2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Mark Egan:どうも最近は新譜のアップが遅くていかん | トップページ | 非常に心地よく響くManu KatchéのECM第3作 »

2010年8月 8日 (日)

マッチョなAngelina Jolie

Photo「ソルト("Salt")」 ('10,米,Columbia)

監督:Philip Noyce

出演:Angelina Jolie,Liev Schreiber,Chiwetel Ejiofor,Daniel Olbrychski

別に私はAngelina Jolieのファンってわけでもないし,好みのタイプの女優でもない(あれがいいのだと言う人もいるだろうが,私は彼女の唇が苦手なのだ)のだが,二重スパイ物のアクション映画ってことで,見に行ってきた。いずれにしても,全編,マッチョなAngelina Jolieが大爆発というか,ここまでやらなくてもって感じてしまうぐらい,暴れまくっている。だいたい強過ぎである。

結構えげつない描写も多いし,ホワイトハウスってそんな簡単に警備を破れるのかいなとか,疑問を挙げだしたらきりがないが,まぁここは肉体派,Angelina Jolieがよく頑張りましたってところだろう。但し,ネタバレになるので多くは書けないが,二重スパイとして訓練を受けてきた人間が,そう簡単に変心するのかというところに,決定的なシナリオの甘さを感じるのが難点である。アクション映画であるがゆえに,心理描写なども望むべくもないし...。もうちょっと葛藤とかあってもいいんじゃないかと思う私は古い人間か?

だが,まぁ次から次へとなんでやねんというストーリー展開はそこそこ面白く見ることはできたと思うが,本作に限らず,どうも最近の映画は安易に回想シーンを織り込み過ぎるように感じるのだがどうだろうか。こういう手法は,シナリオが安易な方向に流れるだけだと思うのだ。そうした点も減点対象として,星★★★ぐらいか。それにしてもメイクとは言え,流血やら顔の腫れやら,何でもござれのAngelina Jolieの女優魂は認めておいてもよいだろう。よくやるわ。

いずれにしても,最近はこういうマッチョな女性のアクション映画って多いなぁ。だから草食系男子なんてのが出てくるのかもしれないが,これは完全に肉食系女子って感じである。

« Mark Egan:どうも最近は新譜のアップが遅くていかん | トップページ | 非常に心地よく響くManu KatchéのECM第3作 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッチョなAngelina Jolie:

« Mark Egan:どうも最近は新譜のアップが遅くていかん | トップページ | 非常に心地よく響くManu KatchéのECM第3作 »

Amazon検索

2018年おすすめ作