2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 30万アクセス(PV)ありがとうございます。 | トップページ | 出張中に見た映画(10/03編):その1 »

2010年4月 1日 (木)

中年音楽狂 in Mainland China

年度末の数日間,中国(北京~天津)に出張してきた。中国は昨年香港に行ったが,本土は久しぶりの訪問である。欧米に比べれば,やはり近いものである。これぐらいなら移動も楽ってやつだ。

今回は現地のクライアントと懇親の機会があったのだが,「バイチュウ,バイチュウ(白酒,白酒)」と呪文のように私の同僚から聞かされている理由ががようやくわかったような気がする。

結局,現地の乾杯の流儀は,グラスに注がれた酒をまさに乾すことにあるから,小さなグラスとは言えども,アルコール度数50%超の白酒を一気飲みしなければならないのである。しかも,こちらは日本からの出張者であるから,何度も乾杯をしなければならない(もちろん,先方には悪意があるのではなく,歓迎しているのである)ので,これは二日酔い確実だと思った。

しかし,私が天津でいただいた白酒,よほどよい酒だったようである。あれだけの量をこなした割に二日酔いなしである。しかも宴会の後半には赤ワインに白酒を足された中国版「爆弾酒」(元祖は韓国のウイスキーのビール割か?)まで飲んだにもかかわらずである。これって通常の感覚で言えば奇跡的という気がする。それは,ちゃんと食事もしながら飲んだからかもしれないし,あるいは私はトウモロコシ・ジュースで胃をコーティングしたからかもしれない。もちろん,それよりも何よりも,酒がいいものだったのかもしれないが,日頃飲んでいる酒の品質があまりよろしくないということの裏返しなのかもと思った次第である。

それにしても,中国って何を食べてもうまいなぁ。さすが四千年の歴史。自分でも真似できそうな料理もあったので,レシピでもゲットして,挑戦してみようかなぁ。

尚,今回,北京~天津間を結ぶ中国版新幹線に乗る機会もあったが,最高時速は334kmまで行っただろうか。その割に振動は少なかったのには驚いた。それにしても,広大な平野を走る列車に乗っていて,国土のスケールの違いを再確認してしまった。

« 30万アクセス(PV)ありがとうございます。 | トップページ | 出張中に見た映画(10/03編):その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~

やっぱり中国向いてるんじゃないですかね。少なくとも私よりも。今後も昼の部夜の部含めて先頭に立ってよろしくお願いします。私は遠慮と言うことで(笑)。

落ち着いたら4周年の新橋のお店でも行きましょう、ってしばらく落ち着きそうにないですが。

中国出張お疲れ様です!新年度もよろしくお願い致します
中国の新幹線ですか?乗って見たいですね!
いろいろな分野で中国に追い越されていくのはどうなのかなと思いますが、仕方が無いですね!

こやぎさん,返事が遅くなってすんません。なんか次回はあなたと珍道中説も...。

なんだかねぇ。新橋はその前にしますか。

takeotさん,こんばんは。返信が遅くなりました。中国から帰国直後から沖縄という相変わらず無茶苦茶な生活です。

しかし,中国は広大な面積,膨大な人口,そして強力な成長力ということで,日本は少なくとも経済という観点では彼らに追い抜かれることは間違いないでしょう。

そこで,日本がどのようにアイデンティティを発揮していくのかっていうのが今後の課題なんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47947622

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂 in Mainland China:

« 30万アクセス(PV)ありがとうございます。 | トップページ | 出張中に見た映画(10/03編):その1 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作