2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 見ず知らずのミュージシャンでもOKだったギャンブル成功事例 | トップページ | 出張中に見た映画(10/07編) »

2010年7月 7日 (水)

プロデューサーとしてのHerbie Hancockの快作

The_imagine_project "The Imagine Project" Herbie Hancock (Hancock Music)

本作が,ジャズ界において本年屈指の話題作の一つであることに異論をはさむ人は少ないだろう。これはHerbie Hancockが全世界でさまざまなミュージシャンと録音したアルバムであり,そのテーマは"Peace and Global Responsibility"である。Herbieは自身のWebサイトで,このテーマを表現するためにUniversal Languageとしての音楽を利用したと書いている。なるほど,なるほど。壮大なテーマを表現するには,これぐらいの規模のアルバムが必要だったということであろう。確かにここに参加しているミュージシャンや,録音場所を考えれば,予算は相当規模のものになっていることは間違いあるまい。

実は私はこのアルバムを購入するまで,このアルバムに対してかなり懐疑的な立場にあった。例えばHerbieのアルバム"Possibilities"に関してはAmazonのレビューに「全体としては伴奏の域は出ておらず,もっとHerbieのピアノが聴きたいというリスナーは欲求不満に陥る」と書いたが,結局,Herbieはプロデューサーとしての役割をより重視していることになる一方で,Herbieらしさが万全に表現されているわけではなかった。今回のこのアルバムについても,そうした危惧を覚えたのである。

だが,このアルバムは,よりテーマが明確なこともあって,Herbie Hancockのジャズ・ピアノを期待しない限りは相当に楽しめるものとなっている。Herbieが掲げる壮大なテーマはさておき,ジャズ,ロック,ワールド・ミュージックがいい塩梅にミックスされているだけでなく,質の高い演奏を楽しめるからである。私がこのアルバムの購入を決意したのは,某ショップでTinariwenとの共演曲を聞いて一発でまいってしまったからなのだが,その他の曲でも,適材適所と言うべきミュージシャンによる演奏が収められている。もちろん,こういう選曲ってどうなのよってケチのつけようもあれば,ゲストの演奏がもっと聞きたいという欲求もあろう。だが,トータルな1枚のアルバムとしては,各個別のミュージシャンたちが,一つの部品として機能しているというところが,プロデューサーとしてのHerbie Hancockの手腕を感じさせる。そのこと自体は素直に認めてもよいだろう。

もちろん,Herbie Hancockというミュージシャンに何を求めるのかによって,このアルバムに対する評価は大きく変わるはずである。しかし,ここまで来れば,HerbieはもはやQuincy Jones的な位置づけであり,そういうものだと思って聞けば,私にはかなり楽しめた。どの曲もそれぞれに捨て難い魅力は持っていると思うが,やはり私はTinariwenとLos Lobosを共存させてしまった"Tamatant Tilay/Exodus"が一番好きかなぁ。"Don't Give Up"も泣かせる出来で,さすがJohn Legendと思わせる。私のお知り合いの皆さんにはDerek Trucks,Susan Tedeschi夫妻を迎えた"Space Captain"が気になる人が多いかもしれないが,もう少し後半のような盛り上がり方があってもよかったようにも思う。それでもDerekのスライドはここでもキレているが。

いずれにしても,どの演奏も私は楽しめるものの,やはりアルバムとしての評価は難しいところではある。だが,ジャズというカテゴリーにこだわりを持たずに聞けば,全体の統一感は"Possiblities"よりは高く評価していいと思う。ということで,ちょっと甘いかもしれないが,星★★★★☆。

尚,演奏への参加者はあまりに多いので,フィーチャーされる人たちだけを記載しておくが,これだけでも大変である。

Personnel: Herbie Hancock(p, key) Featuring P!nk, Seal India. Arie, Jeff Beck, Konono N°1, Oumou Sangare, John Legend, Cèu, Susan Tedeschi, Derek Trucks, The Chieftains, Toumani Diabete, Lisa Hannigan, Juanes, Tinariwen, K’NAAN, Los Lobos, Dave Matthews, James Morrison, K.S. Chithra, Chaka Khan, Anoushka Shankar & Wayne Shorter

P.S. crissさんからのTBを頂いているのでが,相性悪く入ってこないようなので,リンクを貼り付けさせて頂きます。

Herbie Hancock  / The Imagine Project

« 見ず知らずのミュージシャンでもOKだったギャンブル成功事例 | トップページ | 出張中に見た映画(10/07編) »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

ワールド・ミュージック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

 最近のハービー・ハンコックの活躍ぶりには、ちょっと私は離れてしまっていてよく状況は解らないのですが・・・・、例えば2004年のサンタナの”Hymns for Peace 平和の賛歌”などにもチック・コリア、ウェイン・ショーター、ジョン・マクラフリンなどなどと共にサンタナの下に集まってのプレイを見ていても(Live at Monttreux)、何かいろいろのプレイヤーのパフォーマンスを支えるかのごとく、むしろそれが楽しそうに彼の姿や演奏が見えるのですが・・・。
 かっての電子楽器の導入などを試みた攻撃的な彼の姿とは全く違う(これは昔話ですから違って当然なのですが)と言うか、現在はむしろ他人の活躍を援助して楽しむという達観したプレイヤーという印象なんですが・・・。実際はどうなんでしょうか?。

風呂井戸さん,お久しぶりです。

どうもHerbieは自分のピアノを聞かせるというよりも,よりトータルな音楽づくりあるいはプロデューサー業を本業にしたいのかもしれません。達観しているかどうかはわかりませんが,「Quincyの次は俺だ!」って感じでしょうか。

音楽狂様
ようやく、ようやくピアノ追っかけグセを止めて音楽に照準が合ってきました。繰り返し聴くうちに初めてに近い異文化の香りが頭にこびりつくように廻るようになり、こうなるとこの先は明るいです。
思うことはジャズって新しいものを追及しているようで、枝の先の違いを楽しんでいるようなことの方が多いのかなと。面子も割と決まってることが多いし(というか知ってるところを選んでいるのは私自身)。Herbieがもっと広い視野でフェアに素材を集めましたって感じが気持ちがいいです。考えさせられちゃいました。音楽狂様が私の浅いインプレッションで逃すことにならずに済んでホッとしてます。

ki-maさん,こんばんは。確かに「Herbieがもっと広い視野でフェアに素材を集めましたって感じ」という雰囲気が濃厚に漂っていますよね。

結局,このアルバム,聞いていて出来の良さにびっくりしてしまったというのが正直なところですが,まぁ「聞かず嫌い」はいかんということですよね。予断はいけません。反省せねば。"Possibilities"だって決して評価が低かったわけではないですし。

いずれにしても,偶然このアルバムを聞かせてくれたショップに感謝することにしましょう。

やはりポップ集と聞いていて、事前には警戒していたクチですが、ポップさとマニアックさがいい塩梅に作用していて、それにアレンジの良さも加わって、感心しました。時折見せるハンコックのピアノのフレーズが、「ただポップじゃないもんね」的な強い自己主張をしていたようにも感じました。10曲目をあえて入れた理由も分かるような気がします。たぶん何度もかけるアルバムになると思います。

TBさせていただきます。

今晩は!この作品は面白そうなのでオーダーしてみました!聞くのが楽しみです!そしてオーダーしたとたんにレコードも出ることがわかりましたが今回はCDのみで行きたいと思いますcoldsweats01

910さん,おはようございます。

このアルバムのいいところは,そんなにポップさを感じさせないところで,おっしゃる通り,「いい塩梅」なところでしょう。いろいろな音楽のミクスチャーは結構楽しめました。

追って,こちらからもTBさせて頂きます。

takeotさん,続けてこんにちは。

このアルバムは,ジャズというこだわりを持たなければ,相当楽しめると思います。Herbieはもうジャズ・ピアニストという範疇で捉えるべきではないということでしょう。お気に召せば幸いです。特にTinariwenに関するご感想をお聞かせ頂ければと思います。

中年音楽狂さん、こんにちは。
ハワイでの休暇、満喫されていらっしゃるようですね。
それにしてもハワイまでECMカタログを持ち込むとは・・・。

僕は今年はまとまった休暇がとれないので、先週末から西伊豆へ行っただけです。来月は那須に行ってきます。ハワイなんて我が家では当分無理ですね。羨ましいです。

さて、ハンコックの新譜をこのところ毎日聴いています。音が綺麗だし、前面に出ないながらもハンコックのピアノも随所でばっちり決めてくれるので、それほど不満はありません。知らないロッカーやワールド・ミュージック系のミュージシャンも多く、youtube で検索を兼ねながら彼らの演奏を見たり聞いたりして、楽しんでいます。

これが次期グラミーで賞をとれるかどうか、楽しみです。

ということで、TBさせていただきます。
では、楽しい休暇をお過しください。

crissさん,こんばんは。TBありがとうございます。無事帰国致しました。日本のこの暑さには驚きです。

Herbieのこのアルバムは私もあまり期待していなかったのですが,予断はいかんといういつもの反省をしてしまいました。

追って,こちらからもTBを試みますが,果たしてうまくいくのやら...。

crissさん,すみません。私のチェックが甘かったのですが,TBが入っていないようなので,リンクを記事の末尾に貼り付けさせて頂きました。

中年音楽狂さん、おかえりなさい。
御無事でなによりです。
さあ、ハードな現実が始まりますよ~。
くれぐれも御自愛ください。

やっぱり僕のほうからのTBも駄目みたいですね。お手数おかけします。

駄目もとでこの記事に3連発でTBトライしてみました。
一回ぐらい成功しないかな~。

crissさん,こんばんは。TBはやはりダメみたいですね。私からのTBはJeff Lorberはまぐれのように行きましたし,crissさんからのTBも結構順調に届いていたのに,全く困ったものです。

まぁしょうがないですけど。それにしても,来週からの職場復帰は不安がいっぱいです。あ~あ。

今晩は!本日届きまして聞いております!
イマジンプロジェクトというタイトルのでイマジンはやっぱり入っているんですね!
tinariwenは初めて聞きましたが、これは癖になりそうですねhappy01
iTunesで昨年のライブがあるので入手しようかと思います!
アルバムでお勧めあれば教えてください
お願いいたします
それとドントギブアップはオリジナルに近くてこのオリジナルはもちろん知っておりますが、ピーターとケイトでなくても十分楽しめる2人が歌っていて良かったです!スペースキャプテンも良いですね?
しばらく聞き込めるアルバムでした!
買ってよかったです!ありがとうございます

takeotさん,こんばんは。お気に召して何よりでした。皆さん,結構気に入られていますね。アルバムとしてよくできているということでしょう。

本編の(ボートラ目的で買っているので、こう書きます(笑))アルバムとしての完成度の高さに圧倒しています。

おっしゃる通り、Herbie HancockはQuincy Jones的立ち位置にいるので、Herbie Hancockのリーダー作とか考えずに純粋に音楽を楽しむのが吉なんだと思います。
彼の才能には恐れ入ります。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さん,こんにちは。TBありがとうございました。

こういう超豪華メンツで言うと,Quincyの"Back on the Block"を思い出しますが,好みもあるでしょうが,出来はこっちの方がいいと思いました。ある意味,HerbieはQuincyを越えてしまったと言ってもいいかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/48810471

この記事へのトラックバック一覧です: プロデューサーとしてのHerbie Hancockの快作:

» The Imagine Progect/Herbie Hancock [ジャズCDの個人ページBlog]
久しぶりにハービー・ハンコックのアルバムが出ましたが、Hancock Recor [続きを読む]

» Herbie Hancock Imagine Project [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Herbie Hancockの新譜です。 前作RIVER(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/50042401.html)を聴いて、完成度はえらく高いアルバムであるが、ジャズものとして聴くところはないな と感じていたので、本作はパスするつもりでいました。 が、HMVでボーナストラック付きってのを見つけて、こういうゲテものに弱いので、抱き合わせの穴埋めもあったので、思わず買ってしまいたした。 車の中で聴くにはきっと良いアルバムであるとい..... [続きを読む]

« 見ず知らずのミュージシャンでもOKだったギャンブル成功事例 | トップページ | 出張中に見た映画(10/07編) »

Amazon検索

2017年おすすめ作