2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂 in 中国(何度めや!) | トップページ | 出張中に見た映画(10/06_2回目編) »

2010年6月19日 (土)

番狂わせ

W杯が始まって一週間である。予選リーグの初戦は慎重なゲーム運びが目立ってはっきり言って面白くない試合が多かった。ポルトガルとコートジボアールなんて詰まらんこと甚だしかったしなぁ。その中で,韓国の初戦のようなアグレッシブな戦い方は清涼剤のような効果があったのではないだろうか。

しかし,予選リーグも2試合目を迎えて,勝ち点を取らなければならない状態になってきて,試合はかなり面白くなってきたように思える。だが,その中で結構番狂わせのような試合が出てきているのも事実である。スペインが負けたのには驚いたし,ドイツはセルビアに負けた。番狂わせと言えば,日本がカメルーンに勝ったのも番狂わせと言えば番狂わせだしなぁ。

サッカーというのは点の取り合いになるようなゲームではないので,こうした意外な結果が出ることも往々にしてあることは事実だが,スペインとドイツは優勝候補の一角だけにこういう取りこぼしをしてはならないだろう。特にスペインは初戦で負けてしまったので,第二戦以降に余計なプレッシャーがかからなければいいが。

いずれにしても,今回のW杯,昼間の試合が日本時間ではいい時間にキックオフなので,なんだかんだ言って,11時キックオフの試合は毎日見ている私である。よって,毎日,毎日寝不足である。W杯というのはそういうものだとわかっているが,やはり4年に1度の祝祭だけに,今後しばらくはつらい生活が続くであろう。

私は昔からのイングランド・サッカーのファンなので,今回はイングランドに真剣に優勝して欲しいと思っている。日本も決勝トーナメントに出てくれればいいが,それでも今回もイングランドを全面的に応援している私である。

« 中年音楽狂 in 中国(何度めや!) | トップページ | 出張中に見た映画(10/06_2回目編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

今日のドイツ戦鑑賞(午後13時30分キックオフ)の為、両隣は勿論、そのまたお隣さんも含め、皆さん、早くに帰宅して、ライブ観戦していたようです。主人も、12時30分には帰宅しました(笑)。

私は、先週からのシソの間引きやら、他の苗などの世話で、適当に観ていましたが、イエローカードご多かったですね~。両チームで9枚出たようです。クローゼのレッドカードはかなりの痛手になったものの、ポロドスキー(?)は、かなりのチャンスがあったのにも関わらず、点に結びつかず。。。

ドイツ杯の際、世界に名を広めたゴールキーパーだったオリバー・カーンは、メイン解説者になっていますが、今日の試合について、審判がイエローカードを簡単に出しすぎる、と静かに語っていました。確かに試合を見ていると、審判の懐具合が試合にかなりの影響をもたらせているように思いました。

この界隈は、結構、外国人も多いので、ドイツの国旗以外の旗も見ます。イタリア、スペイン、デンマーク、イギリス、フランス。。ただ、すぐ近所で、北朝鮮の旗を見かけた時には、本当~にビックリ!日本の旗も見たことがないのに。。今以て、北朝鮮の旗は、色々な想像を膨らませいます。

明日は、日本戦ですね。強豪と言われている国が、どんどん負けているので、日本にもチャンスが来るように祈りたいです。

中年音楽狂さん、こんばんわ。

ワールドカップ観てますよ〜。サッカー好きには堪りませんね。毎日、時間の許す限り観てます。おかげでジャズの鑑賞もままならない状態です(笑)
ただ、地上波の放送、肝心の試合の放送しないんですよね。ブラジルとドイツの初戦とか、今日いまこの時間やってるイングランド戦とか...。

しかしスペインの負けには参りました。攻撃的なサッカーをするスペインのスタイルが好きな自分ですが、まさかのまさか、あれだけ攻撃して点が入らない試合、最近はあまり見たことありません。
後半なかば辺りからは明らかにスペインに焦りが見えましたね。あれだけのスーパースター揃いでもやはり人間。攻撃も淡泊、まぁこれはスイスのディフェンダーもよく守ったというのはありますが。シュートの精度も欠いてました。スペインの居ないベスト16は考えられないと思っているので、是非とも残り2試合勝って、次のステージに進んで欲しいものです。

それにしても、中年音楽狂さんがおっしゃるように負けちゃいけませんよね〜。ドイツも。
そういう意味から言うと南米勢は順調ですね。アルゼンチンにしてもウルグアイにしても活躍するべき選手が活躍すれば自ずと結果はついてくるものです。今後も大いに注目してます。
反面、開催地アフリカ勢の元気の無さは心配ですが...。 


日本ですか?...う〜ん勝つには勝ちましたが...。
確かにワールドカップ前のあの覇気の無さは解消されてた部分ありますけど。ただ、それは守備の面だけです。後半のあの、ただ守るだけのサッカーをして勝ったのには本心から喜べません。来たボールをただ前にクリアするだけ。繋ごうと思えば繋いで攻撃に、という場面がいくらでもあったはずなのにです。
またこのレベルの低い日本のサッカーに輪をかけてカメルーンも“不屈のライオン”には程遠いパフォーマンスでした。
因みにこの試合、海外メディアは今大会のワーストゲームと報じてました。悔しいですけど、そう報じられてもしょうがありませんね。

とにかく、これからも寝不足の毎日が続きますが、とことん楽しみたいと思ってます。

Laieさん,おはようございます。確かに今回のW杯はペナルティがかなり厳しいようにも感じます。W杯はスポーツにおける戦争だとも言われますので,プレイも通常より激しいものになることは事実だとしても,ペナルティの連発には興ざめです。

日本に関して言えば,カメルーン戦で一枚イエローをもらっている闘莉王が,オランダ戦で不必要な反則で2枚目をもらって,次のデンマーク戦に出られなくなるというのがこわいですねぇ。

SINTETICさん,おはようございます。

私もスペインのいない決勝トーナメントはないと思っています。イングランドの2試合連続スコアレス・ドローもこれはショックというか意外です。現在のところ,スロベニアが勝ち点4,アメリカとイングランドが2点ずつですから,3試合目のイングランド~スロベニア,アメリカ~アルジェリア戦ですべてがひっくり返る可能性がありますから,これは激しくなりますね。記事にも書いたとおり,私はイングランドを応援しているので,3試合目にはきっちり点を取って勝って欲しいものです。

おっしゃるように,南米勢は順調ですが,まさに順当というところでしょう。日本は,順当にいけばオランダには更に守備的なゲームを強いられるでしょうが,ワースト・ゲームでもなんでもいいですから,勝てば官軍。是非頑張って欲しいですねぇ。

中年音楽狂さん、こんにちわ。

イングランドがドローだったニュース見ました。これは大変な事になってきました!
イングランドも番狂わせの流れには勝てなかったんでしょうか。
試合後、カペッロ監督は「プレッシャーの中でミスが多かった。でもこの不調の問題は別のところにある」と意味深なコメントをしてたのが気になります。
23日のスロベニア戦、これは必見ですね!楽しみです。ルーニーには奮起してもらいたいところです。

それにしてもイングランド×アルジェリア戦、録画でいいから観たいです。
どっかの局、10時間生放送とかやるんなら録画放送やってくれぇって感じです(笑)

SINTETICさん,こんにちは。

イングランドに限らず,C組は大変なことになりました。すべてのチームに決勝トーナメント進出の可能性があるというのは非常に面白い展開ではあります。

私はイングランドには頑張って欲しいと思いますが,スロベニアは当然引き分け狙いで,ディフェンスを固めてくるでしょうから,きついのは事実ですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番狂わせ:

« 中年音楽狂 in 中国(何度めや!) | トップページ | 出張中に見た映画(10/06_2回目編) »

Amazon検索

2018年おすすめ作