最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 夏と言えばボサノバよ,ということでJoyceである | トップページ | Vertú:こいつはうるさい!でも好きだ。 »

2010年8月12日 (木)

久々に新橋Bar D2にお邪魔したら...

Relevance先日,随分と久しぶりに新橋のテナーの聖地,Bar D2にお邪魔した。そこで聞かせてもらったのがDave LiebmanとEvan Parkerの共演作。これが,近年,こんなにフリーらしいフリーは聞いたことがないというような「至極真っ当な」フリー・ジャズで思わず嬉しくなってしまった。

元々はBBCの放送音源のようだが,それをカナダのレーベルが権利を買ってCD化したもののようである。いやいや,全編,二人の大バトルであるが,バックはドラムスだけ。サックスが一人なら"Interstellar Space"かっ!!と突っ込みたくなるような感じだが,今夏のくそ暑さを吹き飛ばす激烈フリーである。

このレコード会社,商売っ気がないのか,購入サイトを見つけて,到達するまで
非常に時間が掛ってしまったが,無事注文に成功である。来るのが楽しみであることは事実だが,一体このCDをどこで聞くねん?という疑問は消えていない。少なくとも家人の前で聞いたら,即座にアンプのスイッチを切られること間違いなしだし,電車で聞くのもなんだかなぁ...なのだが,それでも買いたいと思わせるぐらい強烈なアルバムであった。タイトルは"Relevance",ジャケットは掲示の通りである。手許に届いたら,改めてレビューすることにしたいが,これにはまいりました。思わずヘッドバンギングしそうになってしまった私である。よくよく見たら,Bar D2のマスター,随分前にこのアルバムをご自身のブログにアップされている。それで頭には擦り込まれていたのだろうが,すっかり失念していた私である。まぁ,すかさず発注したからいいか(開き直り)。

また,当日いらっしゃった別のお客さんがマスターにシンコ(コハダへ出世前のコノシロの名前である)のお土産をお持ちになっていたのだが,私もご相伴にあずかってしまった。ごちそうさまでした。

« 夏と言えばボサノバよ,ということでJoyceである | トップページ | Vertú:こいつはうるさい!でも好きだ。 »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/49121133

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に新橋Bar D2にお邪魔したら...:

« 夏と言えばボサノバよ,ということでJoyceである | トップページ | Vertú:こいつはうるさい!でも好きだ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作