2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 救いがないが,映画としてはよく出来ている「告白」 | トップページ | 祝復活,Jeff Lorber Fusion! »

2010年6月26日 (土)

日本代表のナイス・ゲーム

私はこのブログで,日本代表に対して何度か辛辣な言葉を並べてきたが,今回,W杯の決勝トーナメント進出を決めたデンマーク戦は,久しぶりに,本当に久しぶりに「ナイス・ゲーム」と言ってよい勝ち方をしたと思う。カメルーン戦での勝利,オランダ戦での善戦を経て,完全に復調モード,というか新しい戦い方を身に付けたようである。それはある意味「愚直」と言ってもよいが,守備的な布陣を敷きながら,前線の3人(本田,松井,大久保)は常に攻撃への意識を忘れないという感じだろうか。更には,デンマーク戦における,得点にはならなかったが,誰もが驚かされた遠藤のダイビング・ヘッドの試みにも,その「愚直さ」が表わされているようにも思えるのである。一方,ボールの特性によりフリー・キックの曲がりがいつもと違うという中で,FKから2点取ったというのも,ある意味セット・プレーを得点源とする日本代表らしい。

デンマーク戦を見ていて思ったのは,永遠のライバル,韓国代表は常に攻めの姿勢を忘れないが,そうしたライバルの美点が,今回は日本代表にも伝播したのではないかということであった。守りだけではこのスコアにはなっていなかったはずである。

いずれにしても,W杯前の日本代表の戦いぶりフラストレーションを感じていたサポーター(私も含む)も,おそらく今回の試合で過去は全て水に流したということになるだろうが,ここまできたらパラグアイは何とか粉砕して欲しいものである。それが決して容易なことだとは思わないが,数少ないチャンスを確実にものにする勝負強さを身に付けた時,日本代表のベスト4は本当に見えてくるかもしれないのだ。今や日本国民は日本代表の完全なサポーター・モードとなったということを忘れずに,果敢に闘え,日本代表!!敗れたとしても,今の日本代表に文句をいう人間はいるまい。だからこそ,恐れることなく,攻めの姿勢を忘れずに頑張れ,日本代表!!

と,思わず熱くなってしまったが,日本全国寝不足モードってのは久しぶりだったよなぁ。告白してしまえば,仕事中,何度も落ちそうになった私であった(爆)。まぁ,みんな一緒か。この調子では暫くは寝不足は続かざるをえない。楽しいことだが,からだには厳しいねぇ。次の日本戦の前のイングランド~ドイツも絶対見逃せないしなぁ。やっぱりこれは幸せなことだ。

« 救いがないが,映画としてはよく出来ている「告白」 | トップページ | 祝復活,Jeff Lorber Fusion! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夢のような、というか夢を越えた展開ですよね。勝っても負けても見ていて熱狂してしまうサッカーを、あの日本が大会が始まったらいきなりしてしまうんだから。選手がいきなり上手くなるわけじゃないんだから采配とメンタルの重要性をひしひしとかんじましたね。つまりは岡田さま、ということかと。なんて、私なんてにわかのくせにこんな感じになってしまった今日1日でした(笑)。運転ヤバかったっす。

中年音楽狂さん、おはようございます。

いやぁ痺れました!
日本代表をこんなに誇らしく思ったのも久々です。
僕も大会前までは日本代表のパフォーマンスや岡田監督の発言、協会の対応にはいささか呆れ返ってました。これらは忘れてはならない事実としてある訳ですが、いざ代表戦となると日本人としての血が観戦に向けられました。
正直、大会に入ってからの日本代表には満足してませんでした。ガーナ戦でのただ守るだけのサッカー、オランダ戦では善戦したとは言え、後半からしか見せられなかった攻める姿勢、と。
ただ、デンマーク戦は違いました。立ち上がりこそマークがつかめず危ういシーンがありましたが、遠藤と長谷部の攻撃参加。そんな中での本田のフリーキック。鳥肌立ちましたね。
その余韻に浸ってたのもつかの間、今度は僕も騙されたあの遠藤の芸術的なフリーキックですから!これは堪りません。
今大会、ボールの特性と高地での影響で幾度となくクロスバーを越えるシーンを目にしてきましたから、あの二人の質の高いキックは賞賛に値しますよね。
そして究極は後半の本田の個人技からのゴール。これは凄いですよ!ゴール前でのあの落ち着き。しかもそこでパス出すか!?みたいなですね。
正座でスタートしたこの試合、声は出るわ、拳は上がるわ、立ち上がるわで、興奮しっぱなしでした。
やはりこういうエンターテイメントとしても魅力あるサッカーをする事で、サッカーに興味が無い人も引き付けますからね。今後の日本サッカー界にとっても大事なことです。
次のパラグアイ戦、試合を重ねるごとに進化してますからこれは一層楽しみになりました。結果を恐れず頑張って欲しいものです。

それとイングランド×ドイツ。これはもう熱くなりますよね!両者の歴史からみても、サッカー・ファンにとっては堪らない組み合わせです。
イングランドは苦しい中での勝利をものにしましたから期待十分で観たいと思います。

スペイン...う〜ん、悪くは無いんですけど...これからですよ、これから!(笑)

Toshiyaさん、こんにちは。

いや~。。本当に、素晴らしい試合でした!手に汗握るというのは、こういう試合のことを言うんですね。こちらは、夜の8時30分がキックオフでしたが、日本はかなりの早朝で、皆さん寝不足だったのではないかと、思います。

オリーバー・カーンが、試合前のインタビューで、日本は、礼儀正しさと、洗練されたチーム、と褒めてはいたものの、勝利はデンマークだろう、何て言ってました。試合後は、何だか、どんでん返しの結果になって、かなりバツも悪そうで、う~ん、今日は、イタリアも、デンマークも負けて、波乱の一日になった、と言い、その後、日本の2本のフリーキックの質に絶賛。また、壁を作ったデンマークの甘さにも指摘していました。

それから、ゴールキーパーの川島選手を褒めていました。デンマークに1点は入れられたものの、あれは、川島選手の汚点でなく、仕方のない結果だ、とも付け加えていました。

試合後は、義理の父から電話がすぐに入り、日本があんなに素晴らしい試合をするとは思っていなかっただけに、とても興奮して見入った、と話していました。

ジェリーさんとも、先日のメールで、サッカーについて話したのですが、最近では、アメリカでもサッカー人気が高まったいるようです。スポーツ選手と音楽家の大きな違いにも言及してくれました。

そんな分けで、ドイツも勝ち進んで、明後日のキックオフ、こちらでもかなり盛り上がりそうです。

ki-maさん,こんばんは。にわかでも何でもいいと思います。W杯っていうのはそういう祝祭的なイベントですから。しかも我が同胞が勝ち進んでいるなんていったら,お祭りモードが更に高まりますからね。

但し,朝の街で大騒ぎしている若者(バカ者)どもにはちょっと反省して欲しいですけどね。

SINTETICさん,こんばんは。私もW杯前の日本代表には欲求不満を感じていましたが,もうそれは過去のことになりました。

本田圭佑はFKもよかったですが,SINTETICさんもお書きの通り,3点目のアシストに個人技に加えて,チーム・プレイヤーとしての役割も果たすという点での成長を感じさせましたね。ディフェンスも献身的ですし,大したものです。

こうなったら,本当に行くところまで行って欲しいものです。でもその前に,イングランド,イングランド...。

Laieさん,こんばんは。普通に考えればOliver Kahnが言うようにデンマークが勝つと思ったでしょう。特に欧州のプレイヤーはそうではないですか。試合開始早々の10分ぐらいは私もやばいと思っていましたから。しかし,今の日本代表は組織としてかなり機能するようになっていて,高さにだけ頼るデンマークのワンパターンなロング・ボールには対応可能になっていました。

遠藤のFKも本田の一点目のFKがあまりにショッキングすぎて,デンマークが遠藤が蹴る可能性を見誤ったのが全ての原因です。もちろん,キックの精度は高かったですが。

日本戦は火曜日ですが,その前にイングランド~ドイツ戦という大一番がありますね。ドイツ在住のLaieさんには申し訳ないですが,私は昔からのイングランド・サッカーのファンなので,今回もイングランドを応援しますが,そちらでは大変なことになっているんでしょうね。それもまた楽しいことですよね。

ではドイツ,イングランド両国の健闘をお互いに祈りましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表のナイス・ゲーム:

« 救いがないが,映画としてはよく出来ている「告白」 | トップページ | 祝復活,Jeff Lorber Fusion! »

Amazon検索

2018年おすすめ作