2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Bettye LaVette:これはたまらん!ブリティッシュ・ロックとソウルの見事な融合 | トップページ | Tracey Thorn:またも癒されてしまった »

2010年5月31日 (月)

まるでデジャブを見ているような鳩山政権

リベラル指向の強い私(よって,米国ならば民主党を支持する)は,昔から自民党が嫌いで嫌いで仕方がなかった。よって,従来は(日本の)民主党を支持していたのだが,民主党も結局自民党と同じようなことになっているのを見て,政治そのものに対して本当に失望させられる今日この頃である。

結局,来る参議院選挙に勝てそうにないという空気が広がると,現在の民主党ではほとんど鳩山降ろしが行われそうな勢いである。これでは麻生降ろしをやっていた自民党の行為の繰り返しで,まるでデジャブを見るかのごとくである。そんな彼らが4年間は同一政権維持するなんて言っていただなんて,今にして見ればちゃんちゃらおかしい。もともと言っていることが軽い人々たちに有言実行を求めることが無意味と思わされるが,それにしてもこのところの体たらくは目も当てられない。

民意は変化を求めて民主党に政権を取らせたはずである。しかし,その民主党が,自民党とやっていたことと大して変わらないのを見れば,内閣支持率や政党支持率が下がるのも当たり前だということに,なぜ気がつかないのか。

今回の支持率低下は普天間基地問題が決定的な要因だとしても,普天間の問題そのものは誰が政権を取ったとしても,結論は大きくは変わるまい。口の軽い宰相の責任はあれども,それに端を発するさまざまな要因が結びついていて,今回のような事態に陥っていることをわきまえて民主党は行動すべきであろう。

いずれにしても,民主党に対しては「何か変えてくれるんではないか」という国民の期待が大きかっただけに,その反動としての失望も大きいということを彼らはよくわきまえて,もっとちゃんと行動して欲しいものである。と言っても,もはや手遅れって気がしないでもないが。

次の参議院選挙も各党,訳のわからん芸能人やスポーツ関係者ばかりを候補に立てている現状では,私ははっきり言って投票する気にもならん。少なくとも比例区は白紙投票したいぐらいである。彼らのような候補者が本当に国民の声の代弁者たりえるのかという点については甚だ疑問を感じる私だが,各政党はそのことについては,ちゃんと落とし前をつけてくれるんだろうか。まぁ選挙公報や政見放送でよくよく彼らの言い分を聞いてみることにしよう。

それにしても情けない状況である。たまにこうして怒りを発露するのが私のストレス解消なのかもしれないなぁ(爆,爆,爆)。

« Bettye LaVette:これはたまらん!ブリティッシュ・ロックとソウルの見事な融合 | トップページ | Tracey Thorn:またも癒されてしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるでデジャブを見ているような鳩山政権:

« Bettye LaVette:これはたまらん!ブリティッシュ・ロックとソウルの見事な融合 | トップページ | Tracey Thorn:またも癒されてしまった »

Amazon検索

2018年おすすめ作