最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Stanley Clarke:久しぶりの音楽ネタである | トップページ | またまたおことわり »

2010年6月15日 (火)

CDショップはどうなっていくのか:HMV渋谷/銀座インズ店閉店に思う

既に多くのブロガーの皆さんもHMV渋谷店の閉店については記事にされているが,それに先立って,有楽町にあるHMV銀座インズ店も6/20でクローズすることが決まっている。HMVに関しては,輸入盤を買っている限りはネットでのまとめ買いの方が圧倒的にコスト効率が高いから,店で買うこと自体,頻度はどんどん低くなっていたのは事実だが,時間潰しや,現物を手に取って,新たな発見をするなんて楽しみがなくなるのは何とも残念である。特に私はインズ店はクラシックのアルバムのチェックに使っていただけに,今後の代替手段について考えなければならないなぁと思っている。

HMVは既に新宿高島屋にあった店もクローズしているから,コストのかかる大型店をどんどんクローズする方向のようだ。ネット社会の進展,音楽ダウンロードの一般化など,いろいろな要因はあると思うのだが,いまだにダウンロードよりも現物派の私のような人間には,ちょっと残念なことではある。だからと言って,私がHMVのいい顧客であったかというと必ずしもそうではないが,やはりこれも時代の流れということか。

しかし,こうした状況が拡大していくと,ネットに人間が支配されてしまうということが,現実味を帯びてくるように感じると書いては大袈裟だろうか。それでも,こういう流れが一般化すると,地方や郊外を中心に小規模店舗を残して,後はネットでということになるだろうが,小規模店舗は在庫が少ないから,見に行く気も起こらないというような悪循環が発生する可能性もあるのではないだろうか。

そうした意味でネット専業のアマゾンとの差別化を図るための施策がHMVには求められてくると思うが,HMVの商品の仕入れのポリシーには結構特徴が感じられるから,店舗は減らしても,そうした方針は継続して欲しいと思う次第である。

« Stanley Clarke:久しぶりの音楽ネタである | トップページ | またまたおことわり »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
渋谷のHMVがなくなるニュースは結構インパクトがありましたが、新宿の高島屋のHMVがすでにないのにはショックでした!その昔必ず立ち寄っていましたので!CDショップはこの先どうなるのか心配です!

takeotさん,こんばんは。今後はネット以外では,ニッチなショップしか生き残れないのではないですかねぇ。品揃えで勝負できないのは,百貨店もおなじですよね。私が地元の某ショップをひいきにするのは,原則として他店より「安い」という差別化要因があるからですし。

いずれにしても何か強みを持たないと,これからは厳しいでしょうね。

 本当に残念でなりません。以前は家族の知人が経営に関わっていたので、CDは必ずHMVで買ってあげなくては、と思ったこともあったくらいです。
 また、渋谷店に関しては、渋谷に行ったらHMVに行こう、さあ、どんな音楽に出会えるかな?と思える楽しみがありました。CDを買うついでに、ビル・エバンスの洋書の楽譜を見つけたり、Jazzのテキストもいくつか見つけました。洋書を手にした時の、紙質、印刷の匂い、日本にいながらして出来る、海外の文化に触れる大切な場所でもありました。元々、海外が好きな私には、時々訪れて、心が落ち着く場所でもありました。初めて知った曲を視聴して、これいいわ!と、買い求めるCDも多々でした。物を買う時、人が人とコミュニケーションして購入する良さを、私は感じるタイプなので、スタッフにも質問出来たのに、寂しい限りですね。
こういう文化的な良さを残していけないのは、本当に日本は経済大国なのでしょうか?残念でならないです。
その国の文化こそ、私は、その国の豊かさ、将来の姿、と思うです。

ひまわりさん,おはようございます。返事が遅くなりました。

HMV渋谷はクラシックの在庫も多くて,たまに行くと,銀座インズ同様,クラシックの新譜もよく見ていました。DVDの廉価版をあさったり,暇つぶしをするにはいいところでした。

しかし,これって日本に限ったことではないですよね。アメリカではまずTowerがなくなり,そしてNYCあるいはSFの絶好の場所にあったVirginがなくなりました。そうした意味では,こうした大型店そのものの存在意義がなくなってきてしまったのだと思います。

一方,私が在米中に世話になったJ&Rはしぶとく生き残っていますが,あそこには決定的に値段が安いという差別化要因があるからだと思います(今,どうかはよくわかりませんが...)。

いずれにしても,時代の変化だと単純化するのは簡単ですが,ちょっと寂しいですよね。

Toshiyaさん、こんにちは。

私自身、渋谷と高島屋のHMV店しか知らないのですが、
明日一杯で、閉店になってしまうと思うと残念です。今週末は、きっと、在庫生理で大売出しになっているんでしょうね。。渋谷のHMVのクラシックセクションの雰囲気がとても好きでした。いつも混んでいないし、夏は、涼しいし。。

ところで、SFのバージンは、もう無くなっていたのですか!学生時代、よ~く行ってました。おっしゃる通り、場所も一等地で、いつも混雑していました。クラシックのセクションは、当時、上階でしたので、いつも、中階は素通りして、迷わずエスカレーターで、上階へ直行していました(笑)。いつか、SFを訪れる際には、迷わず立寄る場所の一つでしたので、とても残念です。

インターネットが普及している最中、大型CD店がどんどん無くなってしまう状況は、きっと、避けられないのでしょうね。

Laieさん,こんにちは。

私もSF出張時の暇つぶしはVirginというパターンだったので,あそこがなくなったのは残念でした。まぁ最近は中国にばかり行っていて,米国に出張すること自体,減少していますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/48610299

この記事へのトラックバック一覧です: CDショップはどうなっていくのか:HMV渋谷/銀座インズ店閉店に思う:

« Stanley Clarke:久しぶりの音楽ネタである | トップページ | またまたおことわり »

Amazon検索

2017年おすすめ作