと記憶している。(プロデュースがJohn Clayt..... [続きを読む]

« 出張中に見た映画(10/09編):その2 | トップページ | ちょっと微妙なKurt Rosenwinkelの新作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作