最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂在上海(2):あな恐ろしや。 | トップページ | ちょっと遅れたが,パラグアイ戦を冷静に振り返ると... »

2010年7月 3日 (土)

Steve KhanのEyewitnessバンドのアルバムの廃盤を嘆く

Helping_hand "Helping Hand" Steve Khan(Polydor)

今にして思えば,今は亡きトリオ・レコードはECMレーベルのアルバムをガンガン発売したり,日本人ミュージシャンの佳作アルバムを制作したりと,なかなか骨のあるレコード会社であった。そうした事例の中に,Steve KhanのEyewitnessのアルバム群をリリースしたことも含まれてよいと思う。残念ながら,私は当時のアルバムを購入していたにもかかわらず,審美眼が足らず,手放してしまったのは痛恨事である。それらのアルバムはその後,ポリドールからCDで再発されたが,現在では長きに渡って廃盤化しており,市中ではかなりの高値で取引されている。そんな中,私はなぜかこのベスト・アルバムだけを保有していたのだが,そのことも先日CDの整理をするまですっかり忘れていたのだからひどい話である。

私の記憶によれば,私は本作は中古で仕入れたはずだが,購入した当時はそんな無茶苦茶な値段ではなく,2000円台の半ばぐらいだったと思う。このアルバムはトリオ・レーベルに吹き込んだEye Witnessのアルバムとソロ・アルバム"Evidence"からの選曲に,なぜか東京ガスのために吹き込んだ曲を加えたコンピレーションである。これがなかなかに味わいを感じさせる出来で,コンピレーションとしての寄せ集め感がないのはプロダクションとしてもかなり立派である。

Eyewitnessというバンドは現在の耳で聞いても,結構ハイブラウで,コンテンポラリーな響きに満ちていて,実は大したバンドだったのだということを今更ながら思い知らされてしまう私である。例えば,"The Suitcase"なんて改めて聞けば,Discipline期のKing Crimsonのようでもあり,プログレッシブ・ロック的な感覚を感じさせる部分もあって,これが面白い。そのほかの曲(特にEyewitness関連)でも,このアルバムに収められているような音楽であれば,現在においても十分Steve Khanは評価されると思うのである。私は彼の未発表"The Suitcase"がリリースされた時に高く評価した(記事はこちら)のだが,彼のEyewitnessを中心とする80年代~90年代の活動はもっと評価されて然るべきであり,こうしたすぐれたアルバム群は一刻も早く復刻して欲しいと願わざるをえない。そうした気持ちも含めて星★★★★☆。

この頃に比べると,今のSteve Khanの活動ってちょっと地味だよなぁ...。もったいない。

Personnel:Steve Khan(g), Anthony Jackson(b), Steve Jordan(ds), Manolo Badrena(perc, vo), Bill Evans(ss), Clifford Carter(key), Neil Jason(b), Christopher Parker(ds), Cafe(perc)

« 中年音楽狂在上海(2):あな恐ろしや。 | トップページ | ちょっと遅れたが,パラグアイ戦を冷静に振り返ると... »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

コメント

お勤めご苦労さまでございます。

今思えばトリオレーベルは素晴らしかったですよねえ。やはり某SJ誌に取り入らなかったのが敗因なんだろうかといまさらながら思います。リッチーバイラークで唯一好きな「エレジーフォービルエバンス(でしたっけ?)」もトリオレーベルだったような。

さて、アイウィットネスもいいバンドでした。このバンドのライブを見損ねたのは一生後悔するかも。やはり肝はスティーブジョーダンのドラムなんでしょうね。私もこのベストアルバムしかもっていないのですが、ライブテイク(Blades)のスティーブジョーダンのドラムは恐ろしい切れ味ですな。デニチェンあるいはウェックルもいいんですが、あのスティーブジョーダンに比べるとなにやら鈍重なイメージすらしてしまうというのが恐ろしいものです。

幻のライブ盤入手できた暁には私にもナニしてください(笑)。

あ、そういえば新潟方面からの業務連絡あり。来週お渡しします(謎)。

こやぎさん,こんにちは。疲れましたです。仕事は大したことはないのに,いろいろねぇ...。

"Elegy for Bill Evans"は私も持ってますねぇ。全然聞いてないけど(爆)。今にしてみれば確かにトリオは頑張っていたけど,商売っ気がなさ過ぎだったかもしれませんな。

業務連絡って,今回は何だろう?気になります。よろしくどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/48773699

この記事へのトラックバック一覧です: Steve KhanのEyewitnessバンドのアルバムの廃盤を嘆く:

« 中年音楽狂在上海(2):あな恐ろしや。 | トップページ | ちょっと遅れたが,パラグアイ戦を冷静に振り返ると... »

Amazon検索

2017年おすすめ作