2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂在北京(その6):Mission Completed | トップページ | 帰国したばかりだが...。 »

2010年9月14日 (火)

出張中に見た映画(10/09編)

Photo 「ベスト・キッド(The Karate Kid)」('10,米,Columbia)

監督:Harald Zwart

出演:Jaden Smith,Jackie Chen,Taraji P. Henson,Wenwen Han

ようやく帰国である。今回ばかりはさすがに疲れた。それでも人生は続く...。

毎度おなじみ,「出張中に見た映画」シリーズである。今回も中国出張の短いフライトなので,見られる映画は限定的である。その中でのチョイスがこれである。

リメイクとは言え,私はオリジナルも見たことがないので,思い入れも何にもなしにこの映画を見たのだが,出来としては悪くないと思った。監督は私が酷評したSteve Martin版「ピンク・パンサー2」のHarald Zwartなので,期待できないと言えばその通りだが,メディアの評価も結構悪くなかったし,どんなもんだろうと思っていたのである。その一方で主演は「幸せのちから」で泣かせてくれたWill Smithの息子,Jaden Smithと,比較的どの映画でも楽しませてくれるJacke Chenだし,まぁ百聞は一見にしかずである。

お話としては他愛ないと言えばそのとおり。だが,Jaden Smithは結構よく頑張ったねぇと言いたくなるようなハード・ワークぶりである。この根性には正直頭が下がる。そんな簡単にクンフーって強くなれるんだっけなんて思えるし,ストーリーに関してはどうこう言うべきものでもないが,エンタテインメントとしてはそこそこ楽しめるものであったと思う。

だが,私がこのブログでしょっちゅう最近の映画に苦言を呈していることに上映時間の話があるが,それはここでも同じである。なぜこのストーリーに140分という時間が必要なのか。映画は長けりゃいいってものではない。この程度の話であれば,100分,長くても120分以内に収めるのが筋ってものだろう。これほど文句を言うことが多いということは,編集者の腕が下がっているということではないだろうか。どうしても長い上映時間を必要とする映画があることも事実だが,本当に最近の映画は意味もなく長過ぎである。どうも納得がいかん。実は往路では,離陸前後から居眠りをしていたため,この映画も最後まで見ることができなかったのである。復路において,速攻で見逃したシーンを見たのは言うまでもないが,それもなんだかなぁ...。

それに,どうしても最近はリメイクが多いのか。オリジナル脚本でも脚色でもネタはいくらでもあろうというもの。安易にヒットを狙う姿勢がいやらしいという気がする。映画としてはそこそこおもしろくても,そういうことを考えるやや複雑な気分である。星★★★。

« 中年音楽狂在北京(その6):Mission Completed | トップページ | 帰国したばかりだが...。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/49435019

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(10/09編):

« 中年音楽狂在北京(その6):Mission Completed | トップページ | 帰国したばかりだが...。 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作