最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« まさに言い得て妙なる"Blue Hour" | トップページ | Tim Burtonの映画と考えずに見れば十分楽しめる「アリス・イン・ワンダーランド」 »

2010年5月 3日 (月)

山田べにこ,たまりませんなぁ。

Photo 先日,深夜にTVをザッピングしていたら,目に留まったのがV6が出ている「新知識階級クマグス」という番組に出演していた『山田べにこ』である。この人,普段はOLらしいが,温泉研究家として番組に登場していた。これが私には結構ショッキングだったのである。喋りなんて全く普通の人(というか全くプロっぽさゼロ)なのだが,彼女のWebサイトによれば,入湯数:2,488というのが凄い。更には装備として熊よけのすず,熊よけスプレーというのはわかるが,ガスマスク(温泉地と言えば,硫黄ガスその他の有毒ガスが強烈だったりするからだそうだ)まで持って行って,秘湯をたどるというのがこれまた凄い。これぞオタク,これぞマニアって感じなのである。

ちなみに,入湯数というのは同一温泉地内では、何度再訪したとしても "1カウント" として計上し,複数の源泉を持つ温泉地では、それぞれの源泉で入浴したとしても 『 同温泉地内 』 であるため、1カウントとしてしか計上しないのだそうだ。それでこれだけの数を回ることがOL生活を送りながら,本当に可能なのかと思いつつ,この人ならやりかねないって感じなのである。これは凄いわ。

それでもって,好みは人それぞれであろうが,肉感的な体型のなかなか可愛らしいお方で,私はますます参ってしまったのであった。まぁ彼女の方は,温泉が恋人らしいが...。それでもちょっとこの山田べにこにはまってしまったオッサンである。ということで,「何を書いてんだか」ネタでした。

« まさに言い得て妙なる"Blue Hour" | トップページ | Tim Burtonの映画と考えずに見れば十分楽しめる「アリス・イン・ワンダーランド」 »

山田べにこ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。EVAです。
凄いOLがいるモノですね。
カウントと言えばココログのアクセス地域のカウントも同様な方法(こちらは同じ日と狭義)ですが、何れにしても真似の出来ることではありませんね。
>肉感的な体型のなかなか可愛らしいお方
男性にとって最も惹かれるナイスバディのようで良い番組をご覧になりましたね。見なかったことが悔やまれます。(爆)

EVAさん,こんにちは。この人,本当にOLなのかどうかはよくわかりませんが,凄いです。

「良い番組をご覧になりましたね。見なかったことが悔やまれます。」

はい(笑)。でも,件の番組には,2か月連続で出演したようですから,また5月にも出ないかなぁなんて思っています(爆)。

ムフフ 蛇尾です。
彼女、この番組に以前、出演していたとき見ました。
残念ながら、今回は見逃しましたが。

で、ボクも中音狂さんと同じ感想を持ちました。
なんといっても、その話口調が本当に、ナチュラルで好感が持てて、彼女の体型も、男心を丁度くすぐるふくよかさがたまらんかったです。

前回は残念ながら、以前行ったはずの秘湯が見つからなかったのですが、好感が持てる人物でした。

このブログでこんな発言ができるとは、思いませんでしたが、可愛い娘さんですねぇ。

蛇尾さん,こんにちは。そうですか。ということは彼女は中年キラー?かもしれませんねぇ(笑)。

おっしゃる通りの「男心を丁度くすぐるふくよかさ」なんですよ。ということで,ハイブラウなふりをしていたこのブログも,正体バレバレみたいになってしまいました。でもいいものはいいのだと開き直りますが...。

今晩は!私も温泉好きで北海道の温泉はかなり制覇しておりますよ!でもべにこさんは知りませんでしたcoldsweats01
さてリンクの件ありがとうございます!
私もリンクさせていただきました!

takeotさん,こんばんは。リンクありがとうございました。

さて,この山田べにこは並の温泉研究家ではありません。とにかく,野を分け山に登り,そこにある温泉に入ってしまうという人ですから。本当に世の中にはいろんな人がいるものだと思います。彼女が紹介しているところで,私が北海道で知っているのはカムイワッカの滝と和琴温泉ぐらいでしょうかねぇ。和琴半島には奥まったところにもう一つ温泉がありましたね。

急激に屈斜路湖/釧路川源流に釣りに行きたくなってきました。

道東に行かれたことあるんですね?今は札幌ではないのですが、道央圏におります
あいにく釣りはやりませんcoldsweats01
ゴルフもやりません
もっぱらレコード鑑賞ですhappy01

道東は好きですねぇ。私は釣りは趣味ではないのですが,屈斜路湖畔から釧路川源流をカヌーで下りながら,中州にカヌーを留めて投げ釣りをするというツアーがあるんで,そちらに3回お世話になりました。初回の娘へのあたりは凄く,ガンガン釣ってくれたので,虹鱒,雨鱒をおいしくいただきました。それとは別に知床半島にも参りました。最近は冬のスキーばかりですが,夏でも,冬でも北海道は素晴らしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/48222562

この記事へのトラックバック一覧です: 山田べにこ,たまりませんなぁ。:

« まさに言い得て妙なる"Blue Hour" | トップページ | Tim Burtonの映画と考えずに見れば十分楽しめる「アリス・イン・ワンダーランド」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作