2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂在北京(その3):こいつは驚いた? | トップページ | 追悼,谷啓 »

2010年9月11日 (土)

中年音楽狂在北京(その4):厳しいタクシー事情

ここ北京ではタクシーを利用するのが当たり前みたいなところがあり,タクシーをつかまえるのが時間によっては結構大変である。NYCも壮絶なバトルを展開してタクシーをひろうこともあるが,北京は街が広すぎるのか,タクシーの絶対数が少ないのか,需要と供給がアンマッチのように感じる私である。

まぁこれも場所次第って感じもしないでもないが,それでもなんだかなぁ。しかし,日本円にして初乗り10元だから130円ぐらいなら乗っちゃうよねぇ。1時間走っても1,500円かからないぐらいなのだ。

でももうちょっと何とかして欲しいなぁ。ただでさえバテバテなのに,車が見つからないので,ますます疲れてしまった。週末も仕事だからさっさと寝ようっと。

« 中年音楽狂在北京(その3):こいつは驚いた? | トップページ | 追悼,谷啓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

中国というと、自転車が最初に思い浮かびます(笑)。初乗りが、130円は安いですね。

先日、遅めの夏休みということで、イギリスへ行ってきました。イギリス訪問は、これが初めてです。最初、イギリスのタクシーを見た時には、ドイツと違うなぁ~と実感しました。今回は、タクシーには乗らず、電車、地下鉄、バスを利用しました。

お天気にも恵まれ、4つの美術館にも立寄ることが出来ました。フィッシュ・アンド・チップスも食べましたが、数時間後には、胃が重くなりました(苦笑)。

念願のパブデビューも果たしました(笑)。ジェリーさんから、勧められたお酒のレシピを、そのまま、バーテンダーに伝え、グラス一杯、どうにか飲むことができました。ただ、オリーブのおつまみ皿を食べながらでしたが(苦笑)。口の中に残る後味も良く、頭も痛くならず、自分にとって、相性の良い?お酒だったように思います。

次回は、ロンドンタクシーに乗ってみようと思います。

Laieさん,こんにちは。疲れが全く抜けず,体調ぼろぼろの私です。北京は私が滞在/仕事をしていた場所柄かもしれませんが,自転車は少ないところでした。日頃もそんなに見ないですね。地下鉄はどこまで乗っても2元(26円)ですし,自転車に乗るまでもなくなっているのかもしれません。

ところで,パブって結構食事も充実していますから,英国滞在中には役に立ちますよね。お酒のレシピってことはカクテルでしょうが,一体何を飲まれたのでしょうか?興味津々。

Toshiyaさん、こんにちは。

地下鉄も、26円って、破格ですね!もしかしたら、現在の中国は、私がイメージしているものとは、かなりかけ離れている近代都市になっているのかもしれません。そういえば、ロンドンにも、中国人多かったですね~。話し声が大きいのですぐに分かります(笑)。

イギリスのパブですが、私が思っているのとかなり違いました。慣れれば、一人でも立ち寄りやすい所なのかもしれません。法律改正で、全て禁煙になっていたのも、自分にとっては魅力♪手頃価格な食事メニューにも目を見張るものが。。

頼んだお酒ですが、ウオッカにトニック・ウオーターで割って飲むというものです。イギリスへ行く前に、ジェリーさんにも再度宣言して、結果を知らせますね~。と伝えたら、ライムを入れるのを忘れないようにね、と再アドバイスをもらいました。

私も、主人も、トニック・ウオーターが何なのか分からなかったので、バーテンダーに聞いてみたら、炭酸サイダーで、砂糖なし飲料とのことでした。

ただ、おつまみなしで、お酒だけ飲んで楽しむ、というのには、私には、かなりほど遠いような気がします。早速、ジェリーさんにも、報告しなくては。。

御出張、お疲れ様でした。。

Laieさん,こんばんは。ウォッカ・トニックですか。お酒をジンにすればジン・トニックになりますね。それなら飲みやすいでしょうね。トニック・ウォーターは果皮のエキスと若干の糖分が含まれているはずなので,単なる炭酸水とは違いますので,私がもっぱら料理中に飲んでいるウイスキーのソーダ割り(ハイボールとも言いますが)には使えないんです。

ということで,我が家は炭酸水の買い置きはありますが,トニックは滅多に買わないですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/49411378

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂在北京(その4):厳しいタクシー事情:

« 中年音楽狂在北京(その3):こいつは驚いた? | トップページ | 追悼,谷啓 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作