2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Seamus Blakeが光るJoel Haynesのライブ盤 | トップページ | WR色濃厚なMoutin Reunion Quartet »

2010年4月14日 (水)

手持ちのCDをiPodに全部入れるには一体何ギガ必要なのか?

いつも書いていることだが,私が音楽を最も聞いているのは往復の通勤の時間帯である。以前はポータブルCDプレイヤーで,CDを再生するというやり方をしていたが,聞く音楽に偏りが出てしまうという欠点は否めない事実であり,結局は新譜しか聞かなくなってしまうように感じていた。しかし,iPodという音楽好きにとっては神器のようなものが出てきて,私もせっせと手持ちのCD群をリッピングすることで,聞く音楽も新譜ばかりではなくなってきたというのはいいことだと思っている。また,保有していることすら失念していたアルバムに出会うこともできるのである。そういう意味では,今年は温故知新でいくという年頭の目標はiPodなしには実現していないのである。

まずは好きなミュージシャンやアルバムからリッピングしようと思っていたのだが,それをひとまず一段落させ,現在は原則アルファベット順にいろいろリッピングし始めたところである。しかし,ジャズにしろ,ロックにしろ,遅々として進まず,まだ"B"とか"C"までしか行っていないような状態である。あまりに歩みが遅いので,取り出しにくい紙ジャケットCDから対処するかなんていう寄り道を始めてしまうと,ますます歩みは遅くなっていくのである。

それでもって,私が使っているのはiPod Classic 160GBであるが,残りもほぼ100GBぐらいになってきた。基本的に私は192BPMでリッピングしているので,使用する容量も多くなるのは仕方がないとしても,5,000曲余りで40数ギガバイトを使っているような状態で,私が保有しているCDを全部リッピングするとしたら,あとどれぐらいの容量が必要なのだろうかと考え出すと不安になってくる。おそらくはiPodクラシック160GBがあと何台か必要ということになってしまいそうである。

だからと言って,新譜を買うのをやめるかと言えば,多分そんなことはないだろうし,どうすればいいのかと思ってしまう。そもそもリッピングした音楽を蓄積しておくハード・ディスクの増強がその前の課題となることは間違いない。少なくとも現在の住環境においては,当面オーディオ・セットをガンガン鳴らすということはなさそうなので,通勤時間が私の音楽鑑賞時間であることには変わりはないとしても,CDの収納スペースにも限界が近づいてきており,今後の対応を真剣に考えなくてはならない時期にきているのかもしれないと思う今日この頃である。

私は,CDのプラケースははずして,収納スペースを増やす施策を取っているが,最近はデジパック仕様のCDが増えて,そういう対策も打てないことが多くなってきていて,本当に悩ましい。皆さんはどうしておられるのだろうか。まぁ,もっと広い家に引っ越せよということになるんだろうが,先立つものがねぇ...。宝くじでも買うか(爆)。

« Seamus Blakeが光るJoel Haynesのライブ盤 | トップページ | WR色濃厚なMoutin Reunion Quartet »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/48062605

この記事へのトラックバック一覧です: 手持ちのCDをiPodに全部入れるには一体何ギガ必要なのか?:

« Seamus Blakeが光るJoel Haynesのライブ盤 | トップページ | WR色濃厚なMoutin Reunion Quartet »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作