2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂在北京(その2):皆さんごめんなさい。コメントを頂いても返信が難しい状態が続いています。 | トップページ | 中年音楽狂在北京(その4):厳しいタクシー事情 »

2010年9月10日 (金)

中年音楽狂在北京(その3):こいつは驚いた?

今回はある業界イベントに参加するために北京に来ているのだが,実際に目にして驚いてしまったのが,納期直前になっての火事場のバカぢから(?)である。

日本のセンスからすれば,イベント前日の工事の進捗具合を見て,これは間に合わないのではないのかと思わせるような作業の進み具合だったのだが,結局は当日までには間に合っているではないか。さすが五輪や万博でもっと凄い修羅場をくぐりぬけた中国の工事関係者の力は凄いわ。

日本のようにきっちりオーガナイズされた作業の仕方というのも重要かもしれないが,これだけの馬力が今の日本人に残されているかと言えば,相当疑問に思ってしまった私である。これはやっぱり絶対に勝てないなぁと改めて思った次第。

しかし,この国民が,もう少しきっちりしたスケジュール感を持ったら一体どうなってしまうのかと思うと脅威と言わざるをえない。国民性が大きく変わるとは思えないとしても,私はこの国でビジネスをすることの難しさを更に強く感じてしまった出張である。でもまだまだ前半戦。最後まで体が持つのか???

« 中年音楽狂在北京(その2):皆さんごめんなさい。コメントを頂いても返信が難しい状態が続いています。 | トップページ | 中年音楽狂在北京(その4):厳しいタクシー事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂在北京(その3):こいつは驚いた?:

« 中年音楽狂在北京(その2):皆さんごめんなさい。コメントを頂いても返信が難しい状態が続いています。 | トップページ | 中年音楽狂在北京(その4):厳しいタクシー事情 »

Amazon検索

2018年おすすめ作