2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 山田べにこ,やはり恐るべし | トップページ | 出張中に見た映画(10/06_2回目編):その2 »

2010年6月21日 (月)

オランダに対して善戦したと言ってよい日本

W杯一次リーグにおいて,日本が入っているE組ではオランダが最強であることは誰が見ても明らかであるが,それにしてはオランダ戦における日本代表はオフェンス,ディフェンスともに頑張ったと言ってもよいだろう。だが,GK川島がファイン・セーブをしているから目立たないが,相手にフリーになられる瞬間があって,もっと点差が開いていてもおかしくなかったという事実は忘れてはならない。

しかし,結果的に見れば,1-0というスコアによって,デンマーク戦に引き分ければ決勝トーナメント出場ということになったのであるから,これは大きい。次戦で日本に勝たなければならないデンマークは,前がかりに攻めてくることは間違いないので,そこにカウンターを仕掛けるチャンスは増えるはずである。よって,日本は引き分けを狙うのではなく,ちゃんとオフェンスとディフェンスのバランスを取り,攻めるときは攻めるという対応をすれば,チャンスはあるはずである。しかも,強いと言われるデンマークのディフェンスにも穴があることはカメルーン戦でもはっきりしている。日本がオフェンス時に波状攻撃を掛ければ,そのほころびは大きくなると思いたい。一方の日本のディフェンスは隙を見せずに90分間戦うことが求められるが,是非ここまで来たら頑張って欲しいものである。

次戦のキックオフは午前3時ということで非常に厳しいが,これはやはり見逃すことは出来ない試合となった。だが,やはり午前3時は辛いなぁ。まぁ,それは私だけではなく,金曜日はみんな寝不足なんだろうが...。

« 山田べにこ,やはり恐るべし | トップページ | 出張中に見た映画(10/06_2回目編):その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、こんばんわ。


デンマーク戦、そうですね、正に中年音楽狂さんのおっしゃる通りの展開に持ち込めば勝利も有り得ると思ってます。
オランダ戦よりはチャンスも十分有ると。
あとはそのチャンスにどれだけ決められるか。強引なまでにュートを打つか。これが問題でもありますが。
とにかく引き分け狙いではなく勝ちにいって欲しいですね。


無い物ねだりになりますが、攻めと守りのバランスという事であれば、その両方に優れている小笠原が居たらなぁとか、初戦でゴールを決めたとは言え、本田はワン・トップじゃ生きないよなぁとか、だからツー・トップに戻して、とか...。
どうも本田はやりにくそうに思えてなりません。ワントップにするならポジションに慣れていて、しかも勝負ができる森本を使って、本田は一つ後ろ。サイド・ハーフは大久保と松井。そうすることでよりフリーな状態でプレー出来ますし、得意なミドルからのシュートも増えてくるんじゃないかと思ったりします。


やはりカメルーン戦の勝利が自信を取り戻したのは間違いなさそうですね。それはオランダ戦の後半に見せたあの戦う姿勢にも出たんだと思います。
今までの代表には無かったものですし。
ただ、こんなに出来るんなら前半からやって欲しかった、というのはあります。

3時きついですよ〜。今朝のブラジル×コートジボワール戦を観たんですがもうヘロヘロでした。ただ、内容がもう素晴らしかったので観たかいがありましたが。
ブラジル強かったですね〜ホントに。文句なしの試合やってくれました。

取りあえず日本の試合より気になるのが、今日、日が替わって明日のスペイン戦と23日のイングランド戦です!
でもスペイン戦また中継しないんですよね(笑)

SINTETICさん,こんばんは。なんだかTVでも変な盛り上がり方をしていて,不思議な感じがしますねぇ。バラエティ化するよりも,試合の中継しろよって感じですね。

スペインは勝つには勝ちましたが,まだ本調子ではないみたいですね。それよりも私にはイングランドですねぇ。そして日本ですね。期待して見守りましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダに対して善戦したと言ってよい日本:

« 山田べにこ,やはり恐るべし | トップページ | 出張中に見た映画(10/06_2回目編):その2 »

Amazon検索

2018年おすすめ作