2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Seamus Blakeならば,私もSmalls Liveを... | トップページ | 黒石にて「つゆやきそば」をいただく »

2010年6月 3日 (木)

やはりデジャブを見ているような鳩山退陣劇

先日鳩山政権を批判したばかりだが,本当に「小鳩」が辞めるに至って,ますます既視感が強まった私である。辞める鳩山側の対応もそうならば,それを「選挙目当てだ」,「解散して民意を問え」なんて言っている野党側の反応もそうである。去年までは民主党が言っていたことを今は自民党が言っているのだから笑ってしまう。

ただ,現状では旗色は明らかに民主党にとっては悪いものであるから,解散総選挙なんてやるわけないわ。トップの首をすげ替えただけで,国民の離反した心を引き戻すことは無理だろうということは民主党もよくわかっているだろう。その場合,衆議院で安定多数を維持しながら,おそらくは参議院では過半数を維持できないというのも,デジャブな感覚を強くおぼえさせるものである。

しかし,野党が例えば辺野古の問題に代替案を示すことなんてできるとも思えず,何だかなぁ...。どっちもどっちなんで,国民としては政治不信が高まるだけではないのかと思えてしまう。やっぱり情けない。

いずれにしても民主党代表選は無投票だけはやめて欲しいものである。こういう時こそ小鳩辞任前に「内閣と党の一新が必要だ」と自分のWebサイトでぶち上げた副幹事長の生方くんが立候補したらどうなのよって気がするが。

« Seamus Blakeならば,私もSmalls Liveを... | トップページ | 黒石にて「つゆやきそば」をいただく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、今晩は。

鳩山氏、何だかあっという間に首相の座から、離れることになってしまいましたね。基地の問題も、結局、問題を手探って、ほじっくっては見たものの、反感だけを買ってしまった結果に終わってしまいましたね。。連立政権で、個人的には、きっと国民の為に、何かやってくれるだろう!と期待してはみたものの、あっけない幕閉じになってしまい、あらら。。という印象です。福嶋女史も、連立を離れてしまいましたね~。

小沢氏も、いよいよ逮捕になるのか、と思いましたが、切り抜け上手は、相変わらずなんだなぁ。。と変に納得してしまいました。

こちらも、最近の話で、州首相が、裏金問題で国民からの反感を買って、州選挙でも負けたり、連邦大統領も、不適切発言で、辞任したりという具合です。

明後日の月曜日、メルケル女史が、税金についての重要な発言をする予定です。果たしてどうなるのか、興味深深でいるところです。

Laieさん,こんにちは。鳩山政権には私もある程度期待していただけに,今回の結果は残念です。しかし,発言があれだけ軽くてはまずいでしょうね。

基地問題も,明確な代替案がないまま,少なくとも県外なんて言ってしまったのはやはり問題です。基地を受け入れる自治体がほかにどこがあるというのか私にはさっぱりわかりません。本人は腹案と言っていましたが,根回しが成されていなければ何の意味もないわけで,自らの発言に責任を負えなくなってしまった以上,今回の辞任はやむを得ないと思います。

いずれにしても,政治不信ばかりが高まる一方ですが,管直人新首相には,もう少し頑張って欲しいと思いますし,彼がぼんぼんではないところに期待したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/48530434

この記事へのトラックバック一覧です: やはりデジャブを見ているような鳩山退陣劇:

« Seamus Blakeならば,私もSmalls Liveを... | トップページ | 黒石にて「つゆやきそば」をいただく »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作